2022年6月24日(金) 17:00

首位の横浜FMと4位の柏が互いに4連勝をかけて激突。ともに苦戦が続く神戸と浦和の直接対決にも注目【プレビュー:明治安田J1 第18節】

首位の横浜FMと4位の柏が互いに4連勝をかけて激突。ともに苦戦が続く神戸と浦和の直接対決にも注目【プレビュー:明治安田J1 第18節】
首位の横浜FMと4位の柏が互いに4連勝をかけて激突する

明治安田生命J1リーグは、今節より後半戦の戦いがスタート。25日、26日に第18節の9試合が開催される。

3連勝中で首位の横浜FMは、ホームに4位の柏を迎える。前節はG大阪に逆転勝利を収め、勢いを加速させている。得点量産中の水沼 宏太が、今節も結果を残せるか。対する柏も3連勝と好調を維持する。こちらは3戦連発中のマテウス サヴィオが重要な役割を担うだろう。

2位の鹿島は名古屋の本拠地に乗り込む。前節は京都に競り勝ち、4戦ぶりに勝点3を手にした。ここ5試合で3得点のアルトゥール カイキが今節も輝きを放てるか。対する名古屋は浦和に敗れ、2連敗。2試合ゴールのない攻撃陣が意地を見せたいところだ。

3位の川崎Fはホームに磐田を迎える。前節は札幌を下し、連敗を2で食い止めた。頼れるベテラン、小林 悠の起用法がカギを握るだろう。磐田も前節は鳥栖に快勝を収め、4試合ぶりに白星を手にした。前回対戦では土壇場で追いつかれただけに、試合の終わらせ方がポイントとなりそうだ。

勢いに乗る広島は、アウェイで福岡と対戦。前節はC大阪との好調対決を制し、3連勝を達成。5戦負けなしで5位に順位を上げている。強烈な左足を武器にゴールを連発する野津田 岳人のパフォーマンスが、今節もカギを握りそうだ。福岡は前節清水に敗れ、3試合勝利から遠ざかる。得点力に課題を残す攻撃陣の奮起が求められるだろう。

C大阪vs清水は両チームのストライカーにも注目だ
C大阪vs清水は両チームのストライカーにも注目だ

C大阪はホームに清水を迎える。前節は広島に敗れ、連勝が3でストップした。前回対戦で快勝を収めた相手を再び撃破し、上位争いに食らいついていきたい。清水は前節、福岡を下し、6試合ぶりに勝利を収めた。ゼ リカルド新監督の下でいきなり結果を手にしており、ここからの巻き返しに期待がかかる。

鳥栖はホームにFC東京を迎える。前節は磐田に敗れ、4試合ぶりの黒星となった。ここ3試合で8失点を喫する守備の修正がポイントとなるだろう。対するFC東京は、前節湘南に敗れ、3連勝はならなかった。チャンスを作りながらも決め手を欠いた攻撃陣が意地を見せられるか。

札幌はホームでG大阪と対戦。前節は川崎Fに2-5で敗れ、3連敗。大量失点が続く守備の立て直しが重要なテーマとなる。G大阪も3連敗と苦しい状況にある。前節は横浜FMに逆転負けを喫した。失点が目立つ後半の戦いがカギを握るだろう。

エースに成長したFW町野(湘南)の活躍に今節も大きな期待がかかる
エースに成長したFW町野(湘南)の活躍に今節も大きな期待がかかる

京都はホームで湘南と対戦。前節は鹿島に0-1で競り負けた。曺 貴裁監督にとっては古巣戦となる今節。前回対戦では1-1の引き分けに終わったが、ホームでの一戦で勝利を掴めるか。対する湘南は前節FC東京に快勝。ここ4試合で3勝と調子を上げている。エースに成長した町野 修斗に、今節も大きな期待がかかる。

最下位に沈む神戸は、ホームに浦和を迎える。前節は柏に1-3と完敗を喫した。加入後初ゴールを決めた橋本 拳人が苦境に陥るチームを救えるか。対する浦和は前節、名古屋に快勝を収め、10試合ぶりに勝点3を手にした。勝因となった質の高いセットプレーが、今節もカギを握りそうだ。

■各試合の見どころをチェック
横浜FMvs柏
福岡vs広島
川崎Fvs磐田
札幌vsG大阪
名古屋vs鹿島
C大阪vs清水
神戸vs浦和
京都vs湘南
鳥栖vsFC東京

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUETM OFFICIAL BROADCASTING PARTNER

J.LEAGUE TOP PARTNERS

J.LEAGUETM SUPPORTING COMPANY

TOP