今日の試合速報

Jユースカップ決勝
Jユースカップ決勝

About Jリーグ

ホームタウン活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームタウン活動とは

地域に愛されるクラブとなるために、Jクラブはホームタウンの人々と心を通わせるためのさまざまな活動を実践しています。Jリーグでは、ホームタウン会議などを通じて、各クラブのホームタウン活動の共有や情報交換、各種調査などを行い、同活動を推進しています。

ホームタウン

Jリーグでは、Jクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼んでいます。「Jリーグ規約」には、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないことが記されています。つまり、ホームタウンとは、「本拠地占有権」、「興行権」の意味合いの強い「フランチャイズ」とは異なり、「Jクラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活に溶け込み、人々が心身の健康と生活の楽しみを享受することができる町」を意味しているのです。

参考:Jリーグ規約第21条〔Jクラブのホームタウン(本拠地)〕第2項
「Jクラブはそれぞれのホームタウンにおいて、地域社会と一体となったクラブづくり(社会貢献活動を含む)を行い、サッカーをはじめとするスポーツの普及および振興に努めなければならない。」

地域名+愛称

Jリーグが目指す「地域に根差したスポーツクラブ」とは、ホームタウンの住民・行政・企業が三位一体となった支援体制を持ち、その町のコミュニティーとして発展するクラブをいいます。
Jリーグがスポーツエンターテインメント以上の価値を持つのは、Jクラブが地域に根差しながら、ホームタウンのシンボルとして存在するところにあります。
シーズン中、ほぼ2週間に一度訪れるホームゲーム開催日には、スタジアムを中心に祝祭空間が町に広がり、スタジアムにはわが町の名を叫んでチームを応援するファン・サポーターの姿があります。地域を代表する存在だからこそ、Jリーグはチームの呼称を「地域名+愛称」としています。
また、チームの呼称を「地域名+愛称」とすることで、Jクラブはホームタウン住民・行政・企業の理解と協力を得やすくなり、経済的に自立することができます。Jクラブが経済的に自立してはじめて、地域に根差したスポーツクラブとして地域のスポーツ文化の醸成に貢献できると考えています。

地域名+愛称

クラブの拠点となるクラブハウスは、トップチームの練習場だけでなく、地域の人々が集うことのできる、コミュニティーの中心になっています。

地域と一緒に街をつくる

街を彩るクラブカラー。週末になると、レプリカユニフォームに身を包み、スタジアムに向かう人々。クラブの存在は、街の姿をつくります。Jクラブは、地域のイベントへの参加や、街の清掃活動など、さまざまな活動を通じて街づくりに参加しています。

教育

Jリーグのクラブは、これまでに蓄積したノウハウを広く、積極的に地域社会に還元するため、さまざまな活動を実施しています。その一つが人材の育成などを目的とした、教育機関との連携です。クラブが関係者を講師として大学に派遣し、スポーツマネジメントに関する講座を開いたり、サッカーの実技指導などを行っています。また、クラブはインターンシップとして学生たちを受け入れ、大学の単位を取得できるシステムもあります。人材の交流や施設の充実に大きな役割を果たすこうした活動は、地域密着という「Jリーグ百年構想」の理念とも一致します。
地域と共に子どもたちを育てるJクラブでは、子どもたちが学ぶ機会を、地域と一緒になってつくっています。スポーツをきっかけに、スポーツの枠から飛び出して、知識や教養を広げることも、JリーグとJクラブが果たすべき重要な役割です。

Jクラブでは選手が地域の学校を訪問したり、気軽に取り組める教養講座や、社会体験の機会の提供などを行っています。

環境

地域の一員として、地球環境に配慮したエコロジー活動に取り組むJクラブが増えています。
スタジアムで販売する飲み物を、紙コップではなく「マイカップ」や「リユースカップ」にするなどゴミを減らす活動、スタジアム内のゴミの再生利用、また、町の清掃活動など、その活動はホームタウンへも広がっています。
JリーグとJクラブは今後も、地域の環境団体、自治体、あるいは環境省などと力を合わせて、エコロジー活動を推進していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第33節
2018年11月24日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/11/17(土) 21:00 ゴール:山形vs大分 ゴール前でフリーになった星 雄次(大分)が右サイドからの折り返しをダイレクトで叩き込み、アウェイの大分が貴重な先制ゴールを挙げる!【明治安田J2 第42節】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/11/12(月) 18:16 【原博実の超現場日記2018/第15回】鹿島アントラーズ悲願のACL優勝!全員でつかんだ勝利。おめでとう!

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 63 32
2 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 56 32
3 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 52 32
4 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 51 32
5 FC東京 FC東京 50 32
6 浦和レッズ 浦和レッズ 48 32
7 清水エスパルス 清水エスパルス 47 32
8 セレッソ大阪 セレッソ大阪 47 32
9 ガンバ大阪 ガンバ大阪 45 32
10 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 45 32
11 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 41 32
12 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 41 32
13 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 41 32
14 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 37 32
15 サガン鳥栖 サガン鳥栖 37 32
16 名古屋グランパス 名古屋グランパス 37 32
17 柏レイソル 柏レイソル 33 32
18 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 29 32

2018年11月10日(土) 18:13更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 松本山雅FC 松本山雅FC 77 42
2 大分トリニータ 大分トリニータ 76 42
3 横浜FC 横浜FC 76 42
4 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 76 42
5 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 71 42
6 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 71 42
7 アビスパ福岡 アビスパ福岡 70 42
8 レノファ山口FC レノファ山口FC 61 42
9 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 59 42
10 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 57 42
11 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 56 42
12 モンテディオ山形 モンテディオ山形 56 42
13 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 55 42
14 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 55 42
15 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 53 42
16 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 53 42
17 栃木SC 栃木SC 50 42
18 愛媛FC 愛媛FC 48 42
19 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 43 42
20 FC岐阜 FC岐阜 42 42
21 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 34 42
22 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 31 42

2018年11月17日(土) 19:21更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 FC琉球 FC琉球 63 30
2 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 54 30
3 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 48 29
4 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 48 29
5 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 44 29
6 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 44 29
7 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 43 29
8 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 39 29
9 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 38 29
10 SC相模原 SC相模原 38 29
11 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 36 29
12 カターレ富山 カターレ富山 34 29
13 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 34 30
14 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 33 29
15 FC東京U-23 FC東京U-23 33 30
16 藤枝MYFC 藤枝MYFC 31 30
17 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 26 29

2018年11月17日(土) 15:15更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。