今日の試合速報一覧はこちら

 

プレスリリース

一覧へ

2015/12/15 18:00

2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームが決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグは、本日の理事会で、2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームを、FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪の3チームにすることを決定いたしました。
U-23チームのJ3リーグ参加は、Jリーグの理念の具現化を念頭に、18歳から23歳の選手の試合出場機会を創出し、将来有望な選手の強化・育成に寄与することを目的とするものです。
2016明治安田生命J3リーグは、上記のU-23チームを加えた全16クラブにて、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりリーグ戦、全30節/240試合で開催いたします。

 

■2016明治安田生命J3リーグ クラブ編成((13クラブ)+U-23チーム)

グルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC
栃木SC
Y.S.C.C.横浜
SC相模原
AC長野パルセイロ
カターレ富山
藤枝MYFC
ガイナーレ鳥取
大分トリニータ
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球
FC東京U-23
ガンバ大阪U-23
セレッソ大阪U-23

 

■Jリーグがこれまでに行ってきた18歳から23歳の選手強化施策

・規約第42条(ベストメンバー規定)の緩和
・育成型期限付移籍(U-23)制度の導入
・J3リーグの設立
・Jリーグ・アンダー22選抜のJ3リーグへの参加(2014、2015シーズン)

(参考:U-23チームのJ3リーグ参加に関する概要)

項目
1 チーム登録 トップ・U-23はJFA登録では同一のチームとする。
2 Jリーグ入会金、年会費 入会金(500万円:12月)および年会費(1,000万円:4月)相当の「参加料」をJリーグに納入する。
3 Jリーグからの配分金 U-23チームには配分金は支払わない。
4 年齢制限 U-23チームは、23歳以下の選手によって構成する。ただし、試合エントリーメンバーのうち、3名のオーバーエイジを認める。ゴールキーパーに限り、追加で1名のオーバーエイジを認める。なお選手年齢は、当該シーズンの12月31日における満年齢とする。外国籍選手も、この年齢制限に従う。
5 Jリーグ規約第42条および補足基準 J3リーグの規定を適用する。
〔最強のチームによる試合参加〕
先発メンバーは、当該試合直前のリーグ戦5試合のうち、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6名以上含まなければならない(一部の例外を除く)。
※U-23チームのオーバーエイジ選手は、「直前5試合先発選手」とみなす
6 登録ウインドー 登録ウインドーは、適用される。
7 追加登録期限 従来通り。
追加登録期限以降は、追加登録を認めない。
8 選手番号(背番号) トップチーム、U-23チームそれぞれに別の番号で登録可能。シーズン途中の変更は認めない。
9 プロA「25名枠」 「25名枠」を適用する。
ACL出場クラブは「27名枠」。
アカデミー出身選手は申請することにより「25名枠」対象外となる(2014シーズンより運用中)。
10 外国籍選手枠 J3リーグの規定に従う。
11 第2種TOP可 同クラブの第2種チーム登録選手は、所定の手続きを完了した場合、トップ・U-23の両方に出場可能
12 特別指定選手 トップ・U-23の両方に出場可能
13 交代人数 J3リーグの規定に従う。
14 育成型期限付移籍 従来通り。トップチームよりも下のリーグには育成型期限付移籍が可能。
15 同日の試合出場 トップ/U-23の試合でベンチ入りのみならば、同日に別の試合に出場可。1分でもプレーしたら、同日には別のチームでは出場不可。
16 出場時間のカウント U-23での出場も、プロA・プロB契約締結条件の出場時間にカウントされる。
17 U-23の監督 トップの監督との兼務は不可。
トップ(またはアカデミー)のコーチとの兼務は可。
S級ライセンス資格が必要。
18 監督以外のコーチ、役員 トップと兼務可能
19 実行委員 トップと兼務可能
20 規律関連 各リーグの試合は別大会として扱うため、警告累積・退場・出場停止は別のリーグに影響しない。
21 表彰 U-23チームも成績に応じた賞金を受領できる
・優勝: 賞金500万円、Jリーグ杯
・2位: 賞金250万円
・最多得点者: 記念品
22 参加申し込み
(チーム数)
U-23チームのJ3リーグにおけるチーム数は、J3クラブ総数に対して3分の1を上限の目安とする。
23 昇格 U-23チームは、J2リーグへの昇格資格を有しない。
U-23チームが上位となった場合、次順位のクラブを繰り上げ、J2昇格資格要件を判断する。
トップチームとU-23チームは同じリーグに参加できない。
24 U-23チームの入れ替え 2017シーズン以降についてのU-23チームへの参入希望クラブ数が第22項の上限を上回る場合、J3リーグにおける成績下位のU-23チームとの入れ替えを実施する。入れ替え方法については、別途理事会で定める。
25 スタジアム ホームタウン(または、活動区域)内のJ3基準を満たす固定のスタジアム(または、複数のスタジアム)で、原則としてホームゲームの80%以上を開催すること。
26 制度趣旨の理解 中長期的な選手育成を目的とする本制度の趣旨を理解し、以下の事項を遵守すること。
①常にベストメンバーでチームを編成し戦うこと
②U-18年代の大会とU-23チームの試合日程が重複した場合、各選手にとってよりよい出場機会を創出すること
③J3リーグの競技力およびリーグの価値向上のために寄与すること
④J3クラブの理解と協力があって参加できることを忘れないこと
⑤継続的に参加すること(ACL出場のシーズンも参加する。J2リーグに降格の場合も継続して参加する)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」
2016ヤマザキナビスコカップ特集
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2016特集
jleagueking特集
Jリーグオンラインストア
J's Goal
サテライトリーグ日程結果2016
JリーグU-14
2016Jリーグ U-16チャレンジリーグ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ
1stステージ 第14節
5月29日(日) 19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2016/05/27(金) 21:05 5.22 熊本vs水戸 ドキュメンタリー【明治安田J2 第14節】

最新ニュース

一覧へ

順位表

詳細へ

2016 明治安田生命J1リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 28 13
2 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ 27 13
3 浦和レッズ 浦和レッズ 26 11
4 大宮アルディージャ 大宮アルディージャ 24 13
5 柏レイソル 柏レイソル 22 13
6 ガンバ大阪 ガンバ大阪 19 12
7 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田 19 13
8 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島 18 12
9 横浜F・マリノス 横浜F・マリノス 18 13
10 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 17 12
11 名古屋グランパス 名古屋グランパス 14 12
12 FC東京 FC東京 14 11
13 ベガルタ仙台 ベガルタ仙台 14 13
14 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府 12 13
15 アルビレックス新潟 アルビレックス新潟 11 13
16 サガン鳥栖 サガン鳥栖 9 12
17 アビスパ福岡 アビスパ福岡 9 12
18 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ 8 13

2016年5月21日(土) 21:53更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 32 14
2 FC町田ゼルビア FC町田ゼルビア 28 15
3 セレッソ大阪 セレッソ大阪 28 15
4 京都サンガF.C. 京都サンガF.C. 26 14
5 ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山 25 15
6 レノファ山口FC レノファ山口FC 24 15
7 松本山雅FC 松本山雅FC 23 14
8 ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉 23 15
9 清水エスパルス 清水エスパルス 22 15
10 FC岐阜 FC岐阜 20 15
11 横浜FC 横浜FC 18 14
12 カマタマーレ讃岐 カマタマーレ讃岐 18 15
13 徳島ヴォルティス 徳島ヴォルティス 18 15
14 モンテディオ山形 モンテディオ山形 17 14
15 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック 16 14
16 愛媛FC 愛媛FC 15 13
17 東京ヴェルディ 東京ヴェルディ 14 14
18 ロアッソ熊本 ロアッソ熊本 13 10
19 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎 13 14
20 ザスパクサツ群馬 ザスパクサツ群馬 12 15
21 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 11 15
22 ツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢 10 14

2016年5月28日(土) 22:16更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J3リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 ブラウブリッツ秋田 ブラウブリッツ秋田 20 10
2 SC相模原 SC相模原 18 9
3 FC琉球 FC琉球 18 10
4 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロ 18 10
5 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC 17 9
6 カターレ富山 カターレ富山 15 9
7 栃木SC 栃木SC 15 10
8 大分トリニータ 大分トリニータ 13 9
9 藤枝MYFC 藤枝MYFC 13 10
10 ガンバ大阪U-23 ガンバ大阪U-23 12 10
11 セレッソ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 12 10
12 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 9 9
13 福島ユナイテッドFC 福島ユナイテッドFC 8 9
14 Y.S.C.C.横浜 Y.S.C.C.横浜 8 10
15 グルージャ盛岡 グルージャ盛岡 6 10
16 FC東京U-23 FC東京U-23 6 10

2016年5月22日(日) 17:32更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。