J30 J.LEAGUE 30TH ANNIV.
よっしゃいこ! J30 J.LEAGUE 30TH ANNIV.

Jリーグは、生まれて30年が経ちました。

人でいうと30才。立派な大人です。

たくさんのうれしいこと、むずかしいことを経験し、今に至ります。

人は大人になると、分別がつき、穏やかで、やさしく、失敗をせず、

安全に物事を進めることができるようになります。

「大人だね」とほめられます。

Jリーグは大人になることがゴールじゃありません。

ピッチに立つ選手たちが教えてくれます。

彼らは、失敗を恐れず、感情を爆発させ、

何万人もの人目をはばからず、泣いて笑って、

雨にうたれて、泥にまみれて、たまにカードをもらうけど、

いつもギリギリまで、攻めて、攻めて、攻めまくる。

それは、「子供」とか「大人」とか関係なく情熱を持って生きている人。

Jリーグもそうありたい。

だから、もっともっと、喜びも悔しさも分かち合おう!

サッカーにゴールはあっても、Jリーグにゴールはない。

さあ、一緒に次のワクワクへ。

MESSAGE

Jリーグ30周年のお祝いコメントをいただきました!

写真:中村憲剛さん
中村憲剛さん
more
写真:中村憲剛さん NAKAMURA KENGO中村憲剛さん

30周年を迎えたJリーグへのメッセージ

Jリーグ30周年おめでとうございます!!
僕が中学1年生の時にJリーグが開幕しました。
超満員の国立競技場、カクテル光線の中行われたヴェルディ川崎対横浜マリノスの開幕戦を今でも鮮明に覚えています。「Jリーガーになりたい」。あの光景を見て、中学1年生の僕の目標が明確になりました。そこから色々なことがありながらも、Jリーガーになることができました。苦しい時や悔しい時、たくさんありました。それでも頑張れたのは、頑張った先にJリーグがあったからです。あれから30年経ちましたが、Jリーグが今も変わらず子どもたちの目標の場所であり続けていることは日本サッカー界の成長に大きく貢献していると思います。Jリーグが始まり30年続いたことで選手や指導者、サポーターのみなさんやスポンサーのみなさんなど、それぞれの立場でJリーグを支え携わってきた人達一人ひとりのストーリーが30年関わった人数分あるわけですから、その積み重ねが今日の日本サッカーを作ってきたと思います。日本サッカーにおいて、大きな役割を果たしているJリーグ。これからも変化する状況に対応しながら、より魅力あるリーグに成長していってほしいなと思います。

今後のJリーグに期待すること

Jリーグ、Jクラブ、Jリーガーにはみんなを笑顔に元気にするパワーがあります。街にJクラブがあることが子供たちに夢を、お年寄りに活力を与え、その地域をサッカーで熱狂させることができると思います。地域を元気にすることのできるクラブが60クラブできて、ある意味Jリーグが全国全てカバーできる状態になっている今だからこそ、本当の意味でサッカーで日本を元気にすることができるんじゃないかと思っています。そのためには、Jクラブが課題解決も含め地域のためにあり続けることが大切になると思います。続けていけばそのスタイルが文化になり歴史が積みあがっていきます。ピッチ内ではフットボールの更なるレベルアップ、ピッチ外ではシャレン!活動とその両輪がより求められる時代になってきていると思います。色々な方たちと手を取り合って、みんなで力を合わせてJリーグから日本を元気にしていただきたいなと期待しております。

写真:内田篤人さん
内田篤人さん
more
写真:内田篤人さん UCHIDA ATSUTO内田篤人さん

30周年を迎えたJリーグへのメッセージ

Jリーグ30周年おめでとうございます。僕が幼稚園の時にJリーグが開幕し、満員の観客が応援する中でプレーする選手たちを見て「Jリーガーになる!」という夢を抱き、僕はサッカーを始めました。あの時Jリーグが開幕していなかったら、こんなに夢中になれることに出会えていなかったと思いますし、今の僕があるのは間違いなくJリーグのおかげです。多くの子どもたちの夢の架け橋になり、沢山の方々に希望や勇気、元気を与え続けるJリーグのこれからの発展を願っています。

今後のJリーグに期待すること

Jリーグ30周年を迎え、日本にサッカーというスポーツが根付き、今ではたくさんの選手がJリーグを経験し、海外でプレーするという環境になりました。Jリーグの歴史が作られて行くと共にサッカー先進国であるヨーロッパや南米も同じ様に歴史が積み重ねられて行っているので、良い所は吸収しながら、日本だからこそ、Jリーグだからこそ出来ることを追求してJリーグが日本サッカーが世界に誇れる国、リーグになることを期待しています。

写真:松木安太郎さん
松木安太郎さん
more
写真:松木安太郎さん MATSUKI YASUTARO松木安太郎さん

Jリーグが誕生して30年が経ちました。
私もJリーグ発足当時に監督としてかかわることができ、とても嬉しく思っています。
当時、「ここからが日本のサッカーが世界に向けて前進する第一歩」という思いでスタートし、はや30年です。ここまでの日本のサッカーの進歩は著しく、ワールドカップにも7大会連続で出場するまでに成長してきました。
世界のサッカー人口はとても多く人気のある競技であり、日本の進歩と同時に世界各国でも強くなっている国が増えています。
今後ますます世界のサッカーのレベルが上がっていくなかで、日本もその中心に入れるように、レベルを上げていく必要があります。
そのためにも、国内のJリーグのレベルアップは必要不可欠だと感じています。
海外リーグの魅力がどんどん高くなっているなかで、Jリーグもこれに肩を並べられるようになれば、世界レベルでプレーできる選手が増えていくと思います。
Jリーグは百年構想ということで始まりましたが、まだ30年で半分も来ていません。
一歩ずつ着実に歩みを進め、これからますます、日本のJリーグが盛り上がっていくことを願っています。

写真:槙野智章さん
槙野智章さん
more
写真:槙野智章さん MAKINO TOMOAKI槙野智章さん

30周年を迎えたJリーグへのメッセージ

1993年のJリーグ発足から30年。当時7歳のサッカー少年は、そのJリーグがもたらす雰囲気、空気感に夢中になっていました。その少年はJリーグと共にサッカーに打ち込み、結果プロサッカー選手として17年間過ごしました。長い期間Jリーグにも育ててもらい、昨年、現役を引退しました。その少年こそ、私槙野智章です。今の僕があるのはJリーグのおかげです。これからはJリーグへの感謝の気持ちを言葉と行動で示してできればと思っています。このJリーグで育ち、世界へ羽ばたく選手がたくさん出てきています。世界に向けて声を大にして「Jリーグは素晴らしいリーグだ」と誇れるようなリーグになるように、発信し続けていきたいと思います。

今後のJリーグに期待すること

たくさんの方が週末の試合を楽しみに暮らす日常。それが僕は「サッカー文化」だと思っています。4年に一度のサッカーの祭典で、日本国民が睡眠を削り、サッカーに夢中になったあの時間、あの光景を、次はJリーグで見られるようにしたいと思っています。そのためには選手、指導者の能力向上はもちろん、メディアにもっと取り上げてもらえるようなコンテンツにしなければいけない。僕は、たくさんの方がサッカーに、Jリーグに興味を持ってもらえるように発信をし続けますし、そのような考えを持った選手が新しく出てきてくれることを期待しています。

CONTENTS

コンテンツ

#Jリーグと私
Jリーグのファン・サポーターのみなさまはもちろん、これまでJリーグに関わったことがある方々からもエピソードを ぜひお聞かせいただきたいという想いから、Jリーグ30周年記念特設サイトにてエピソードを募集いたします。 はじめてスタジアムを訪れたときの思い出や、忘れられない体験、あるいはホームタウンへの想いなど、 Jリーグに関わるエピソードならなんでも結構です。 皆様からのエピソード、お待ちしております。
特集ページへ