今日の試合速報

J撮り(4月)
J撮り(4月)

コラム

焼き肉より、Jリーグが好きになりました。

2017/4/27 12:20

ゴールデンウィークはイベント盛り沢山!(♯10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタジアム観戦をするには心地良い季節になってきました。私は、Jリーグ女子マネージャーの活動だけでなく、プライベートでもスタジアム観戦を楽しんでいます。リーグ戦の他、JリーグYBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグの試合も見逃せません。

先日は、明治安田生命J2リーグ第8節「ロアッソ熊本対松本山雅FC」の熊本地震復興支援マッチに行って来ました。熊本地震から1年。私はこれまで、昨年5月のロアッソ熊本のリーグ復帰戦ジェフユナイテッド千葉戦、7月のホームスタジアム復帰戦セレッソ大阪戦に行き、会場では熊本の為に少しでも力になれたらと、選手、スタッフの皆さんと募金活動を行ってきました。前日から試合告知のためメディア出演をし、熊本を散策する時間もあったので熊本城付近に行ってみると、崩れたままの状態や所々ブルーシートに覆われている部分があり、被害の大きさは想像以上のものでした。確実に復興はされているものの、まだまだ時間がかかると実感しました。

熊本地震復興支援マッチでは、選手入場時に「熊本と共に」と書かれた赤いボードを皆さん掲げ、スタジアムは赤色に染まりました。
熊本地震復興支援マッチでは、選手入場時に「熊本と共に」と書かれた赤いボードを皆さん掲げ、スタジアムは赤色に染まりました。

今年からロアッソ熊本のホームスタジアムが「えがお健康スタジアム」に名称が変わり、熊本が更に活気付くようにとの思いが伝わってきます。この復興支援マッチでは、今までスタジアムがメイン席のみの開放でしたが、1年振りに全面使用可能となり、13,990人ものファン、サポーター、熊本の方々が集まり、試合前には数多くのイベントブースが並び盛り上がりました。選手達のウォーミングアップが終わると、松本山雅FCサポーターから「ロアッソ熊本!!」コールが起こり、「サンキュー松本!!」コールで応えるロアッソ熊本サポーター。私が以前行った復帰戦2試合ともお互いにコールが行われ、毎回感慨深い思いになります。選手入場時、スタンド席では、「熊本と共に」と書かれた赤いボードを皆さん掲げ、スタジアムは赤色に染まりました。連敗が続いていたロアッソ熊本でしたが、試合が始まると攻め続け、先制点を得て後半には追加点。ゴールが決まる度にベンチの傍らでアップをしていた選手、スタッフがサイドラインまで駆け寄り全員で抱き合って喜び合う姿にはとても感動しました。試合後、サポーターと選手が共に喜び合う勝利のダンス「カモンロッソ」は私が初めてロアッソ熊本の試合を観た時から大好きな勝利パフォーマンスです。このカモンロッソが熊本を熱く、元気にさせると思います。特別な試合で勝点3を得たロアッソ熊本。選手、サポーター全員がチカラを合わせて戦い抜いた結果だと思います。熊本に対する熱い思いが伝わってきました。今でも各スタジアムで募金活動を行ったり、自らボランティア活動を行う選手がいます。熊本の為に出来ることは私たちにもまだまだあります。少しでもチカラになれるように、Jリーグ全体で協力していけたらと思います。

プライベートでは、明治安田生命J1リーグ第6節「横浜F・マリノス対ジュビロ磐田」の試合に行ってきました。この対戦カードの注目は、中村 俊輔選手。古巣クラブとの対戦。そして、齋藤 学選手との背番号10対決。試合は大いに盛り上がりました。この日は横浜F・マリノス創立25周年を記念して、選手入場前に流れる「レ・ミゼラブル」の劇中歌「民衆の歌」を、ミュージカル「レ・ミゼラブル」出演キャストが生歌披露する場面がありました。

生で聴く歌声はとても迫力があり圧巻でした。ナイトゲームだったので、スタジアムを暗転し、サポーター達がスマートフォンを使用して、カラーライトで照らすトリコロールギャラクシーは鳥肌が立つほどの綺麗さ。この演出を生で見たのは2回目ですが、これから試合が始まるとは思えないほどおしゃれでとても素敵でした。最近では、他のクラブでも行われていますが、一度見ると必ずまた見たくなる。これからの季節はナイトゲームが増えるので、皆さんもこの感動を味わって下さい。

浦和vs鹿島戦では、浦和レッズ25周年を記念して、「REDS025thビックトートバック」が来場者全員にプレゼントされます!
浦和vs鹿島戦では、浦和レッズ25周年を記念して、「REDS025thビックトートバック」が来場者全員にプレゼントされます!

そして、まもなくゴールデンウィ―ク!!この時期だけの各クラブ限定イベントが盛り沢山あります。5月3日、鹿島アントラーズでは、「ゾンビパンデミックwith鹿島アントラーズ カシマゾンビスタジアム~スタジアムに隠された謎を解き生環せよ!~」が開催。参加者体験型イベントで鹿島OBも登場。あのOBもゾンビになって参加とか??本格的なゾンビに追いかけられるのはドキドキでスリル感満載。5月4日、J1第10節「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」では、浦和レッズ25周年を記念して、「REDS025thビックトートバック」が来場者全員にプレゼントされます。濡れても平気な素材なので雨の日でも安心ですし、大きめサイズで何でも入るのが使い勝手が良さそう。5月5日、「川崎フロンターレ対アルビレックス新潟」では、フロンパークがフロンターレ牧場になって登場!日頃からフロンパークは子供達で賑わっていますが、更に大人も子供も楽しめるイベントです。スタジアムにいるのに牧場に来た気分を味わえるのはなんだか不思議。羊の毛刈り、牛の乳搾り、ポニー乗馬、子ブタと動物のかけっこなどの体験が出来て動物と沢山触れ合えます。5月7日、J2第12節「京都サンガF.C.対カマタマーレ讃岐」では、パンフェスイベント「それ行け!京都パンまつり」が西京極スタジアム場外フレンズスクエアで開催。グルメブースには行列の出来る美味しいパンの名店が数多く出店。パン好きには堪らないイベントですね。その他のクラブでも、ゴールデンウィ―ク限定の特別なイベントが行われます。普段時間が合わずなかなか行くことが出来ないアウェイ戦にも、是非足を運んでみて下さい。

最後に、昨年に続き今年もJリーグ、スタジアム観戦の魅力、楽しみ方を伝える番組「J.LEAGUE Walker ~最高の休日をスタジアムで~」が毎週金曜日22時54分からTBSにて放送されています。

毎週忘れずにチェックして下さいね!
ゴールデンウィ―クもJリーグで楽しみましょう!!

ナイトゲームしか見ることができないトリコロール ギャラクシー!カラーライトの様々な光がとても綺麗で魅了されました。
ナイトゲームしか見ることができないトリコロール ギャラクシー!カラーライトの様々な光がとても綺麗で魅了されました。

サトミキのJクラブ訪問記はこちら