今日の試合速報

About Jリーグ

クラブライセンス制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブライセンス制度

クラブライセンス制度の発祥は、ドイツサッカー連盟が制定した、クラブのリーグ戦への参加資格を審査する制度にあると言われています。この制度を基に、欧州サッカー連盟(UEFA)がUEFAチャンピオンズリーグ出場クラブへの審査制度を導入し、大会の価値向上に成功したことから、大会出場クラブを審査する「クラブライセンス制度」は世界的に広まり、国際サッカー連盟(FIFA)がクラブライセンス制度を採用したことを受け、アジアでも導入されることとなりました。
アジアでは、アジアサッカー連盟(AFC)がAFCチャンピオンズリーグの参加資格を審査する基準として、2013シーズンよりクラブライセンス制度を導入することを決め、加盟各国サッカー協会に同制度の整備を通達しました。これを受けて、日本サッカー協会とJリーグは2012年2月1日より日本国内向けのクラブライセンス制度を施行しました。

〈日本におけるクラブライセンス制度の位置づけ〉

日本のクラブライセンス制度は、ドイツと同様にリーグ戦に参加するための資格要件となっており、Jリーグに参加を希望するクラブは定められた基準を充足してクラブライセンスの交付を受けることが必要です。
J1クラブライセンスもしくはJ2クラブライセンスの交付を受けるための審査は、AFCが各国に提示している制度概要にJリーグが必要な修正を加えた「Jリーグクラブライセンス交付規則」に基づいて実施され、J3クラブライセンスの審査は、Jリーグが独自に制定した「J3クラブライセンス交付規則」に基づいて行われます。
「J3クラブライセンス交付規則」は、「Jリーグクラブライセンス交付規則」と連動しているものではなく、AFCのライセンス制度からも独立していますが、将来的にJ3クラブがJ2昇格を目指すことに鑑み、J1・J2のクラブライセンス制度における基準のレベル等がある程度意識できるように制定されています。

〈クラブライセンス制度の目的〉

クラブライセンス制度導入の目的は大きく分けて「サッカーの競技水準や施設的水準の持続的な向上」「クラブの経営安定化、財務能力・信頼性の向上」に集約されます。サッカーがより魅力的で、観客やパートナーなどのステークホルダーに信頼されるスポーツを目指すことが示されています。

〈Jリーグクラブライセンスの対象〉

Jリーグのクラブライセンス制度では、J1・J2・J3リーグのいずれにも参加できる「J1クラブライセンス」、J2・J3リーグに参加できる「J2クラブライセンス」、J3にのみ参加できる「J3クラブライセンス」が用意されています。
J1・J2・J3クラブであれば、いずれのクラブライセンスにも申請可能ですが、Jリーグ百年構想クラブは、J3クラブライセンスしか申請することはできません。
J1クラブライセンス・J2クラブライセンスは、Jリーグとは独立した第三者機関(クラブライセンス交付第一審機関:FIB)による審査が行われ、その判定結果によりいずれかのライセンスが交付されるか、不交付となります。また、FIBによる判定結果に不服があり規定の要件を満たすクラブは、同じくJリーグから独立した第三者機関(クラブライセンス交付上訴機関:AB)に対して上訴を行うことができます。一方J3クラブライセンスは、Jリーグの理事会で審議されてライセンス交付の可否が決定されるほか、上訴の制度はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ特集
明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ オフィシャルグッズを発売開始!
2016Jリーグアウォーズ特集
2016J1昇格プレーオフ
2016J2・J3入れ替え戦
2016天皇杯特集
FIFAクラブW杯ジャパン2016
FUJI XEROX SUPER CUP 2017
ルヴァンカップ決勝スペシャルサイト
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」
jleagueking特集
Jリーグオンラインストア
J's Goal
サテライトリーグ日程結果2016
2016Jユースカップ
JリーグU-14
2016Jリーグ U-16チャレンジリーグ
ゴシアカップ2016

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2016/12/06(火) 11:41 遠藤 保仁選手(G大阪)出演!Jリーガーの原点に迫る「Jのルーツ」【朝日放送Jフットニスタ:12/5放送分】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2016/11/29(火) 12:00 川崎Fvs鹿島の振り返り~鹿島勝利の要因とは?~(#12)

順位表

詳細へ

2016 明治安田生命J1リーグ(2nd)

順位 チーム 勝点 試合数
1 浦和レッズ 浦和レッズ 41 17
2 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 35 17
3 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 34 17
4 ガンバ大阪 ガンバ大阪 34 17
5 柏レイソル 柏レイソル 30 17
6 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 30 17
7 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 29 17
8 サガン鳥栖 サガン鳥栖 29 17
9 FC東京 FC東京 29 17
10 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 26 17
11 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 20 17
12 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 20 17
13 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 16 17
14 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 13 17
15 名古屋グランパス 名古屋グランパス 13 17
16 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 12 17
17 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 11 17
18 アビスパ福岡 アビスパ福岡 8 17

2016年11月3日(木) 16:49更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 85 42
2 清水エスパルス 清水エスパルス 84 42
3 松本山雅FC 松本山雅FC 84 42
4 セレッソ大阪 セレッソ大阪 78 42
5 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 69 42
6 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 65 42
7 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 65 42
8 横浜FC 横浜FC 59 42
9 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 57 42
10 愛媛FC 愛媛FC 56 42
11 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 53 42
12 レノファ山口FC レノファ山口FC 53 42
13 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 48 42
14 モンテディオ山形 モンテディオ山形 47 42
15 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 47 42
16 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 46 42
17 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 45 42
18 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 43 42
19 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 43 42
20 FC岐阜 FC岐阜 43 42
21 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 39 42
22 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 38 42

2016年11月20日(日) 17:25更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 大分トリニータ 大分トリニータ 61 30
2 栃木SC 栃木SC 59 30
3 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 52 30
4 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 50 30
5 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 50 30
6 カターレ富山 カターレ富山 49 30
7 藤枝MYFC 藤枝MYFC 45 30
8 FC琉球 FC琉球 44 30
9 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 38 30
10 FC東京U-23 FC東京U-23 36 30
11 SC相模原 SC相模原 35 30
12 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 32 30
13 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 30 30
14 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 30 30
15 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 30 30
16 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 20 30

2016年11月20日(日) 15:24更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。