今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」から応募するだけ!1等250万円分dpointプレゼント
Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」から応募するだけ!1等250万円分dpointプレゼント

About Jリーグ

人材育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグの人材育成

Jリーグ、そして日本サッカーの発展は、「個」の育成、人間的な成長なくしては考えられません。
選手としてのレベルアップはもちろん、人間としての成長に配慮することも、Jリーグの重視する取り組みの一つです。
社会貢献活動などを通じた人間教育、選手のキャリアデザイン支援、将来プロとなる選手の育成、それに伴う指導者や審判員の養成。さらには、クラブ経営を担う人材の育成など、多岐にわたる人材育成に取り組んでいます。

プロ選手の教育/活動
〈新人研修〉

Jリーグは毎年、以下の目的を掲げて、新人選手(初めてプロ契約を締結した選手)に対する研修プログラムを実施しています。

  • 社会人教育:プロ選手としての自覚を促す
  • ブランド意識:選手の言動のひとつ一つがJリーグブランドを形成していくことを理解させる
〈社会貢献活動〉

Jリーグでは、2003年度から選手による社会貢献活動を義務化しています(Jリーグ規約第21条および第87条)。養護施設の子どもたちの公式試合への招待、子どもや親子を対象にしたサッカー教室への参加、学校への訪問授業、福祉施設や病院の慰問、地域の行事への参加、地域の美化(清掃)活動、チャリティー活動、募金活動、行政機関によるキャンペーン活動への協力など、それぞれの地域でさまざまな活動が行なわれています。

〈キャリアデザイン支援〉

Jリーグでは2002年にキャリアサポートセンターを設立し、現役選手のキャリアデザイン支援や選手の引退後の進路(セカンドキャリア)支援を行ってきました。2010年以降は、主にJクラブ加入3年目までのプロやアカデミーの若手選手を中心としたキャリア教育に重点を置いた活動をしてきました。
2013年4月より、管理統括本部企画部内に人材教育・キャリアデザインチームを設け、これまで行ってきた業務を集約し、トップチームからアカデミーに至るまで選手のキャリアデザイン支援業務をJクラブと共に取り組んでいます。具体的には、プロまたはプロを目指す選手として必要な教育研修業務、就学支援業務、セカンドキャリア支援窓口業務を行っています。

〈選手教育〉

若手選手を中心とした現役選手への教育については、Jリーグ全体の共有化を図る必要性の高いものを中心に、Jリーグに所属する選手として必須とされるものについて、教育内容を標準化したうえで、各クラブの要望に応じて講師派遣等を実施しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2018年5月30日(水)19:25 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/05/21(月) 18:00 日本のeSportsの歴史はここから始まる!【明治安田生命eJ.LEAGUE】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/05/01(火) 19:00 5つのクラブを渡り歩いた元Jリーガーは、今ではビール販売の営業マン!~千代反田 充編~

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 37 15
2 FC東京 FC東京 28 15
3 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 27 15
4 セレッソ大阪 セレッソ大阪 26 14
5 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 26 15
6 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 22 15
7 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 22 15
8 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 21 15
9 柏レイソル 柏レイソル 20 15
10 清水エスパルス 清水エスパルス 18 15
11 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 18 14
12 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 18 15
13 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 17 15
14 浦和レッズ 浦和レッズ 17 15
15 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 17 15
16 ガンバ大阪 ガンバ大阪 15 15
17 サガン鳥栖 サガン鳥栖 13 15
18 名古屋グランパス 名古屋グランパス 9 15

2018年5月20日(日) 20:01更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 大分トリニータ 大分トリニータ 31 15
2 レノファ山口FC レノファ山口FC 28 15
3 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 26 15
4 アビスパ福岡 アビスパ福岡 26 15
5 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 25 14
6 松本山雅FC 松本山雅FC 24 15
7 横浜FC 横浜FC 24 15
8 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 21 15
9 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 21 15
10 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 21 15
11 栃木SC 栃木SC 20 15
12 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 20 15
13 FC岐阜 FC岐阜 19 15
14 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 19 15
15 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 18 14
16 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 18 15
17 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 18 15
18 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 18 15
19 モンテディオ山形 モンテディオ山形 17 15
20 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 12 15
21 愛媛FC 愛媛FC 10 15
22 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 10 15

2018年5月20日(日) 20:06更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 20 10
2 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 20 10
3 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 19 10
4 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 18 10
5 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 17 10
6 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 16 11
7 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 15 10
8 FC琉球 FC琉球 15 10
9 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 15 10
10 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 15 11
11 藤枝MYFC 藤枝MYFC 13 11
12 SC相模原 SC相模原 12 9
13 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 12 10
14 カターレ富山 カターレ富山 9 11
15 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 8 10
16 FC東京U-23 FC東京U-23 7 9
17 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 7 10

2018年5月20日(日) 21:13更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。