今日の試合速報

Jリーグワールドチャレンジ2017 スカイスクレイパー 左
Jリーグワールドチャレンジ2017 スカイスクレイパー 右

About Jリーグ

アカデミー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試合環境の創出

一人でも多くの優秀な選手を輩出するためには、育成年代の試合環境の整備が必須です。
Jリーグは、従来の種別(2種、3種、4種)の大会に加え、1歳ごとの年齢別のリーグ戦や、大会を実施するなど、きめ細かい試合環境の創出に取り組んでいます。

Jユースカップ

2012Jユースカップ 第20回Jリーグユース選手権大会
(優勝:コンサドーレ札幌U-18)
Jリーグは1994年より、Jクラブに所属する18歳以下の選手で構成されるチームと、日本クラブユースサッカー連盟加盟の4クラブが参加する「Jユースカップ」を開催しています。
トップチームに最も近い存在である18歳以下の選手に実戦の場をつくるためだけでなく、トップの強化につなげることも視野に入れています。

また、2010年大会より、決勝当日の表彰式後、ポストマッチファンクション(交歓会)がスタジアム内にて開催され、両チームが、審判団ならびに大会関係者への敬意を表し、互いに健闘をたたえあい交流を深めました。Jリーグでは、このような交流を通じて、育成年代の選手たちが相手チームや大会を支えてくださる方々へのリスペクトの精神を持ち、選手として人間として成長することを願っています。

FUJI XEROX SUPER CUP NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜

FUJI XEROX SUPER CUP NEXT GENERATION MATCH
 U-18 Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜
2010シーズンより、FUJI XEROX SUPER CUPの会場において、Jクラブのアカデミー所属の18 歳以下の選手の選抜チームと全国高校サッカー選手権大会の「大会優秀選手」より選抜した選手で構成するチームによる試合を開催しています。
U-18世代に試合機会や活躍の場を提供することで、日本サッカー界の活性化に寄与することを目的としています。

JリーグU-14、U-13の実施

Jリーグでは、各年代の選手に対して定期的なゲームの環境を整備することで、タレントを埋もれさせず、次のカテゴリーへ送り出す選手のレベルアップを計るべく、2007年からJリーグの公式試合として、「JリーグU-13」を、2008年から「JリーグU-14」を開催しています。
サッカーを楽しみ、将来はJリーグの選手、そして世界を目指す夢を持つ子ども達のために、今後も年代別のリーグ戦を拡大していく予定です。

【Jリーグ U-14、U-13 】
全国で地域ごとにグループをつくり、4月から12月までの期間でリーグ戦を実施。参加チームはJクラブのアカデミーの他、地域クラブや中学校のチームも含まれます。
*2012年 U-14:49チーム/ U-13:120チーム

JリーグU-14

JリーグU-16チャレンジリーグの開催

JリーグU-16チャレンジリーグ
2009年から、将来「JリーグU-16」を開催することを目指し、「JリーグU-16チャレンジリーグ」を開催しています。
(2011年は東日本大震災の影響で開催中止)
2013年は3月に開催し、茨城、静岡、大阪の3会場に分かれて行い、J1・J2の40クラブにFC町田ゼルビアを加えた合計41クラブが参加しました。

国際試合およびトレーニング環境の推進

2005年より、Jクラブのアカデミーに所属する育成年代の選手に、国際試合の経験を通じた競技力の向上と、海外文化に触れたり現地の人々との交流を通じて豊かな人間性を育むことを目的に、選抜チームによる海外キャンプを実施しています。
また、ポテンシャルの高い選手同士でのトレーニングや試合を通じて選手に刺激を与え、サッカーの新しい考え方への「気づき」の機会とするために、選抜チームによる国内でのトレーニングキャンプも行っています。
また、U-14は2010年、U-13は2011年より、ポテンシャルの高い選手同士でのトレーニングや試合を通じて選手に刺激を与え、サッカーの新しい考え方への「気付き」の機会とすることを目的に、選抜チームによる国内でのトレーニングキャンプも実施しています。

Jリーグ選抜海外キャンプ

2012年は、U-13がタイ、U-14が中国、U-15がブラジル、U-16が韓国でキャンプを実施しました。

  • 海外キャンプ(U-13/タイ)
  • 海外キャンプ(U-14/中国)
  • 海外キャンプ(U-15/ブラジル)
  • 海外キャンプ(U-16/韓国)

アカデミープレーヤートレーニングキャンプ(U-14、U-13 )

2013年は4月にU-13、6月にU-14のキャンプをそれぞれ大阪で開催します。将来Jリーグそして世界で戦える選手をJクラブからの推薦をもとに55名選抜して、トレーニングおよびゲームを実施します。

Jリーグアカデミーカルビーグローバルチャレンジ

Jリーグアカデミーカルビーグローバルチャレンジ(Gothia Cup 2012)
2012年は、Jリーグトップパートナー カルビー株式会社のご協力のもと、国際親善と次世代育成をテーマとしたパートナーシッププログラムとして、Jリーグアカデミーの狙いである「世界で活躍する選手の育成および強化」の促進を目的に「Jリーグアカデミーカルビーグローバルチャレンジ」を実施しました。
本プログラムでは、2012年7月にスウェーデンで開催された「Gothia Cup 2012」に、2011Jリーグ最優秀育成クラブ賞受賞の東京ヴェルディユース(U-16)が、Jリーグアカデミー代表として参加しました。

※2009年より「最優秀育成クラブ賞」を設立し、定量的にトップチームに選手を輩出し、それらの選手が活躍していること、指導者を含む育成環境が整っていること、ユース年代の大会の成績などを考慮して、年間1クラブをJリーグアウォーズにて表彰しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
7月22日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2017/07/21(金) 11:29 7/23(日)19:00KO @ヤンマー 日本人エース対決!岸本武流vs藤本憲明!!【プレビュー:明治安田J3 第18節 C大23vs鹿児島】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2017/06/30(金) 11:02 明日のJを担うのは誰だ。「6月までのヤングガンイレブン」を選んでみた(#56)

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 セレッソ大阪 セレッソ大阪 38 18
2 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 37 18
3 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 35 18
4 柏レイソル 柏レイソル 34 18
5 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 33 18
6 ガンバ大阪 ガンバ大阪 32 18
7 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 31 18
8 浦和レッズ 浦和レッズ 29 18
9 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 26 18
10 FC東京 FC東京 25 18
11 サガン鳥栖 サガン鳥栖 24 18
12 清水エスパルス 清水エスパルス 21 18
13 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 21 18
14 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 16 18
15 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 16 18
16 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 15 18
17 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 11 18
18 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 8 18

2017年7月9日(日) 21:33更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 47 23
2 アビスパ福岡 アビスパ福岡 46 23
3 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 41 23
4 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 40 23
5 名古屋グランパス 名古屋グランパス 37 23
6 横浜FC 横浜FC 35 23
7 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 35 23
8 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 35 23
9 大分トリニータ 大分トリニータ 34 23
10 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 34 23
11 松本山雅FC 松本山雅FC 33 23
12 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 33 23
13 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 32 23
14 愛媛FC 愛媛FC 32 23
15 モンテディオ山形 モンテディオ山形 32 23
16 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 29 23
17 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 28 23
18 FC岐阜 FC岐阜 26 23
19 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 22 23
20 レノファ山口FC レノファ山口FC 19 23
21 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 13 23
22 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 13 23

2017年7月16日(日) 22:12更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 37 16
2 カターレ富山 カターレ富山 32 16
3 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 31 16
4 栃木SC 栃木SC 27 16
5 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 25 16
6 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 25 16
7 FC琉球 FC琉球 25 16
8 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 24 16
9 藤枝MYFC 藤枝MYFC 22 16
10 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 20 16
11 SC相模原 SC相模原 19 16
12 FC東京U-23 FC東京U-23 19 16
13 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 15 16
14 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 14 16
15 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 13 16
16 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 12 16
17 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 10 16

2017年7月16日(日) 19:37更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。