今日の試合速報

2018 明治安田生命Jリーグ

明治安田生命J1リーグ 残留争い 明治安田生命J1リーグ 残留争い

残留争い決着!磐田がプレーオフへ
降格チームは柏、長崎

j1

明治安田生命J1リーグは1日に最終節となる第34節が行われ、全順位が確定。川崎Fに敗れた磐田が16位となり、J1参入プレーオフに回ることとなった。

最終節を前に、J1参入プレーオフに回る16位に入る可能性があったのは5チーム。勝点41でリードしていた横浜FMと磐田は、それぞれC大阪と川崎Fに敗れ、勝ち点を伸ばせなかった。また、ともに勝ち点40の名古屋と湘南による直接対決は2-2のドロー。同じく勝ち点40の鳥栖も鹿島と0-0で引き分け、5チームが勝点41で並ぶ大混戦となったものの、得失点差で下回った磐田が16位となり、J1参入プレーオフに回ることとなった。

この結果、長崎と柏のJ2降格が決まり、磐田は8日に残留をかけて、J1参入プレーオフを戦う。

J1

最終順位

順位クラブ名勝点得失点
11ベガルタ仙台45-10
12横浜F・マリノス410
13湘南ベルマーレ41-5
14サガン鳥栖41-5
15名古屋グランパス41-7
16ジュビロ磐田41-13
17柏レイソル39-7
18V・ファーレン長崎30-20
  • プレーオフ出場圏
  • J2降格枠

※ 年間順位17位、18位のクラブがJ2リーグに自動降格。16位のクラブと明治安田生命J2リーグ3位~6位のうち、J1ライセンスが付与されているクラブは、J1参入プレーオフに出場。優勝クラブ(1クラブ)がJ1に残留または昇格。

終盤戦の日程

順位 クラブ 勝点 得失点差 第33節 第34節
11月24日(土) 12月1日(土)
12 横浜FM 41 0 vs 鳥栖 アウェイ 14:00 1-2 vs C大阪 ホーム 14:00 1-2
13 湘南 41 -5 vs 浦和 ホーム 14:00 2-1 vs 名古屋 アウェイ 14:00 2-2
14 鳥栖 41 -5 vs 横浜FM ホーム 14:00 2-1 vs 鹿島 アウェイ 14:00 0-0
15 名古屋 41 -7 vs 広島 アウェイ 14:00 2-1 vs 湘南 ホーム 14:00 2-2
16 磐田 41 -13 vs 札幌 ホーム 14:00 0-2 vs 川崎F アウェイ 14:00 1-2
17 39 -7 vs C大阪 アウェイ 14:00 3-0 vs G大阪 ホーム 14:00 4-2
18 長崎 30 -20 vs G大阪 アウェイ 14:00 1-2 vs 清水 ホーム 14:00 4-4

注目のポイント

第34節12/1(土)開催

残留争いも、最終節の大きな注目となる。すでに18位の長崎と17位の柏の自動降格が決定。焦点はプレーオフに回る16位争いに絞られている。

可能性があるのは16位の名古屋(勝点40)、15位の鳥栖(勝点40)、14位の湘南(勝点40)、13位の磐田(勝点41)、12位の横浜FM(勝点41)の5チーム。わずか勝点1差のなかにひしめき合う大混戦となっている。

もっとも最終節は勝点で並ぶ名古屋と湘南の直接対決が行われるため、すでに勝点でひとつ上回っている横浜FMと磐田の2チームは比較的優位な状況にある。直接対決でどちらかが勝てば、敗れたチームは勝点40に留まるからだ。ただし、引き分けに終わると勝点で並ばれる可能性がある。得失点差で優位に立つ横浜FMは大敗さえしなければ残留を確定できるが、得失点差でマイナスの状況にある磐田は、最終節に敗れるとまさかの結末が待ち受けるかもしれない。

名古屋vs湘南の一戦が最注目マッチとなるが、そのほかの試合も見逃せない。鳥栖はアウェイでACL出場を狙う鹿島と対戦。磐田はアウェイで王者川崎Fに挑む。そして横浜FMはホームにC大阪を迎える。いずれも難敵とのカードが組まれているが、残留をかけた激しい戦いが繰り広げられることは間違いない。例年以上に熾烈となったサバイバルレースを抜け出すのは果たしてどのチームか。最後まで見逃せない戦いが続く。

注目の選手
前田 直輝
MF 25 前田 直輝

鋭い仕掛けと強烈なフィニッシュを備えるレフティ。今夏に松本から加入すると、すぐさまレギュラーに定着し、ジョーとともに後半戦の巻き返しの立役者となった。ここ5試合ゴールから見放されているが、最終節で再びその左足が火を噴くか。

注目の選手
梅崎 司
MF 7 梅崎 司

今季、浦和から加わったベテランアタッカー。その高い経験値をチームに還元し、ルヴァンカップ優勝に大きく貢献した。苦しい時にこそ力を発揮する頼れる存在は、前節、古巣相手にゴールを決めている。2戦連発を成し遂げ、残留に導けるか。

CHECK POINT!!名古屋は湘南に対して…4試合連続勝ちなし(0勝1分3敗 2015 明治安田J1 2nd/1~)
  • リーグ戦の前回対戦 3月11日 第3節 △ 0-0
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    1429

※ ホームチームから見た成績となります。

注目の選手
金崎 夢生
FW 44 金崎 夢生

闘争心むき出しにしたプレースタイルで、前線で身体を張るとともに、相手のチャージにひるむことなくゴールに向かう。今夏に鹿島から加入。結果を出せない時期も続いたが、終盤にきて調子を上げており、前節は1得点・1アシストの活躍を見せた。

CHECK POINT!!鳥栖は鹿島に対して…アウェイ試合3連敗中(2015 明治安田J1 1st/4~)
  • リーグ戦の前回対戦 3月18日 第4節 ●0-1
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    526
注目の選手
大久保 嘉人
FW 22 大久保 嘉人

J1リーグ歴代最多得点記録を持つリーグ史に残るストライカー。今夏に川崎Fから加入したものの、わずか2得点と本来の力を発揮できていない。それでもゴール前での動きと闘争心に衰えは見られず、古巣相手の最終節で大仕事を成し遂げたい。

  • リーグ戦の前回対戦 2月25日 第1節 ● 0-3
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    9412
注目の選手
伊藤 翔
FW 16 伊藤 翔

ポジショングと決定力に長けた点取り屋。攻撃スタイルを標ぼうするチームの仕上げ役として最前線に君臨する。9月に負傷し全治8週間の診断を受けるも、早期復帰し、大事な終盤戦に間に合った。2試合連続ゴール中と、その勢いは増している。

CHECK POINT!!横浜FMはC大阪に対して…9試合連続勝ちなし(0勝5分4敗 2012 J1/17~)
  • リーグ戦の前回対戦 2月25日 第1節 △ 1-1
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    16912

第33節11/24(土)開催

ACL争いだけでなく、残留争いも熾烈を極める。すでに長崎の17位以下が確定しているが、残り2チームが、降格あるいはプレーオフに回る可能性がある。

最下位長崎は17位以下が決定したものの、17位となればJ2の結果次第(町田が2位以内)でプレーオフから残留できる可能性がある。17位の柏との差は4で、最低でも1勝1分の成績が求められる。今節敗れれば最下位が確定。相手は8連勝で残留争いから抜け出した好調G大阪(9位)だが、わずかな可能性を信じ、意地を示したいところだ。17位の柏はアウェイで8位C大阪と対戦。敗れれば17位以下が確定する。現在3連敗中と苦しい状況にあるが、監督を交代したことが好転のきっかけとなるか。16位の名古屋は2位広島の本拠地に乗り込む。15位の鳥栖は11位横浜FMとの残留争い直接対決に。14位の湘南はホームに6位浦和を迎える。いずれのチームも勝てば残留に近づくが、敗れれば苦境に追い込まれる。まさにサバイバルマッチの様相を呈すだろう。勝点41で並ぶ11位の横浜FM、12位の神戸、13位の磐田は引き分け以上で残留が確定。敗れても、湘南、鳥栖、名古屋の結果次第では残留が決まる。横浜FMは鳥栖、神戸は清水、磐田は札幌と対戦。勝点3を手にし、自力で残留を決められるか。

 
注目の選手
伊東 純也
FW 14 伊東 純也

右サイドで存在感を放つ高速アタッカー。スピード豊かなドリブルで相手を置き去りにし、鋭いカットインから豪快なフィニッシュを見舞う。6得点・8アシストと多くの得点機に絡む現役日本代表は、残留争いに苦しむチームを救えるか。

CHECK POINT!!柏はC大阪に対して…2試合連続勝ちなし(0勝1分1敗 2017 明治安田J1/18~)
  • リーグ戦の前回対戦 3月10日 第3節 △ 1-1
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    14613
注目の選手
ジョー
FW 7 ジョー

大きな期待を背負って加入した元ブラジル代表は、額面通りの活躍を披露し、リーグトップの21得点を記録。相手のマークが厳しくなったシーズン終盤は得点数が減少も、この点取り屋が再び爆発すれば、名古屋は残留に近づくはずだ。

CHECK POINT!!名古屋は広島に対して…4試合連続勝ちなし(0勝2分2敗 2015 明治安田J1 2nd/9~)
  • リーグ戦の前回対戦 7月22日 第17節 △ 0-0
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    221019
注目の選手
フェルナンド トーレス
FW 9 フェルナンド トーレス

世界のトップシーンで活躍してきた元スペイン代表のスター。今夏、鳴り物入りで加入したものの、ここまでは目立った活躍を示せていない。チームとしていかにこのワールドクラスを輝かせることができるか。このテーマが残留へのポイントとなる。

CHECK POINT!!鳥栖は横浜FMに対して…ホーム試合2試合連続負けなし(1勝1分0敗 2016 明治安田J1 2nd/16~) 
  • リーグ戦の前回対戦 3月10日 第3節 ○2-1
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    517
注目の選手
杉岡 大暉
DF 29 杉岡 大暉

ルヴァンカップでMVPに輝いた東京五輪世代の左WB。力強い対応でデュエルを制し、豪快な攻め上がりから得点機にも絡む。チームに悲願のタイトルをもたらした20歳のレフティは、今度は降格危機にあるチームの救世主となれるか。

CHECK POINT!!湘南は浦和に対して…ホーム試合6試合連続勝ちなし(0勝1分5敗 1998 2nd/1~)
  • リーグ戦の前回対戦 4月28日 第11節 ○ 1-0
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    7117
CHECK POINT!!磐田は札幌に対して…3試合連続勝ちなし(0勝2分1敗 2017 明治安田J1/9~)
  • リーグ戦の前回対戦 7月22日 第22節 △ 0-0
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    832
CHECK POINT!!神戸は清水に対して…2連敗中(2017 明治安田J1/34~)
  • リーグ戦の前回対戦 3月3日 第2節 ● 2-4
  • J1リーグ戦の
    過去の対戦成績
    13321
  • このエントリーをはてなブックマークに追加