今日の試合速報

先着12,000名様に「オリジナルエコバッグ」プレゼント!
先着2,000名様に「500円飲食クーポン」プレゼント!

About Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天然芝の推進

Jリーグの公式試合は1993年の開幕以来、全て常緑の天然芝のピッチで行われています。明るい太陽の光に輝き、あるいは照明に映える緑のカーペットという舞台装置は、土のグラウンドで行われることが普通だった日本のスポーツに、新たな次元を開きました。
このような意識の変化によって、芝生は鑑賞したり、ゴルフをするためだけにあるのではなく、さまざまなスポーツ、あるいは子どもたちが自由に遊んだり散歩やピクニックも楽しめるものという考え方が浸透しました。
Jリーグはスポーツの魅力や体を動かす楽しさを伝えるために、スタジアムのピッチだけでなく、芝生の施設作りや、学校の校庭の芝生化などに協力しています。

Jリーグの芝生化への取り組み

Jリーグでは芝生の校庭がある学校でサッカー教室の開催やキャンペーン活動を行い、グラウンドや校庭、園庭の芝生化を応援する活動を行っています。校庭やグラウンドの芝生化は全国各地で成果を挙げ、現在、日本全国に芝生の校庭を持つ学校は、1,900校以上になりました。
弾力性に富んだ芝生の上では、体への衝撃も和らぎ、けがの防止に役立つのは言うまでもありません。芝生の張られた校庭や園庭では、はだしになった子どもたちが元気に走り回り、跳びはね、明るい歓声が満ちています。目にも優しい芝生の緑色は「いやし」の効果もあり、気持ちを穏やかなものにしてくれます。生き物である芝生との触れ合いは、命の大切さ、環境への配慮を考えることにもつながります。
さらに、芝生は地域の人々の交流を活発にし、その絆を深める効果も秘めています。芝生の維持には、多くの人々の協力が欠かせません。そのための活動を通して会話が生まれ、共通の目的への仲間意識も芽生えます。芝生はまさに、地域の交流のシンボルともなるでしょう。

芝生の運動場整備状況(公立学校)

区分 学校数(A) 屋外運動場整備校(B) 芝生化整備校(C) 芝生化整備率(C/B)
小学校 21,974 21,852 1,042 4.77%
中学校 10,044 9,788 385 3.93%
高等学校 3,846 3,772 319 8.46%
中等教育学校 25 19 0 0.00%
小計 35,889 35,431 1,746 4.93%
特別支援校 971 770 3 23.77%
合計 36,860 36,201 1,929 5.33%
区分 学校数(A) 屋外運動場整備校(B) 芝生化整備校(C) 芝生化整備率(C/B)
平成21年度 35,889 35,431 1,746 4,93%
平成20年度 36,236 35,831 1,506 4,20%
平成19年度 36,570 36,121 1,492 4.13%
平成18年度 36,863 36,192 1,347 3.72%
平成17年度 37,188 36,757 1,291 3.51%
平成16年度 37,583 36,305 1,199 3.30%
平成15年度 37,859 - 1,119 300m以上を
芝生化の基準提示
平成14年度 38,088 - 865 グラウンドの
1/2以上の芝生化
Jクラブが行う天然芝の推進活動

Jクラブでも、スタジアムや練習場などの芝生管理の知識やノウハウを生かし、ホームタウンにある学校の校庭などを中心に、天然芝の推進活動を行っています。
グラウンドを整備するスタッフの派遣や、校庭の芝生管理への協力や、スタジアムや練習場の芝生の苗を分けるなど、Jクラブならではの方法で天然芝の普及を推進しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
2018年10月20日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2018/10/15(月) 17:17 今週も多くのスーパーゴールが生まれた!週間トップ10ゴール(2018年10月13日~10月14日)【TOP10 GOALS】

最新ニュース

一覧へ

最新コラム

一覧へ

2018/09/28(金) 16:00 トラップの技術とアシストパスのスピード

順位表

詳細へ

明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 57 29
2 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 56 29
3 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 46 29
4 FC東京 FC東京 46 29
5 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 44 28
6 浦和レッズ 浦和レッズ 42 29
7 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 42 29
8 セレッソ大阪 セレッソ大阪 41 28
9 清水エスパルス 清水エスパルス 40 29
10 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 38 29
11 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 37 29
12 ガンバ大阪 ガンバ大阪 36 29
13 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 35 28
14 柏レイソル 柏レイソル 33 29
15 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 33 28
16 名古屋グランパス 名古屋グランパス 31 27
17 サガン鳥栖 サガン鳥栖 30 29
18 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 28 29

2018年10月7日(日) 18:55更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 松本山雅FC 松本山雅FC 69 37
2 大分トリニータ 大分トリニータ 66 37
3 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 65 35
4 アビスパ福岡 アビスパ福岡 64 37
5 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 63 37
6 横浜FC 横浜FC 63 37
7 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 63 37
8 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 54 36
9 モンテディオ山形 モンテディオ山形 51 37
10 レノファ山口FC レノファ山口FC 51 36
11 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 49 36
12 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 49 37
13 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 49 37
14 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 48 37
15 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 47 37
16 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 46 37
17 栃木SC 栃木SC 45 37
18 愛媛FC 愛媛FC 43 37
19 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 37 37
20 FC岐阜 FC岐阜 36 37
21 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 29 36
22 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 27 37

2018年10月14日(日) 18:28更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 FC琉球 FC琉球 56 26
2 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 45 26
3 アスルクラロ沼津 アスルクラロ沼津 44 25
4 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 44 26
5 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 39 25
6 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 37 25
7 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 36 26
8 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 36 25
9 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 33 26
10 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 31 26
11 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 30 25
12 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 30 25
13 SC相模原 SC相模原 29 25
14 カターレ富山 カターレ富山 29 25
15 藤枝MYFC 藤枝MYFC 28 25
16 FC東京U-23 FC東京U-23 26 26
17 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 21 25

2018年10月14日(日) 21:51更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。