今日の試合速報

Jユースカップ決勝
Jユースカップ決勝

コラム

Jリーグ副理事長 原博実の超現場日記

2018/10/24 13:57

【原博実の超現場日記2018/第9回】日曜日はフクアリへ。「喜作のソーセージ盛り」は規格外!そして大分の攻撃は速い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグの原博実副理事長がスタジアムや視察先で見たもの、感じたことを率直な言葉で綴る『超現場日記』。10月19日に還暦を迎えたばかり(おめでとうございます!)の原副理事長。20日(土)はDAZNの「Jゾーンプラス」に出演し、翌21日(日)はフクダ電子アリーナで開催された明治安田生命J2リーグ第38節・ジェフユナイテッド千葉vs大分トリニータを視察した

 

10月20日の土曜日は、DAZNの「Jゾーンプラス」に出演した。
この番組はYouTubeでも無料配信されている。まずは出演者であるハリー(杉山)と渡辺一平と記念撮影。

「Jゾーンプラス」という番組の視聴者は、10代から30代が一番多いようだ。今はサッカーを2時間生でずっと見ている人は少ないのかもしれない
ツイッターを通じて視聴者から生の反応が来るのが面白い。私が「日曜日には千葉vs大分戦に行く」と話すと、「ぜひタッパーを持ってフクアリのスタジアムグルメへ」という投稿があった。フクアリを代表するグルメ、「喜作のソーセージ盛り」だ。

確かに多くの人がタッパーを持ってきている。私も自宅から持参した。店員さんを見ていると、タッパーを持ってきた人には「大盛り」のサービスがあるようだ。

隣のお茶と比べると(量が)分かりやすい。熱々だ。そしてとても量が多い。お腹をすかしてきたけれど、食べきれなかった。残りはタッパーに入れて持ち帰る。

 

続きはGoal.comでチェック