今日の試合速報

Jユースカップ決勝
Jユースカップ決勝

About Jリーグ

Jリーグの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年代後半〜1994年

1980年代後半?1994年
  • 1991年11月1日 Jリーグ設立
  • 1992年9月'92Jリーグヤマザキナビスコカップ開幕
    (写真はV 川崎vs清水による決勝。試合前に握手をする三浦泰年, 知良兄弟)
  • 1993年5月15日 Jリーグ開幕
  • 初代チェアマン川淵三郎による開幕宣言[1993年]
  • Jリーグ初代王者 ヴェルディ川崎[1994年1月]
  • 世界の名選手がJリーグでプレー:リトバルスキー(市原)[1993年]
  • 世界の名選手がJリーグでプレー:リネカー(名古屋)[1993年]
  • 世界の名選手がJリーグでプレー:ジーコ(鹿島)[1994年]
  • 世界の名選手がJリーグでプレー:スキラッチ(磐田)[1994年]
  • 初代ベストイレブン。MVPは三浦知良(V川崎)[1994年1月]
  • Jリーグオールスターサッカー[1993年]
  • 2連覇を達成したV川崎[1994年]
月日 内容
1988年 3月 日本サッカーリーグ(JSL)が第1次活性化委員会設置
10月 第2次活性化委員会
1989年 3月 JSLが、日本サッカー協会(JFA)に「日本サッカーリーグの活性化案」提案
6月 JFAが「プロリーグ準備検討委員会」設置
10月 プロリーグへの参加条件を立案
1990年 3月 プロリーグ参加条件決定
6月 20団体より参加希望の回答あり
10月 プロリーグ検討委員会('91年1月まで6回開催)
1991年 1月30日 「プロサッカーリーグ設立の経緯について」報道発表
2月14日 「プロサッカーリーグ参加団体(10団体)」発表
3月1日 「プロリーグ設立準備室」開設
(室長:川淵三郎・現日本サッカー協会名誉会長)
7月1日 プロリーグ正式名称「社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)」、Jリーグロゴマーク発表
11月1日 「社団法人日本プロサッカーリーグ」設立 川淵三郎・現日本サッカー協会名誉会長が初代チェアマンに就任
1992年 3月 選手登録、移籍規定改正と「プロ選手統一契約書」を発表
5月 「Jリーグ・プレスプレビュー」開催。10クラブのプロフィール、ユニフォームなどJリーグの全容を発表
9月 Jリーグの前哨戦となる「'92Jリーグヤマザキナビスコカップ」開催/優勝:ヴェルディ川崎
1993年 3月 ジェイ・エス・エル商事(株)から「(株)Jリーグエンタープライズ」に社名変更
4月1日 Jリーグ規約施行
4月 「Jリーグ映像(株)」設立
4月〜5月 1994 FIFAワールドカップアメリカ大会アジア地区第一次予選・日本代表予選突破
5月 初の外国人審判員マーチン・ボデナム氏(イングランド)招聘
5月15日 Jリーグ開幕/プロサッカーとして初のリーグ戦「'93Jリーグサントリーシリーズ」がスタート
7月 Jリーグ初のオールスターサッカー「'93 JリーグKodakオールスターサッカー(神戸ユニバー記念競技場)」開催
10月 1994 FIFAワールドカップアメリカ大会アジア地区最終予選敗退
12月 「Jリーグフォト(株)」設立
1994年   ベルマーレ平塚、ジュビロ磐田が新加入/12クラブ
3月 「延長サドンデス方式」を「Vゴール」に名称変更
10月 「スポーツターフ研究会」発足

1995年〜2000年

1995年〜2000年
  • 横浜マリノスが、V川崎の三連覇を阻んで初優勝[1995年]
  • ストイコビッチが名古屋に加入。M V Pを獲得[1995年]
  • FIFAワールドカップ日韓共催が決定[1996年]
  • 「Jリーグ百年構想」をスローガンに[1996年]
  • FIFAワールドカップフランス大会出場を決定[1997年]
  • FIFAワールドカップフランス大会[1998年]
  • 中山雅史( 磐田)が4試合連続ハットトリックでギネスブック更新[1998年]
  • 翌年の1・2部制開始に向けて、J1参入決定戦を開催[1998年]
  • J1・J2 1・2部制がスタート[1999年]
  • ジュビロ磐田がAFCスーパーカップ優勝[1999年]
  • 清水vs磐田の「静岡ダービー」で行われたチャンピオンシップ[1999年]
  • 鹿島が史上初の「三冠」(Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯優勝)を達成[2000年]
月日 内容
1995年   柏レイソル、セレッソ大阪が新加入/14クラブ
8月 横浜フリューゲルスがアジアスーパーカップ優勝
1996年   京都パープルサンガ、アビスパ福岡が新加入/16クラブ
3月 「Jリーグ百年構想」をキーワードにした、プロモーション展開発表
5月 「(株)日本フットボールヴィレッジ(Jヴィレッジ)」設立
1997年   ヴィッセル神戸が新加入/17クラブ
1998年   コンサドーレ札幌が新加入/18クラブ
  1998 FIFAワールドカップフランス大会に日本初出場
1999年 2月 横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併
  1・2部制開始
〈J1・16クラブ〉
鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ジェフユナイテッド市原、柏レイソル、ヴェルディ川崎、横浜F・マリノス、ベルマーレ平塚、清水エスパルス、ジュビロ磐田、名古屋グランパスエイト、京都パープルサンガ、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡
〈J2・10クラブ〉
コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、モンテディオ山形、大宮アルディージャ、FC東京、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、サガン鳥栖、大分トリニータ
6月 Jリーグゼネラルマネージャー講座(GM講座)が始まる
11月 ジュビロ磐田がアジア スーパーカップ優勝
2000年   水戸ホーリーホックがJ2に新加入/J1・16クラブ、J2・11クラブ

2001年〜2006年

2001年〜2006年
  • 「ワールドカップスタジアム」が続々誕生(埼玉スタジアム2002)[2001年]
  • 「ワールドカップスタジアム」以外にも、スタジアム建設が相次ぐ(豊田スタジアム)[2001年]
  • 2002FIFAワールドカップ日韓共催[2002年]
  • 日本代表がFIFAワールドカップで初勝利[2002年]
  • 2代目チェアマンに鈴木昌が就任[2002年]
  • Jリーグ・アカデミー、キャリアサポートセンター発足[2002年]
  • 磐田が1st 、2nd両ステージ制覇[2002年]
  • 横浜FMが1st 、2nd両ステージ制覇[2003年]
  • 浦和・横浜FMによる最後のチャンピオンシップ[2004年]
  • J1リーグ戦1ステージ制最初の優勝はガンバ大阪[2005年]
  • 日本代表がFIFAワールドカップドイツ大会に出場1次ラウンド敗退[2006年]
  • 3代目チェアマンに鬼武健二が就任[2006年]
月日 内容
2001年   横浜FC がJ2に新加入/J1・16クラブ、J2・12クラブ
2002年   2002 FIFAワールドカップ 日本と韓国が共同開催
  「Jリーグ・アカデミー」発足
  Jリーグキャリアサポートセンター」発足
  JFAが「スペシャルレフェリー(SR)」制度導入/岡田正義氏、上川徹氏の2人が初代SRに
7月 鈴木 昌が2代目のJリーグチェアマンに就任
2003年 3月 日本・中国・韓国の3ヶ国のリーグのチャンピオンを決める「A3チャンピオンズカップ」が始まる
  2003年シーズンから延長戦(Vゴール)が廃止となる
9月 東京都文京区本郷に「JFAハウス」完成。JFA、Jリーグ、各種サッカー関係団体が一堂に集まる。
2005年   J1が2ステージ制から1ステージ制へ
  ザスパ草津、徳島ヴォルティスがJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・12クラブ
2006年   愛媛FC がJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・13クラブ
3月 Jリーグ準加盟制度発足
6月 2006 FIFAワールドカップドイツ™に日本代表出場
7月 鬼武健二が3代目のJリーグチェアマンに就任

2007年〜2013年

2007年〜2013年
  • 「Jリーグ U -13」スタート[2007年]
  • 2007シーズンよりはじめた、試合前に試合登録選手がフェアプレーフラッグに誓いのサイン
  • 浦和がACL優勝。Jクラブで初めてFIFAクラブワールドカップ出場[2007年]
  • G大阪がACL優勝。FIFAクラブワールドカップ出場[2008年]
  • 大分がJリーグヤマザキナビスコカップ優勝。
    九州クラブ初のタイトルを獲得[2008年]
  • Jリーグ公式試合入場者数が1億人を突破[2009年]
  • 鹿島が史上初の三連覇を達成[2009年]
  • 日本代表がFIFAワールドカップ南アフリカ大会出場決勝トーナメント進出[2010年]
  • 4代目チェアマンに大東和美が就任[2010年]
  • J1・J2が40クラブに[2012年]
  • 2012年3月10日、20回目のJリーグ開幕(仙台vs鹿島)
  • Jリーグヤマザキナビスコカップの開催が20回目に[2012年]
月日 内容
2007年   Jリーグ U -13リーグが始まる
11月 浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ優勝
12月 FIFA クラブワールドカップに浦和レッズが出場
2008年   ロアッソ熊本、F C 岐阜がJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・15クラブ
  Jリーグ U -14リーグが始まる
  Jリーグ映像(株)から「(株)Jリーグメディアプロモーション」に社名変更
11月 ガンバ大阪がAFCチャンピオンズリーグ優勝
12月 FIFAクラブワールドカップにガンバ大阪が出場
2009年   栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山がJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・18クラブ
3月 Jリーグ公式試合通算入場者数が1億人を突破
12月 鹿島アントラーズが史上初のJ1リーグ戦三連覇を達成
2010年   ギラヴァンツ北九州がJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・19クラブ
6月 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ™に日本代表出場
7月 大東 和美が4代目のJリーグチェアマンに就任
2011年   ガイナーレ鳥取がJ2に新加入/J1・18クラブ、J 2・20クラブ
11月 FIFAクラブワールドカップに柏レイソルが出場
2012年   FC町田ゼルビア、松本山雅FCがJ2に新加入/J1・18クラブ、J2・22クラブ
2月 クラブライセンス制度導入
3月 20回目のJリーグ、ヤマザキナビスコカップ開幕
4月 「公益社団法人 日本プロサッカーリーグ」へ移行
12月 FIFAクラブワールドカップにサンフレッチェ広島が出場
2013年   V・ファーレン長崎がJ2に新加入、FC町田ゼルビアがJFLに降格
J1・18クラブ、J2・22クラブ
4月 J3準備室がスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第33節
2018年11月24日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/11/12(月) 18:16 【原博実の超現場日記2018/第15回】鹿島アントラーズ悲願のACL優勝!全員でつかんだ勝利。おめでとう!