今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!
Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!

About Jリーグ

ホームタウン活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームタウン活動報告

活動調査

Jリーグ選手等ホームタウン活動調査 2013年
Jリーグは、Jクラブに所属する選手、監督などが、2013年1〜12月にホームタウン活動に参加した状況を発表した。この調査は、各クラブのホームタウン担当者が、アンケートに入力して提出する活動記録を集計したもので、ホームタウン活動への参加状況を回数・時間など詳細に把握したもの。クラブ間で情報を共有し、今後の活動に結び付けるなどの目的がある。
Jリーグは今後も、このような集計を通して選手、監督・コーチ、クラブ関係者のホームタウン活動を推進していく。(ここに紹介するのは調査結果の一部)

活動ジャンル
経年比較

2013年の活動は、学校訪問が20.9%を占め1位、次いでファンサービスが17.2%、サイン会・トークショーが12.4%の順になっている。

  • 学校訪問は、2012年と比較して171回(614回→785回)と大幅に増加している。
  • 2012年に最も多かったファンサービスも20回増加している。
活動ジャンル経年比較
活動ジャンルサマリー
  1. 学校訪問(20.9%)

    • 2012年と比較して増加傾向にあり、785回と13年で最も多い活動になっている。
    • 5月、9月、10月の活動が多い。
    • 5月の活動が前年より103回増と大幅に増加している。
  2. ファンサービス(17.2%)

    • 2009年より年々増加している。
    • 学校訪問に次いで2位の活動数。
    • クラブ主催の活動が前年より57回の増加(569回)となった。
    • スタジアム、クラブ施設での活動が前年より増。
    • 5月、6月、8月の活動が多い。
  3. サイン会・トークショー(12.4%)

    • 3番目に多い活動。前年より44回の減少。ただし、ファン・サポーター向けの開催では41回の増加となった。
    • スタジアムでの開催が多く、前年より増加した。
    • 3月、7月、8月の活動が多い。
  4. サッカー教室/イベント(11.5%)

    • 2012年と比較すると活動数は104回の減少となった。
    • 小学生以下と保護者を対象とする活動がほとんど。
    • スポンサー、行政の活動も多く見られ、それぞれ前年より増となっている。
  5. 表敬訪問(9.0%)

    • 2012年から54回の減少。
    • 1月、2月、12月の活動が多い。
    • 社長、監督・コーチともに、最も多い活動。
  6. 地元イベント(6.3%)

    • 2012年より20回の減少。
    • スポンサーや地元企業主催は微増しているが、クラブで22回、行政で14回の減少となった。
    • 7月、8月、10月の活動が多い。
  7. 福祉活動(6.1%)

    • 前年より16回の増加。
    • 小学生以下、中学生以上と学生を対象とした活動は増加しているものの、障がい者/高齢者向けの活動が15回減少している。
    • 活動主体はクラブが最も多いが、福祉団体などの主催に参加する形も増えている。
  8. 集客活動(2.7%)

    • 2012年より9回増加。クラブ主催の活動が96回と9割以上。
    • 街頭/商業施設での活動が12年より13回、クラブ施設での活動が7回、増加している。
    • 7月の活動が多い。
  9. スポンサーイベント(2.4%)

    • 前年と比較しても大きな増減はなく横ばい。
    • 活動場所はスタジアムでの開催が25回増と大幅に増加している。
    • 2月、12月の活動が多い。

選手の活動

1人当たり活動回数 分布

2013年の1人当たり活動回数で最も人数が多かったのは11-12回の161人。次いで9 -10 回の140人、13-14回の125人の順になっている。

  • 活動回数が最も多かったのは57-58回で、2人の選手が活動を行っている。平均活動回数14.1の4倍以上となっている。
1人当たり活動回数 分布
1人当たり活動時間 分布

選手1人当たりの活動時間で最も多いのが15-18時間で120人。次いで12-15時間の118人、18-21時間で111人の順になっている。

  • 最多活動時間は69 -72時間で、1人の選手が活動を行っている。平均活動時間(21.1時間)の約3.3倍。
1人当たり活動時間 分布

監督・コーチ/社長の活動

監督・コーチの活動

最も活動が多いのは表敬訪問で、2012年より82回→132回と50回増加している。

  • 2012年と13年を比較すると、12年はファンサービスの割合が最も多く、次いで表敬訪問だったが、13年の割合は表敬訪問、ファンサービスの順に変化している(その他を除く)。ファンサービスも10回増加しているが、表敬訪問の方が伸び率が高い。

※主なその他の活動・・・必勝祈願、激励会への出席、地元での贈呈式、キャンプ地でのセレモニー参加など。

監督・コーチの活動
社長の活動

2013年の社長の活動内容は、表敬訪問が23.6%で最も割合が高く、次いで地元イベントが22.0%となっている。

  • 2012年と比較すると、学校訪問が大幅に増加(19回→103回)している。表敬訪問も311回(316回→627回)と大幅に増加している。
社長の活動
社会貢献

Jリーグでは、選手による社会貢献活動を義務づけて、積極的に推進しています。養護施設や高齢者施設への慰問、学校への訪問授業、ホームタウンイベントへの参加など、スタジアムを出て、積極的に社会との触れ合いの輪を広げています。また2007年からは、日本サッカー協会と連携し、小学校で訪問授業を行う「こころの プロジェクト」の活動も各クラブでスタートしています。選手たちがこうした社会貢献活動に取り組むことにより、クラブとホームタウンとの絆がより深くな り、また、選手の社会的地位が向上すると期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田J1 第23節
2018年8月19日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/08/18(土) 23:25 ハイライト:水戸vs千葉【明治安田J2 第29節】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/07/25(水) 12:00 【スポーツナビ】2014年 村井改革のはじまり<後編> シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 49 22
2 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 40 21
3 FC東京 FC東京 40 22
4 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 33 22
5 セレッソ大阪 セレッソ大阪 33 22
6 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 32 21
7 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 32 22
8 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 32 22
9 浦和レッズ 浦和レッズ 31 22
10 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 28 22
11 清水エスパルス 清水エスパルス 27 21
12 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 26 21
13 柏レイソル 柏レイソル 26 22
14 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 23 21
15 サガン鳥栖 サガン鳥栖 22 22
16 名古屋グランパス 名古屋グランパス 22 21
17 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 21 22
18 ガンバ大阪 ガンバ大阪 21 22

2018年8月15日(水) 22:32更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 松本山雅FC 松本山雅FC 56 29
2 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 53 28
3 大分トリニータ 大分トリニータ 51 29
4 横浜FC 横浜FC 49 28
5 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 47 29
6 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 46 29
7 アビスパ福岡 アビスパ福岡 46 27
8 レノファ山口FC レノファ山口FC 43 28
9 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 41 28
10 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 41 28
11 モンテディオ山形 モンテディオ山形 40 28
12 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 39 29
13 栃木SC 栃木SC 38 29
14 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 37 29
15 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 36 29
16 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 35 29
17 愛媛FC 愛媛FC 33 29
18 FC岐阜 FC岐阜 32 28
19 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 29 29
20 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 25 28
21 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 24 28
22 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 23 28

2018年8月18日(土) 22:37更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 FC琉球 FC琉球 35 18
2 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 32 17
3 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 31 18
4 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 28 18
5 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 27 18
6 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 26 18
7 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 25 18
8 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 24 18
9 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 24 18
10 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 23 18
11 SC相模原 SC相模原 23 17
12 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 23 18
13 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 22 18
14 藤枝MYFC 藤枝MYFC 21 17
15 カターレ富山 カターレ富山 20 18
16 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 14 17
17 FC東京U-23 FC東京U-23 13 18

2018年8月18日(土) 21:34更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。