今日の試合速報

2018Jリーグアウォーズ「サポーターシート」募集は12月13日22時まで
2018Jリーグアウォーズ「サポーターシート」募集は12月13日22時まで

About Jリーグ

アカデミー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミーシステムの変遷

Jクラブは、プロとして活躍する選手を一人でも多く輩出するために1種(トップ・サテライトチーム)だけではなく、2種(ユースチーム)、3種(ジュニアユースチーム)、4種(ジュニアチームやスクール、クリニック)の育成年代の組織であるJリーグアカデミーを持つことが義務づけられています。
2001年には、「選手育成プロジェクト」を立ち上げ、日本サッカーの強化、社会人として自立出来る人間教育、地域スポーツ振興を目的に、年代別の選手育成、学校や行政・地域との関係づくり、施設の確保と整備、指導者の養成・確保などの取り組みを始めました。
2002年には「日本型育成システムの確立」を目指すプロジェクトとして、Jリーグ・アカデミーがスタートしました。
Jリーグ・アカデミーでは、Jクラブに設置された「育成センター」を拠点に、将来のJリーグプレーヤーの輩出を目的とした一貫指導、地域と連携して子どもたちを育む環境づくり、育成に関する調査、研究が行われてきました。
2002年に7つのモデル・クラブでスタートした育成センターは、2008年には全33クラブ(当時)に拡大し、幼児期からの指導の取り組みに成果を残し、サッカーの育成・普及に努めてきました。
そうした成果を受け、2009年、Jリーグアカデミーは「世界で活躍する選手の育成」に注力するプロジェクトの原点に立ち返り、Jクラブによる選手育成の取り組みを直接的に促すものへと移行することとなりました。
これに伴い、これまでの2種、3種、4種などの育成年代の呼称を従来の「下部組織」から、「Jリーグアカデミー」または「育成組織」と改めています。
また、2009年には「若年層プレーヤー改革プロジェクト」によって、若年層プロ選手(23歳以下の選手)に対する実践機会の創出などについて検討し、現在も若年層プレーヤーの試合環境の整備について検討されています。

Jリーグの選手育成は、育成年代、若年層プロ選手、プロ選手と、各年代、カテゴリーにおいてリーグ水準の向上、広く日本サッカーの強化のために、Jリーグ・Jクラブがより一層の連携をはかり、育成活動を推進していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/12/08(土) 21:01 試合後インタビュー:磐田vs東京V 田口 泰士(磐田)【J1参入プレーオフ 決定戦】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/12/10(月) 17:40 【原博実の超現場日記2018/第21回】前線からの集中した守備で磐田がJ1残留。東京Vは一歩及ばず

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 69 34
2 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 57 34
3 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 56 34
4 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 55 34
5 浦和レッズ 浦和レッズ 51 34
6 FC東京 FC東京 50 34
7 セレッソ大阪 セレッソ大阪 50 34
8 清水エスパルス 清水エスパルス 49 34
9 ガンバ大阪 ガンバ大阪 48 34
10 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 45 34
11 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 45 34
12 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 41 34
13 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 41 34
14 サガン鳥栖 サガン鳥栖 41 34
15 名古屋グランパス 名古屋グランパス 41 34
16 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 41 34
17 柏レイソル 柏レイソル 39 34
18 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 30 34

2018年12月1日(土) 18:58更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 松本山雅FC 松本山雅FC 77 42
2 大分トリニータ 大分トリニータ 76 42
3 横浜FC 横浜FC 76 42
4 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 76 42
5 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 71 42
6 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 71 42
7 アビスパ福岡 アビスパ福岡 70 42
8 レノファ山口FC レノファ山口FC 61 42
9 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 59 42
10 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 57 42
11 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 56 42
12 モンテディオ山形 モンテディオ山形 56 42
13 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 55 42
14 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 55 42
15 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 53 42
16 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 53 42
17 栃木SC 栃木SC 50 42
18 愛媛FC 愛媛FC 48 42
19 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 43 42
20 FC岐阜 FC岐阜 42 42
21 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 34 42
22 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 31 42

2018年11月17日(土) 19:21更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 FC琉球 FC琉球 66 32
2 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 57 32
3 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 53 32
4 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 52 32
5 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 52 32
6 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 47 32
7 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 46 32
8 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 43 32
9 SC相模原 SC相模原 42 32
10 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 41 32
11 カターレ富山 カターレ富山 41 32
12 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 40 32
13 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 40 32
14 FC東京U-23 FC東京U-23 36 32
15 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 34 32
16 藤枝MYFC 藤枝MYFC 34 32
17 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 27 32

2018年12月2日(日) 15:33更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。