今日の試合速報

Jユースカップ決勝 ライブ配信!
Jユースカップ決勝 ライブ配信!

コラム

Jリーグ副理事長 原博実の超現場日記

2019/8/20 08:21

【原博実の超現場日記2019/第23回】東京Vはボールを保持し、山形は決定機を多数作ったが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグの原博実副理事長がスタジアムや視察先で見たもの、感じたことを率直な言葉で綴る『超現場日記』。8月18日には、明治安田生命J2リーグ第28節・東京ヴェルディvsモンテディオ山形視察のため、味の素スタジアムを訪れた。

 

■この選手たちが残っていれば…

東京ヴェルディは、8月8日に渡辺皓太が横浜F・マリノスに完全移籍した。彼の抜けた穴が心配だ。渡辺移籍以後、チームは2試合ドロー、3試合勝ちなしで13位に甘んじている(第27節終了時点)。

ここ数年で中島翔哉、前田直輝、畠中槙之輔、安西幸輝、安在和樹、三竿健斗、そして渡辺皓太といった多くの選手が東京Vから移籍した。「この選手たちが残っていれば…」と思うサポーター、関係者も多いことだろう。

一方、4位のモンテディオ山形。7月16日に阪野豊史が松本山雅FCに移籍したが、ガンバ大阪から髙木彰人を獲得。この試合では、髙木も注目している選手の一人だった。

ではハイライトをどうぞ。
https://youtu.be/NkP1rBHppck

 

■あれだけボール保持をしていても

多くの選手が移籍していく東京Vだが、新たな選手も育っている。ジュニアからヴェルディ育ちの山本理仁は2001年12月12日生まれ、17歳の左利き。今季飛び級でトップチームに昇格すると、この試合を含めて8試合に先発し、4試合で途中出場している。山形戦では最初右サイドバック、途中から中盤の底に入ってプレーした。本来は中盤の選手である。もっともっとアグレッシブなプレーが見たい。将来が楽しみな選手だ。

シュート数は、東京Vの 5、山形の12だった。東京VのGK上福元直人のファインセーブがなければ、山形が2、3点取っていてもおかしくなかった展開。ボールを保持しているのは東京V、決定機が多かったのは山形。そういう試合だった。

東京Vは7月20日の第23節から永井秀樹監督が指揮を執っている。監督の意図するサッカーは見える。しかし、ボールポゼッションからいかにシュートまで持っていけるかが課題だろう。あれだけボール保持をしていても、シュートが5本ではもったいない。

 

続きはGoal.comでチェック