今日の試合速報

FNJ0823鳥栖vs神戸左
FNJ0801神戸vsG大阪右

コラム

Jリーグ副理事長 原博実の超現場日記

2019/4/15 13:36

【原博実の超現場日記2019/第12回】若手を積極起用も、戦術浸透途上の福岡とブレなき町田

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグの原博実副理事長がスタジアムや視察先で見たもの、感じたことを率直な言葉で綴る『超現場日記』。13日には、明治安田生命J 2リーグ第9節、アビスパ福岡vsFC町田ゼルビアを視察するため、東平尾公園博多の森陸上競技場を訪れた。

 

■ラーメンではなくうどんの理由

試合日朝、博多空港に到着する。金曜の夕方から、寒気がして昨夜は何も食べずに就寝した。福岡空港ではいつもラーメンを食べるが、今日はうどんにした。思いのほかあっさりして美味しい。

いつもは福岡空港からレベルファイブスタジアムまで歩きで向かう。しかし、今日は無理せずバスに乗ることにした。料金は170円。バスに乗ってから今日の試合会場がレベルファイブスタジアムではなく、東平尾公園博多の森陸上競技場だと気づく…。レベスタは、ラグビーワールドカップのため、芝を養生中とのこと。

試合前にはピッチで親子のレクレーションゲームが行われた。大人は裸足。これならピッチも傷まない。今日の博多は、ポカポカ天気でサッカーを「する」にしても「見る」にしても最高の天気だ。

若い家族と記念写真を撮る。子育ても大変な時期だろうに、観戦に来ていただいて本当にありがたい。

そしてこちらは「テックボール」。この競技を初めて見た。サッカーと卓球を合わせたような競技で、なんだが楽しそう。

 

 

■福岡はスタメンの平均年齢が若い

ホームのアビスパ福岡は、ここまで2勝2分4敗、6得点9失点の17位。

対するFC町田ゼルビアは3勝1分4敗、5得点、12失点の14位。

福岡は、ファビオ・ペッキア監督に代わってまだまだその戦術が浸透していない印象だ。しかし、この日のスタメンの平均年齢は、26.91歳と昨季に比べ、かなり若くなっている。青森山田高から新卒加入したDF三國ケネディエブスは今日もスタメンで、今季7試合目の先発となる。

一方のFC町田ゼルビアは、第3節・モンテディオ山形戦で3失点、第4節ではツエーゲン金沢に6失点を喫していた。しかし直近4試合で2失点と徐々にチームのバランスを修正しつつある様子。

 

14時03分キックオフ。ではハイライトをどうぞ。
https://youtu.be/bo-QyATsfXM

 

続きはGoal.comでチェック