今日の試合速報

COPA AMERICA BRAZIL 2019 全試合DAZN独占!
COPA AMERICA BRAZIL 2019 全試合DAZN独占!

Jリーグアウォーズ

MYアウォーズ

本企画では出場試合数が5割以上の選手を対象としています

今シーズンのMVPだと思う選手を1人選んで投票してください

  • 関 憲太郎 -  Kentaro SEKI
    仙台関 憲太郎

    六反の負傷を受け、2ndステージでは仙台のゴールマウスに君臨。小柄ながら果敢な飛び出しと鋭いセーブで存在感を放った。

    投票期間は終了しました

  • 曽ヶ端 準 -  Hitoshi SOGAHATA
    鹿島曽ヶ端 準

    櫛引の加入に刺激を受け、パフォーマンスが向上。守護神の座を譲ることなくフル稼働し、優勝の立役者のひとりに。

    投票期間は終了しました

  • 西川 周作 -  Shusaku NISHIKAWA
    浦和西川 周作

    日本代表の守護神も務める浦和の砦。リーグ最少失点の堅守を導き、正確なキックでも観衆を魅了した。

    投票期間は終了しました

  • 加藤 順大 -  Nobuhiro KATO
    大宮加藤 順大

    上背はないが鋭い反射神経を武器にビッグセーブを連発。9月に負傷し、そのまま復帰できなかった。

    投票期間は終了しました

  • 中村 航輔 -  Kosuke NAKAMURA
    中村 航輔

    福岡から復帰し、守護神の座を確保。鋭いセービングと正確なフィードを武器に、最後方から柏を支え続けた。

    投票期間は終了しました

  • 秋元 陽太 -  Yota AKIMOTO
    FC東京秋元 陽太

    湘南から加入し、守護神の座を奪う。反射神経に優れ、1対1の対応にも強さを発揮。全試合にフル出場を果たした。

    投票期間は終了しました

  • チョン ソンリョン -  JUNG Sung Ryong
    川崎Fチョン ソンリョン

    川崎Fに守備の安定性をもたらした新守護神。鋭いセービングと守備範囲の広さを武器に美技を連発した。

    投票期間は終了しました

  • 榎本 哲也 -  Tetsuya ENOMOTO
    横浜FM榎本 哲也

    昨季はポジションを失ったが今季は再び守護神の座に返り咲く。安定したセーブで横浜FMの堅守を支えた。

    投票期間は終了しました

  • 村山 智彦 -  Tomohiko MURAYAMA
    湘南村山 智彦

    秋元の後釜として松本から加入。押し込まれる試合が多いなかでも奮闘したが、2年連続で降格を味わった。

    投票期間は終了しました

  • 河田 晃兵 -  Kohei KAWATA
    甲府河田 晃兵

    押し込まれる試合が多かった中でも、気持ちのこもったセービングで多くのピンチを防ぎ、残留に貢献。

    投票期間は終了しました

  • 守田 達弥 -  Tatsuya MORITA
    新潟守田 達弥

    残留争いを強いられる苦しい戦いの中、再三の決定機阻止で奮闘。新潟の最後の砦として存在感を放った。

    投票期間は終了しました

  • カミンスキー -  KAMINSKI
    磐田カミンスキー

    磐田のゴールマウスに君臨するポーランド出身の守護神。好セーブを連発することから「神ンスキー」の愛称も。

    投票期間は終了しました

  • 楢﨑 正剛 -  Seigo NARAZAKI
    名古屋楢﨑 正剛

    在籍18年目を迎えたチームの顔。苦しいシーズンを過ごすなか、チームを救うパフォーマンスを示せなかった。

    投票期間は終了しました

  • 東口 順昭 -  Masaaki HIGASHIGUCHI
    G大阪東口 順昭

    圧巻のシュートストップを見せるG大阪の守り神。手足の長さを生かしたセービングで今季も多くのピンチを救った。

    投票期間は終了しました

  • キム スンギュ -  KIM Seung Gyu
    神戸キム スンギュ

    韓国代表でも正GKを務める実力派。初参戦のJリーグでもその能力は際立ち、神戸の快進撃を最後方から支えた。

    投票期間は終了しました

  • 林 卓人 -  Takuto HAYASHI
    広島林 卓人

    恵まれた体躯を生かしたシュートストップに特長。広島サッカーに求められるビルドアップは向上したが、今季は不用意な失点も目に付いた。

    投票期間は終了しました

  • イ ボムヨン -  LEE Bum Young
    福岡イ ボムヨン

    身長194センチと高さを誇る福岡の守護神。押し込まれる展開が多く失点も多かったが、彼のセーブで救われた試合も少なくなかった。

    投票期間は終了しました

  • 林 彰洋 -  Akihiro HAYASHI
    鳥栖林 彰洋

    195センチの身長を生かし、ハイボールに絶対な自信を持つ。俊敏性も備え、ビッグセーブを連発した。

    投票期間は終了しました

今シーズンのMVPだと思う選手を1人選んで投票してください

  • 石川 直樹 -  Naoki ISHIKAWA
    仙台石川 直樹

    守備力に長けた左サイドバック。シーズンを通して安定したプレーを続け、5月8日の福岡戦では決勝ゴールを奪取。

    投票期間は終了しました

  • 平岡 康裕 -  Yasuhiro HIRAOKA
    仙台平岡 康裕

    清水から期限付き移籍で加わり、CBのポジションを掴む。安定した守りで仙台の守備を引き締め、来季から完全移籍に移行。

    投票期間は終了しました

  • 渡部 博文 -  Hirofumi WATANABE
    仙台渡部 博文

    対人プレーの強さに加え、カバーリングも的確。得点力の高さも示し、CBとしての総合力の高さを示した。

    投票期間は終了しました

  • 大岩 一貴 -  Kazuki OIWA
    仙台大岩 一貴

    サイドバックとCBをこなすユーティリティ。守備に安定をもたらしつつ、攻撃力の高さも示した。

    投票期間は終了しました

  • 西 大伍 -  Daigo NISHI
    鹿島西 大伍

    しなやかさと力強さを兼ね備える不動のサイドバック。リーダーシップを発揮し、鹿島に優勝をもたらした。

    投票期間は終了しました

  • 山本 脩斗 -  Shuto YAMAMOTO
    鹿島山本 脩斗

    献身的な守備に加え、攻撃センスも備える左サイドバック。空中戦に強く、得点能力の高さも光った。

    投票期間は終了しました

  • 昌子 源 -  Gen SHOJI
    鹿島昌子 源

    鹿島の堅守を生み出したディフェンスリーダー。浦和を撃破したCS決勝でのパフォーマンスは圧巻だった。

    投票期間は終了しました

  • 植田 直通 -  Naomichi UEDA
    鹿島植田 直通

    日本人離れしたフィジカルを備える若きCB。リオ五輪では活躍も、チームでは出場機会が減少し消化不良のシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 森脇 良太 -  Ryota MORIWAKI
    浦和森脇 良太

    浦和の3バックの右を担い1対1の強さに加え、果敢な攻撃参加でも貢献。チーム随一のいじられ役。

    投票期間は終了しました

  • 槙野 智章 -  Tomoaki MAKINO
    浦和槙野 智章

    持ち前の攻撃力を封印し、守備に重きを置いた今季は抜群の安定感を示して浦和の堅守構築に尽力。CSでは決勝PKを献上し、悲劇の主人公に。

    投票期間は終了しました

  • 遠藤 航 -  Wataru ENDO
    浦和遠藤 航

    リオ五輪では主将を務め、移籍1年目の浦和では3バックのセンターを担い、リーグ最高の堅守を実現。

    投票期間は終了しました

  • 河本 裕之 -  Hiroyuki KOMOTO
    大宮河本 裕之

    対人の強さとカバーリングの上手さが光るCB。コンビを組む菊地とともにリーグ3位の堅守を支えた。

    投票期間は終了しました

  • 大屋 翼 -  Tsubasa OYA
    大宮大屋 翼

    沼田の負傷を受けて、シーズン終盤に左サイドバックとしてプレー機会を増やす。果敢な攻め上がりで攻撃に厚みをもたらす。

    投票期間は終了しました

  • 菊地 光将 -  Kosuke KIKUCHI
    大宮菊地 光将

    大宮の最終ラインに君臨する統率力に優れたCB。キャプテンも務め、昇格1年目のチームの躍進を引き出した。

    投票期間は終了しました

  • 和田 拓也 -  Takuya WADA
    大宮和田 拓也

    ボランチが本職だが、今季は左右のサイドバックとしてプレー。粘り強い守備と安定したビルドアップで貢献した。

    投票期間は終了しました

  • 奥井 諒 -  Ryo OKUI
    大宮奥井 諒

    移籍1年目の大宮ですぐさまレギュラーポジションを確保。攻撃的サイドバックとして存在感を放った。

    投票期間は終了しました

  • 沼田 圭悟 -  Keigo NUMATA
    大宮沼田 圭悟

    今季加入した左利きのサイドバック。1stステージはレギュラーも2ndステージでは怪我もあり出場機会が減少した。

    投票期間は終了しました

  • 増嶋 竜也 -  Tatsuya MASUSHIMA
    増嶋 竜也

    怪我からの復活を期したシーズンは序盤こそピッチに立つも、若手の台頭により次第にポジションを失った。

    投票期間は終了しました

  • 輪湖 直樹 -  Naoki WAKO
    輪湖 直樹

    果敢な攻撃参加が持ち味で、左サイドからチャンスメイクをこなす。守備力も備わり安定感を高めた。

    投票期間は終了しました

  • 中谷 進之介 -  Shinnosuke NAKATANI
    中谷 進之介

    中山とともに柏の最終ラインを支えた20歳のCB。力強い対応と正確なつなぎを武器に、チームに不可欠な存在に。

    投票期間は終了しました

  • 中山 雄太 -  Yuta NAKAYAMA
    中山 雄太

    今季飛躍的な成長を遂げた若手CB。落ち着いた対応と正確なビルドアップが光り、U-19日本代表としても活躍した。

    投票期間は終了しました

  • 徳永 悠平 -  Yuhei TOKUNAGA
    FC東京徳永 悠平

    両サイドをこなすパワフルなサイドバック。今季も安定感抜群のプレーで、FC東京の守備を支えた。

    投票期間は終了しました

  • 森重 真人 -  Masato MORISHIGE
    FC東京森重 真人

    日本代表でもレギュラーを務めるFC東京の守備の要。波のあったチームの中で、常に及第点以上のプレーを見せた。

    投票期間は終了しました

  • 丸山 祐市 -  Yuichi MARUYAMA
    FC東京丸山 祐市

    もともと備えていた守備能力の高さに経験が加わり、不動のCBに成長。日本代表にも定着し、充実のシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 小川 諒也 -  Ryoya OGAWA
    FC東京小川 諒也

    正確な左足と豊富な運動量を備えるスケールの大きなサイドバック。ブレイクの予感を漂わせるも、次第にトーンダウン。

    投票期間は終了しました

  • 武岡 優斗 -  Yuto TAKEOKA
    川崎F武岡 優斗

    最終ラインならどこでもこなす守備のユーティリティ。貴重なバックアッパーとしてベンチに控えたが、シーズン終盤は負傷離脱。

    投票期間は終了しました

  • エドゥアルド -  EDUARDO
    川崎Fエドゥアルド

    来日4年目で4チーム目の所属となった川崎Fでも堅実な守備は健在。23歳と若いが経験値は高い。

    投票期間は終了しました

  • 車屋 紳太郎 -  Shintaro KURUMAYA
    川崎F車屋 紳太郎

    CB、サイドバックと様々な役割をこなす。7月30日の湘南戦では見事なドリブル突破からゴールを決めた。

    投票期間は終了しました

  • エウシーニョ -  ELSINHO
    川崎Fエウシーニョ

    豊富な運動量を備えたサイドアタッカー。攻守両面に幅広く貢献する。気づけばロン毛キャラに。

    投票期間は終了しました

  • 中澤 佑二 -  Yuji NAKAZAWA
    横浜FM中澤 佑二

    38歳となった今季も衰えを感じさせず、力強い守備でチームをけん引。全試合にフル出場を果たした。

    投票期間は終了しました

  • 小林 祐三 -  Yuzo KOBAYASHI
    横浜FM小林 祐三

    安定した守備力と、気を見た攻撃参加が冴えるベテランサイドバック。不動の存在としてピッチに立ち続けた。

    投票期間は終了しました

  • 金井 貢史 -  Takashi KANAI
    横浜FM金井 貢史

    左右のサイドバックとボランチをこなす守備のユーティリティ。4年ぶりに復帰し、その万能性を示した。

    投票期間は終了しました

  • ファビオ -  FABIO
    横浜FMファビオ

    地域リーグからのし上がり、名門クラブのレギュラーCBに。怪我により今季終盤を棒に振った。

    投票期間は終了しました

  • アンドレ バイア -  ANDRE BAHIA
    湘南アンドレ バイア

    3バックの中央に君臨する湘南の守備の要。対人の強さを生かし局面の争いを制するとともに打点の高いヘッドで得点も。

    投票期間は終了しました

  • 島村 毅 -  Tsuyoshi SHIMAMURA
    湘南島村 毅

    出場機会は決して多くなかったが、高さと強さを生かした守備で貢献。果敢な攻め上がりもチームの武器に。

    投票期間は終了しました

  • 岡本 拓也 -  Takuya OKAMOTO
    湘南岡本 拓也

    今季レギュラーの座をつかみ取った攻撃力を備えたCB。チームは降格も、自身の評価を高める1年に。

    投票期間は終了しました

  • 三竿 雄斗 -  Yuto MISAO
    湘南三竿 雄斗

    安定した守りが持ち味のCB。精度の高い左足キックも魅力で10月29日の甲府戦で見事なFK弾を決める。

    投票期間は終了しました

  • 土屋 征夫 -  Yukio TSUCHIYA
    甲府土屋 征夫

    42歳のベテランCB。2ndステージに入り出場機会を増やし、残留争いに巻き込まれた終盤でも落ち着き払ったプレーでチームをけん引。

    投票期間は終了しました

  • 山本 英臣 -  Hideomi YAMAMOTO
    甲府山本 英臣

    甲府の最終ラインに君臨する不動のキャプテン。見事な統率力を発揮し、シーズン終盤の苦境を乗り越えた。

    投票期間は終了しました

  • 津田 琢磨 -  Takuma TSUDA
    甲府津田 琢磨

    安定した守備が持ち味のベテランCB。残留争いに巻き込まれたシーズン終盤、その経験値が役立った。

    投票期間は終了しました

  • 松橋 優 -  Masaru MATSUHASHI
    甲府松橋 優

    鋭いドリブル突破が魅力のサイドバック。一時怪我で離脱もシーズン終盤に復帰し、残留に貢献した。

    投票期間は終了しました

  • 橋爪 勇樹 -  Yuki HASHIZUME
    甲府橋爪 勇樹

    もともとFWだったこともあり攻撃センスは高い。主戦がウイングバックだが、最終ラインやシャドーにも対応。

    投票期間は終了しました

  • 大野 和成 -  Kazunari ONO
    新潟大野 和成

    不動のCBとして開幕からピッチに立ち続けたものの、8月27日の鳥栖戦で負傷して離脱。悔しいしシーズンとなった。

    投票期間は終了しました

  • 舞行龍ジェームズ -  MICHAEL JAMES
    新潟舞行龍ジェームズ

    負傷のために出遅れたものの、1stステージ中盤以降は主力としてプレー。力強い守備だけでなく巧みなビルドアップでリズムを生んだ。

    投票期間は終了しました

  • 松原 健 -  Ken MATSUBARA
    新潟松原 健

    若くして日本代表に選ばれた経験もあるスケールの大きなサイドバック。怪我に苦しんだが夏場以降はレギュラーの座を掴んだ。

    投票期間は終了しました

  • コルテース -  CORTEZ
    新潟コルテース

    元ブラジル代表の攻撃的な左サイドバック。アグレッシブなプレー同様に、ドレッドヘアにも注目が集まる。

    投票期間は終了しました

  • 大井 健太郎 -  Kentaro OI
    磐田大井 健太郎

    今季復帰した頼れるCB。シーズン終盤に負傷離脱もラスト3試合で復帰し、魂のプレーで残留に導く。

    投票期間は終了しました

  • 森下 俊 -  Shun MORISHITA
    磐田森下 俊

    スピードに優れる左利きのCB。的確なカバーリングでピンチを食い止め、安定したビルドアップで起点も担った。

    投票期間は終了しました

  • 藤田 義明 -  Yoshiaki FUJITA
    磐田藤田 義明

    高さと強さを兼備し、的確なビルドアップで攻撃の起点も担う。やや安定感を欠いた今季は出場機会が減少。

    投票期間は終了しました

  • 中村 太亮 -  Taisuke NAKAMURA
    磐田中村 太亮

    移籍1年目ながらポジションを掴み、精度の高い左足を武器にサイドで躍動。守備の貢献度も高かった。

    投票期間は終了しました

  • 櫻内 渚 -  Nagisa SAKURAUCHI
    磐田櫻内 渚

    スタミナに自信を持つサイドバック。CBとしてもプレー可能な万能型だが、2ndステージはベンチを温める機会が増えた。

    投票期間は終了しました

  • 安田 理大 -  Michihiro YASUDA
    名古屋安田 理大

    果敢な攻撃参加が売りのサイドバック。明るい性格でムードメーカー役も担う。歯に衣着せぬ発言で話題を振りまく。

    投票期間は終了しました

  • 竹内 彬 -  Akira TAKEUCHI
    名古屋竹内 彬

    4月2日のFC東京戦で、J1初ゴールをマーク。シーズンを通してCBとして奮闘したが、名古屋を残留に導けなかった。

    投票期間は終了しました

  • 古林 将太 -  Shota KOBAYASHI
    名古屋古林 将太

    アグレッシブなプレーでサイド攻撃を活性化。移籍1年目ながら、欠かせぬ戦力であることを証明した。

    投票期間は終了しました

  • 大武 峻 -  Shun OBU
    名古屋大武 峻

    圧倒的な高さを誇るCB。飛躍を期した2年目は出場機会こそ増やしたものの、低迷するチームにおいて自身も結果を出せなかった。

    投票期間は終了しました

  • 今野 泰幸 -  Yasuyuki KONNO
    G大阪今野 泰幸

    状態が万全ではない時期もあり、今季は絶対的な存在とはなりえなかったがボランチ、CBと様々な役回りをハイレベルにこなした。

    投票期間は終了しました

  • 丹羽 大輝 -  Daiki NIWA
    G大阪丹羽 大輝

    1対1の強さとリーダーシップを兼備するG大阪の守備の要。身体を張った対応で今季も幾多の危機を救った。

    投票期間は終了しました

  • 米倉 恒貴 -  Koki YONEKURA
    G大阪米倉 恒貴

    1stステージは出場機会に見舞われなかったが、2ndステージではポジションを奪回し、持ち前の攻撃センスの高さを披露した。

    投票期間は終了しました

  • オ ジェソク -  OH Jae Suk
    G大阪オ ジェソク

    韓国代表にも名を連ねる守備力に長けたサイドバック。両サイドをこなせる汎用性の高さが魅力。

    投票期間は終了しました

  • 藤春 廣輝 -  Hiroki FUJIHARU
    G大阪藤春 廣輝

    圧倒的なスピードをいかした攻め上がりが最大の魅力。オーバーエイジとしてリオ五輪にも出場した。

    投票期間は終了しました

  • 金 正也 -  KIM Jungya
    G大阪金 正也

    岩下の負傷もあり、コンスタントに出場機会を得る。キャリアハイのシーズンを過ごし、飛躍の1年に。

    投票期間は終了しました

  • 相馬 崇人 -  Takahito SOMA
    神戸相馬 崇人

    シーズン序盤はレギュラーも、橋本の加入により2ndステージは出場機会が激減。今季限りでの引退を表明した。

    投票期間は終了しました

  • 伊野波 雅彦 -  Masahiko INOHA
    神戸伊野波 雅彦

    最終ラインならどこでもこなす万能性が売り。ブラジルW杯戦士の名に恥じぬ安定したプレーで神戸の守備を支えた。

    投票期間は終了しました

  • 高橋 峻希 -  Shunki TAKAHASHI
    神戸高橋 峻希

    不動の右サイドバックとして全試合にフル出場。衰え知らずの運動量を生かし、攻守両面で奮闘した。

    投票期間は終了しました

  • 岩波 拓也 -  Takuya IWANAMI
    神戸岩波 拓也

    怪我の影響もありリオ五輪では出番なし。その悔しさをバネに2ndステージでは神戸の躍進を支えた。

    投票期間は終了しました

  • 水本 裕貴 -  Hiroki MIZUMOTO
    広島水本 裕貴

    怪我で長期離脱する苦しいシーズンに。シーズン終盤は復調し、持ち前の対人プレーの強さを発揮した。

    投票期間は終了しました

  • 千葉 和彦 -  Kazuhiko CHIBA
    広島千葉 和彦

    最終ラインに怪我人が続出するなか孤軍奮闘も、シーズン終盤にドーピングの疑いが浮上し、ピッチに立つことが叶わなかった。

    投票期間は終了しました

  • 塩谷 司 -  Tsukasa SHIOTANI
    広島塩谷 司

    リオ五輪にオーバーエイジとして参加した攻撃的CB。9月17日の鳥栖戦で観衆の度肝を抜く強烈なロングシュートを叩き込んだ。

    投票期間は終了しました

  • 濱田 水輝 -  Mizuki HAMADA
    福岡濱田 水輝

    2ndステージから出場機会を増やし第3節のFC東京戦では決勝ゴールを奪取。降格したチームにおいて守備の安定を図れなかった。

    投票期間は終了しました

  • 實藤 友紀 -  Yuki SANETO
    福岡實藤 友紀

    川崎Fから加入した守備のユーティリティ。CBとサイドバックでプレーしたが、定位置確保には至らなかった。

    投票期間は終了しました

  • 亀川 諒史 -  Masashi KAMEKAWA
    福岡亀川 諒史

    両サイドをこなす汎用性の高いサイドバック。労を惜しまずアップダウンを繰り返す献身性が最大の長所。

    投票期間は終了しました

  • キム ヒョヌン -  KIM Hyun Hun
    福岡キム ヒョヌン

    千葉から完全移籍で加入し、初のJ1の舞台で奮闘。フィジカルとスピードを生かした守備が持ち味。

    投票期間は終了しました

  • 吉田 豊 -  Yutaka YOSHIDA
    鳥栖吉田 豊

    鳥栖の“左”を支える不動のサイドバック。衰え知らずの運動を武器に攻守に大きく貢献。今季のJリーグ優秀選手に選出された。

    投票期間は終了しました

  • 藤田 優人 -  Masato FUJITA
    鳥栖藤田 優人

    柏から加入したハードワーカー。豊富な運動量と粘り強い守備で鳥栖の最終ラインに安定感をもたらした。

    投票期間は終了しました

  • キム ミンヒョク -  KIM Min Hyeok
    鳥栖キム ミンヒョク

    鳥栖の最終ラインに君臨し、すでに3年。1対1の強さに定評も、その熱さが裏目に出ることも。

    投票期間は終了しました

今シーズンのMVPだと思う選手を1人選んで投票してください

  • 野沢 拓也 -  Takuya NOZAWA
    仙台野沢 拓也

    卓越した技術を備えたテクニカルなアタッカー。2ndステージは怪我に悩まされ、ほとんどピッチに立てなかった。

    投票期間は終了しました

  • 梁 勇基 -  RYANG Yong Gi
    仙台梁 勇基

    仙台の浮沈のカギを握る存在。1stステージは怪我に悩まされるも、2ndステージでは卓越した技術を生かして攻撃をリードした。

    投票期間は終了しました

  • 富田 晋伍 -  Shingo TOMITA
    仙台富田 晋伍

    中盤の底に君臨する仙台の頼れる主将。抜群の読みと鋭い寄せでボール奪取を繰り返し、素早く切り替え攻撃の起点も担った。

    投票期間は終了しました

  • 奥埜 博亮 -  Hiroaki OKUNO
    仙台奥埜 博亮

    高い技術を豊富な運動量を備える仙台の攻撃軸。8月6日の鹿島戦での決勝ゴールなど印象に残る活躍を見せた。

    投票期間は終了しました

  • 藤村 慶太 -  Keita FUJIMURA
    仙台藤村 慶太

    プロ5年目を迎えた今季ようやくブレイク。ボランチのみならず左サイドバックをこなすなど万能性を発揮した。

    投票期間は終了しました

  • 三田 啓貴 -  Hirotaka MITA
    仙台三田 啓貴

    高いテクニックを生かして攻撃のリズムを生み出し、自らも果敢にゴール前に顔を出す。移籍1年目で欠かせぬ戦力に。

    投票期間は終了しました

  • ハモン ロペス -  RAMON LOPES
    仙台ハモン ロペス

    夏場以降に調子を上げ得点を量産。打点の高いヘッドと、相手の意表を突くトリッキーなプレーで魅了。

    投票期間は終了しました

  • 小笠原 満男 -  Mitsuo OGASAWARA
    鹿島小笠原 満男

    鹿島に8度目のリーグタイトルをもたらした闘将。攻守両面で絶大な存在感を放ち、魂のプレーでチームをけん引した。

    投票期間は終了しました

  • 金崎 夢生 -  Mu KANAZAKI
    鹿島金崎 夢生

    CSでの活躍も記憶に新しい鹿島のエース。指揮官との確執も表面化したが、最後に大仕事をやってのけた。

    投票期間は終了しました

  • 遠藤 康 -  Yasushi ENDO
    鹿島遠藤 康

    正確かつ強烈な左足を誇る鹿島生え抜きの28歳。CS決勝第2戦では金崎の同点ゴールを“右足”でアシストした。

    投票期間は終了しました

  • 中村 充孝 -  Atsutaka NAKAMURA
    鹿島中村 充孝

    シーズン序盤はレギュラーを務めたが次第にトーンダウン。本来持つ高い攻撃能力を発揮しきれなかった。

    投票期間は終了しました

  • 永木 亮太 -  Ryota NAGAKI
    鹿島永木 亮太

    1stステージではベンチを温める機会が多かったものの、2ndステージでレギュラーに定着。ボール奪取能力に優れ、日本代表入りを果たした。

    投票期間は終了しました

  • 土居 聖真 -  Shoma DOI
    鹿島土居 聖真

    巧みなドリブルと裏に飛び出す技術に長けチーム2位となる8得点を記録。前線からの守備でも貢献した。

    投票期間は終了しました

  • 柴崎 岳 -  Gaku SHIBASAKI
    鹿島柴崎 岳

    10番を背負った今季は、攻撃センスを生かすべく2列目での起用が増加。故障明けのCSでも能力の高さを示して優勝に貢献。

    投票期間は終了しました

  • 阿部 勇樹 -  Yuki ABE
    浦和阿部 勇樹

    絶大な存在感を放つ浦和のバンディエラ。CS決勝第1戦で勝利に導くゴールを奪うも、移籍10年目でのリーグタイトルを目前で逃した。

    投票期間は終了しました

  • 梅崎 司 -  Tsukasa UMESAKI
    浦和梅崎 司

    試合途中からピッチに立ち流れを変える役割を担ったが、8月31日のルヴァンカップ準々決勝でで左膝前十字靭帯損傷。シーズンを棒に振った。

    投票期間は終了しました

  • 柏木 陽介 -  Yosuke KASHIWAGI
    浦和柏木 陽介

    司令塔として浦和の攻撃の全権を握った。守備意識も向上し日本代表にも復帰。CSでは力を発揮できなかった。

    投票期間は終了しました

  • 青木 拓矢 -  Takuya AOKI
    浦和青木 拓矢

    レギュラー奪取とはならなかったが、試合途中からピッチに立ち、逃げ切り要員として重要な任務をこなした。

    投票期間は終了しました

  • 宇賀神 友弥 -  Tomoya UGAJIN
    浦和宇賀神 友弥

    果敢な攻撃参加でゴールに迫るウイングバック。3バックの一角を担うなど、守備での貢献度も高かった。

    投票期間は終了しました

  • 駒井 善成 -  Yoshiaki KOMAI
    浦和駒井 善成

    プレーに波はあったものの、勢いに乗った際のドリブルは誰にも止められない。浦和のチーム力を高める存在に。

    投票期間は終了しました

  • 関根 貴大 -  Takahiro SEKINE
    浦和関根 貴大

    3年目の今季もフル稼働。積極果敢なドリブル突破でサイドを切り裂き、浦和に多くの歓喜をもたらした。

    投票期間は終了しました

  • 金澤 慎 -  Shin KANAZAWA
    大宮金澤 慎

    在籍13年目を迎えた大宮の最古参。危機察知能力が高く、果敢なボール奪取で最終ラインの負担を減らした。

    投票期間は終了しました

  • 家長 昭博 -  Akihiro IENAGA
    大宮家長 昭博

    大宮の躍進を生み出した絶対的エース。神出鬼没のポジショニングでキャリアハイの11ゴールをマーク。

    投票期間は終了しました

  • 横谷 繁 -  Shigeru YOKOTANI
    大宮横谷 繁

    高い攻撃性と積極性を兼備し、中盤のあらゆるエリアでプレーできるマルチロール。プレースキックの精度も高い。

    投票期間は終了しました

  • 横山 知伸 -  Tomonobu YOKOYAMA
    大宮横山 知伸

    広範囲をカバーし、ピンチを未然に食い止めるいぶし銀のボランチ。高さもありCBでのプレーも可能。

    投票期間は終了しました

  • 岩上 祐三 -  Yuzo IWAKAMI
    大宮岩上 祐三

    松本から加入し背番号10を背負う。豊富な運動量で中盤を引き締めるも、シーズン終盤は出場機会が減少。

    投票期間は終了しました

  • ネイツ ペチュニク -  NEJC PECNIK
    大宮ネイツ ペチュニク

    千葉から加入したパワフルなアタッカー。期待された得点力を披露できず、不本意なシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 泉澤 仁 -  Jin IZUMISAWA
    大宮泉澤 仁

    小気味よいドリブルで大宮の攻撃を活性化。2ndステージはレギュラーに定着し、チームの躍進を支えた。

    投票期間は終了しました

  • マテウス -  MATEUS
    大宮マテウス

    粗削りながら特大のポテンシャルを秘める左利きのドリブラー。スーパーサブとして流れを変える役割を担った。

    投票期間は終了しました

  • 江坂 任 -  Ataru ESAKA
    大宮江坂 任

    積極果敢なプレーが持ち味のイケメンアタッカー。初のJ1でも物怖じせず、家長に次ぐ得点源となった。

    投票期間は終了しました

  • 大谷 秀和 -  Hidekazu OTANI
    大谷 秀和

    負傷により戦列を離れる時期もあったが、経験豊富な精神的支柱で、若手の多いチームを見事にけん引した。

    投票期間は終了しました

  • 栗澤 僚一 -  Ryoichi KURISAWA
    栗澤 僚一

    若手台頭のあおりを受けながらも、コンスタントにピッチに立ち、安定したプレーで手本を示した。

    投票期間は終了しました

  • 武富 孝介 -  Kosuke TAKETOMI
    武富 孝介

    主に左サイドハーフとしてピッチに立ち、チャンスメイクに奔走。自信も昨季を上回る3ゴールを記録した。

    投票期間は終了しました

  • 茨田 陽生 -  Akimi BARADA
    茨田 陽生

    卓越したパスワークで攻撃を操る司令塔。本職はボランチながら今季は右サイドバックとしての出場が増加。

    投票期間は終了しました

  • 秋野 央樹 -  Hiroki AKINO
    秋野 央樹

    左足から繰り出される正確なパスで攻撃を操るプレーメーカー。22歳ながらキャプテンマークを巻く試合も。

    投票期間は終了しました

  • 小林 祐介 -  Yusuke KOBAYASHI
    小林 祐介

    小柄ながらも対人プレーに強さを示し、シーズン終盤はレギュラーに定着。柏の世代交代を象徴するひとり。

    投票期間は終了しました

  • 中川 寛斗 -  Hiroto NAKAGAWA
    中川 寛斗

    身長155センチの小柄なアタッカー。テクニックと俊敏性に優れ、神出鬼没な動きで相手守備陣を混乱に陥れる。

    投票期間は終了しました

  • 水沼 宏太 -  Kota MIZUNUMA
    FC東京水沼 宏太

    トップとU-23チームを行き来する苦しいシーズンも、10月29日の仙台戦で決勝点を奪い存在をアピール。

    投票期間は終了しました

  • 河野 広貴 -  Hiroki KAWANO
    FC東京河野 広貴

    監督が代わっても評価は揺るがずシーズンを通して主力として稼働。湘南戦で決めたミドルが9月の月間ベストゴールに。

    投票期間は終了しました

  • 米本 拓司 -  Takuji YONEMOTO
    FC東京米本 拓司

    驚異のボール奪取能力を示し、FC東京の中盤を支えてきたが、7月23日の川崎F戦でまたしても大怪我を負った。

    投票期間は終了しました

  • 高橋 秀人 -  Hideto TAKAHASHI
    FC東京高橋 秀人

    戦術眼に長けたクレバーなボランチ。若手の台頭もあり出場機会は減少し、U-23チームでプレーすることも。

    投票期間は終了しました

  • 東 慶悟 -  Keigo HIGASHI
    FC東京東 慶悟

    トップ下を主戦場とし、献身的な動きで攻守両面で存在感。わずか2得点に終わったゴールの数は物足りなかった。

    投票期間は終了しました

  • 田邉 草民 -  Sotan TANABE
    FC東京田邉 草民

    攻撃的なポジションを得意とするが、今季はセンターハーフとして出場機会を増やし、2ndステージではレギュラーに定着した。

    投票期間は終了しました

  • 橋本 拳人 -  Kento HASHIMOTO
    FC東京橋本 拳人

    今季ブレイクを果たした若手のひとり。ボール奪取能力に長けたセンターハーフでサイドバックとしてもプレー。

    投票期間は終了しました

  • 中村 憲剛 -  Kengo NAKAMURA
    川崎F中村 憲剛

    名実ともに日本を代表するコンダクター。今季は2列目でのプレーが増え、多くの得点機に絡み、川崎FのCS進出に貢献。

    投票期間は終了しました

  • 田坂 祐介 -  Yusuke TASAKA
    川崎F田坂 祐介

    中盤が本職ながら、サイドバックやCBとしてプレー。怪我人が続出した川崎Fにとってその万能ぶりが重宝された。

    投票期間は終了しました

  • 森谷 賢太郎 -  Kentaro MORIYA
    川崎F森谷 賢太郎

    中盤から前であればどこでもこなすマルチロール。今季は途中出場から結果を残す勝負強さを示した。

    投票期間は終了しました

  • 大島 僚太 -  Ryota OSHIMA
    川崎F大島 僚太

    10番を託された今季、大きく成長。リオ五輪、日本代表とステップアップを果たすも、負傷によりCSには出場できなかった。

    投票期間は終了しました

  • 谷口 彰悟 -  Shogo TANIGUCHI
    川崎F谷口 彰悟

    守備的ポジションならどこでもこなす万能型だが、今季は主にCBとしてプレー。強さと安定感を増し、チームの躍進に貢献。

    投票期間は終了しました

  • エドゥアルド ネット -  EDUARDO NETO
    川崎Fエドゥアルド ネット

    展開力と守備力を兼備したスケールの大きなボランチ。ボール奪取能力が高く、川崎Fの守備力を向上させた。

    投票期間は終了しました

  • 中村 俊輔 -  Shunsuke NAKAMURA
    横浜FM中村 俊輔

    確かな足技は健在で、4月2日のG大阪戦では見事なFKを突き刺した。しかし故障が長引き、8月以降はピッチに立てず。

    投票期間は終了しました

  • 中町 公祐 -  Kosuke NAKAMACHI
    横浜FM中町 公祐

    出場機会に見舞われなかった昨季の悔しさをバネに、今季は見事に復活。バランスをとるだけでなく得点機にも数多く関与した。

    投票期間は終了しました

  • 齋藤 学 -  Manabu SAITO
    横浜FM齋藤 学

    切れ味鋭いドリブルに加え、ゴールに向かう意識が高まり、横浜FMの絶対的な攻撃軸に成長を遂げた。

    投票期間は終了しました

  • 兵藤 慎剛 -  Shingo HYODO
    横浜FM兵藤 慎剛

    わずか18試合の出場に止まる不遇のシーズンに。それでもピッチに立てば、及第点のプレーを見せた。

    投票期間は終了しました

  • 喜田 拓也 -  Takuya KIDA
    横浜FM喜田 拓也

    アグレッシブな守備と安定したビルドアップが持ち味。レギュラーに定着し、横浜FMの中盤を支える。

    投票期間は終了しました

  • 遠藤 渓太 -  Keita ENDO
    横浜FM遠藤 渓太

    高速ドリブルを武器とする若きアタッカー。ルーキーながらも着実に経験を積み、実力の片りんを見せつけた。

    投票期間は終了しました

  • マルティノス -  MARTINUS
    横浜FMマルティノス

    キュラソー出身の高速ドリブラー。ゴールこそ少なかったものの大事な場面で結果を残す勝負強さが光る。

    投票期間は終了しました

  • 藤田 征也 -  Seiya FUJITA
    湘南藤田 征也

    圧巻の運動量と切れ味鋭いドリブルで右サイドを切り崩す。パフォーマンスに波がありコンスタントに活躍できず。

    投票期間は終了しました

  • 長谷川 アーリアジャスール -  Ariajasuru HASEGAWA
    湘南長谷川 アーリアジャスール

    縦に早い湘南スタイルにフィットしきれなかったが、高い技術とキープ力を生かして前線で違いを生み出した。

    投票期間は終了しました

  • 菊池 大介 -  Daisuke KIKUCHI
    湘南菊池 大介

    左サイドで存在感を放つ湘南のナンバー10。力強いドリブル突破と粘り強い守備はチームに不可欠だ。

    投票期間は終了しました

  • 奈良輪 雄太 -  Yuta NARAWA
    湘南奈良輪 雄太

    横浜FMから完全移籍で加入。両サイドをこなす汎用性の高さを示し、主に守備面で力を発揮した。

    投票期間は終了しました

  • 下田 北斗 -  Hokuto SHIMODA
    湘南下田 北斗

    精度の高い左足キックで攻撃を操るプレーメーカー。移籍1年目でしっかりとポジションを確保した。

    投票期間は終了しました

  • 石川 俊輝 -  Toshiki ISHIKAWA
    湘南石川 俊輝

    3年目の今季、ボランチのレギュラーに定着。気の利いたポジショニングと正確なフィードを武器に、攻守両面で存在感を放つ。

    投票期間は終了しました

  • 保坂 一成 -  Kazunari HOSAKA
    甲府保坂 一成

    2ndステージ途中からボランチのポジションを掴み、粘り強い守備とシンプルなパスさばきで、チームに安定感をもたらした。

    投票期間は終了しました

  • 田中 佑昌 -  Yusuke TANAKA
    甲府田中 佑昌

    千葉から加入したサイドアタッカー。何度もスプリントを繰り返し、カウンターの起点として機能した。

    投票期間は終了しました

  • 黒木 聖仁 -  Masato KUROGI
    甲府黒木 聖仁

    長崎から加わり、すぐさまボランチのレギュラーを奪取。優れたバランス感覚を遺憾なく発揮したが、シーズン終盤は出場機会が減少。

    投票期間は終了しました

  • 新井 涼平 -  Ryohei ARAI
    甲府新井 涼平

    テクニックに優れたセントラルMF。精度の高いラストパスで甲府のカウンター攻撃を導き出した。

    投票期間は終了しました

  • 稲垣 祥 -  Sho INAGAKI
    甲府稲垣 祥

    シャドーとボランチをこなす甲府のキーマンのひとり。今季は得点能力が開花し、チームの残留に貢献。

    投票期間は終了しました

  • 成岡 翔 -  Sho NARUOKA
    新潟成岡 翔

    FWで起用されるなど様々な役回りをこなしたが、出場機会は決して多くなく、その能力を発揮できなかった。

    投票期間は終了しました

  • 伊藤 優汰 -  Yuta ITO
    新潟伊藤 優汰

    京都から加入し、湘南との開幕戦でいきなりゴールを奪う活躍。鋭いドリブルを武器とし、スーパーサブの立場を確立。

    投票期間は終了しました

  • 加藤 大 -  Masaru KATO
    新潟加藤 大

    豊富な運動量が持ち味の攻撃的MF。トラッキングデータの走行距離部門トップ10のうち6つを占めた。

    投票期間は終了しました

  • 小林 裕紀 -  Yuki KOBAYASHI
    新潟小林 裕紀

    ポジショニングと読みの鋭さが際立つクレバーなボランチ。卓越したパスワークで攻撃にリズムを生む。

    投票期間は終了しました

  • 野津田 岳人 -  Gakuto NOTSUDA
    新潟野津田 岳人

    出場機会を求めて新潟にレンタル移籍。ボランチで起用されるなど新境地を開拓したが、主力にはなり切れず。

    投票期間は終了しました

  • レオ シルバ -  LEO SILVA
    新潟レオ シルバ

    他チームの選手からも好評価を受ける高性能ボランチ。リーグ随一のボール奪取能力と展開力が光る。

    投票期間は終了しました

  • 小泉 慶 -  Kei KOIZUMI
    新潟小泉 慶

    ボランチ、サイドバック、サイドハーフと複数ポジションをこなすユーティリティ。継続的にピッチに立ち、存在感を高めるシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 太田 吉彰 -  Yoshiaki OTA
    磐田太田 吉彰

    33歳のベテランながら、シーズンを通してピッチに立ち続け、献身的にスプリントを繰り返して残留に大きく貢献した。

    投票期間は終了しました

  • 上田 康太 -  Kota UEDA
    磐田上田 康太

    卓越した左足を備えるプレーメーカー。今季最終節の仙台戦で鮮やかなFKを叩き込みチームを残留に導く。

    投票期間は終了しました

  • 山本 康裕 -  Kosuke YAMAMOTO
    磐田山本 康裕

    新潟から復帰し、チームの残留に貢献。ベンチスタートも少なくなかったが、献身性を示して中盤を引き締めた。

    投票期間は終了しました

  • 松浦 拓弥 -  Takuya MATSUURA
    磐田松浦 拓弥

    その多くが途中出場ながら、流れを変える貴重なジョーカーとして存在感。攻撃センスに加え献身性も備える。

    投票期間は終了しました

  • 宮崎 智彦 -  Tomohiko MIYAZAKI
    磐田宮崎 智彦

    左サイドバックが本職ながら、安定したビルドアップとバランス感覚が買われボランチとしてもプレー。名波監督からの信頼は厚い。

    投票期間は終了しました

  • 川辺 駿 -  Hayao KAWABE
    磐田川辺 駿

    広島からの期限付き移籍期間を延長し、磐田でプレー。小林が抜けた2ndステージはトップ下として奮闘。

    投票期間は終了しました

  • アダイウトン -  ADAILTON
    磐田アダイウトン

    強靭なフィジカルを武器とした高速アタッカー。向上心に溢れ、謙虚な姿勢を忘れないジェントルマン。

    投票期間は終了しました

  • 小川 佳純 -  Yoshizumi OGAWA
    名古屋小川 佳純

    名古屋の10番を背負う攻撃の主軸も、今季は求心力が低下し出場機会が激減。チームを残留に導けなかった。

    投票期間は終了しました

  • 田口 泰士 -  Taishi TAGUCHI
    名古屋田口 泰士

    キャプテンとしてチームをけん引し、5月21日の鹿島戦では豪快なミドルを決めるなどインパクトを示したが、残留という目標は達成できず。

    投票期間は終了しました

  • イ スンヒ -  LEE Seung Hee
    名古屋イ スンヒ

    加入1年目でレギュラーポジションを確保。衰え知らずの闘争心と、激しい守備が際立つ。

    投票期間は終了しました

  • 遠藤 保仁 -  Yasuhito ENDO
    G大阪遠藤 保仁

    誰もが認める日本最高の司令塔。今季はトップ下での起用が増え、MF登録選手では史上2人目となるJ1通算100ゴールを達成した。

    投票期間は終了しました

  • 倉田 秋 -  Shu KURATA
    G大阪倉田 秋

    得点数こそ物足りなかったものの、トップ下、サイド、ボランチと様々な役割をこなし指揮官の要求に応えた。

    投票期間は終了しました

  • 大森 晃太郎 -  Kotaro OMORI
    G大阪大森 晃太郎

    豊富な運動量をベースとしたサイドアタッカーとして攻守に貢献。宇佐美が移籍した2ndステージはスタメン出場を飛躍的に増やした。

    投票期間は終了しました

  • 阿部 浩之 -  Hiroyuki ABE
    G大阪阿部 浩之

    小気味よいドリブルと強烈なミドルを備えたアタッカー。献身性も併せ持ち攻守に幅広く貢献する。

    投票期間は終了しました

  • 井手口 陽介 -  Yosuke IDEGUCHI
    G大阪井手口 陽介

    今季大ブレイクした若きボランチ。リオ五輪に出場し、ルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞。ついに日本代表にまで上り詰めた。

    投票期間は終了しました

  • 三原 雅俊 -  Masatoshi MIHARA
    神戸三原 雅俊

    ハードワークとボール奪取能力にたけた守備的ボランチ。献身的な働きを示し、前線の破壊力を導き出した。

    投票期間は終了しました

  • 藤田 直之 -  Naoyuki FUJITA
    神戸藤田 直之

    鳥栖から加入したプレーメーカー。正確なフィードで攻撃を操り、圧巻のロングスローでも脅威を与える。

    投票期間は終了しました

  • 小林 成豪 -  Seigo KOBAYASHI
    神戸小林 成豪

    ルーキーながらもコンスタントに試合に絡み、2ndステージはスタメン出場も増加。指揮官からの評価を高めた。

    投票期間は終了しました

  • 森﨑 和幸 -  Kazuyuki MORISAKI
    広島森﨑 和幸

    “ドクトル”の異名をとる広島の頭脳。昨季までは不動の存在も、今季は丸谷の台頭を受けて、夏場以降は出場機会が激減した。

    投票期間は終了しました

  • 青山 敏弘 -  Toshihiro AOYAMA
    広島青山 敏弘

    昨季のリーグMVP。相手の厳しいマークに苦しみながらも、正確無比のロングフィードで多くのゴールを演出した。

    投票期間は終了しました

  • ミキッチ -  MIKIC
    広島ミキッチ

    2009年から所属するサイドアタッカー。36歳となった今季も高速ドリブルで右サイドを切り裂いた。

    投票期間は終了しました

  • 柴﨑 晃誠 -  Kosei SHIBASAKI
    広島柴﨑 晃誠

    全試合にスタメン出場し、キャリアハイとなる8得点をマーク。アシストも冴え、多くのゴールを演出した。

    投票期間は終了しました

  • 清水 航平 -  Kohei SHIMIZU
    広島清水 航平

    攻撃力が魅力のサイドアタッカーだが、チーム事情によりCBで起用されるなど守備面で大いに奮闘した。

    投票期間は終了しました

  • 丸谷 拓也 -  Takuya MARUTANI
    広島丸谷 拓也

    森﨑和からポジションを奪い、ボランチのレギュラーに。対人プレーが向上しボールを奪い取る技術も高まった。

    投票期間は終了しました

  • 柏 好文 -  Yoshifumi KASHIWA
    広島柏 好文

    卓越したドリブル突破で広島のサイド攻撃を活性化したが、優勝した昨季に比べれば貢献度は低かった。

    投票期間は終了しました

  • 茶島 雄介 -  Yusuke CHAJIMA
    広島茶島 雄介

    昨季ブレイクを果たし、今季のさらなる成長が期待されたが、インパクトのある活躍は示せなかった。

    投票期間は終了しました

  • 三門 雄大 -  Yuta MIKADO
    福岡三門 雄大

    2ndステージを前に横浜FMから完全移籍。ボランチを主戦とするが前からの守備をこなすトップ下としても機能。

    投票期間は終了しました

  • ダニルソン -  DANILSON
    福岡ダニルソン

    2010年の名古屋の優勝メンバー。移籍1年目の福岡でも屈強なフィジカルを生かして中盤に君臨。

    投票期間は終了しました

  • 末吉 隼也 -  Toshiya SUEYOSHI
    福岡末吉 隼也

    危機察知能力と展開力に優れたボランチ。攻守両面で重要な任務を担うも、2ndステージはサブに回った。

    投票期間は終了しました

  • 為田 大貴 -  Hirotaka TAMEDA
    福岡為田 大貴

    大分から加入し、主力としてプレー。8月24日の磐田戦で自身の誕生日を祝うJ1初ゴールを記録した。

    投票期間は終了しました

  • 谷口 博之 -  Hiroyuki TANIGUCHI
    鳥栖谷口 博之

    高さと強さを備えたボランチながらCBが主戦場に。セットプレーのターゲットとしても相手に脅威を与えた。

    投票期間は終了しました

  • 高橋 義希 -  Yoshiki TAKAHASHI
    鳥栖高橋 義希

    中盤の底に君臨する鳥栖のダイナモ。10月29日の横浜FM戦で記録した14.58kmの走行距離は今季のJ1最長記録。

    投票期間は終了しました

  • 早坂 良太 -  Ryota HAYASAKA
    鳥栖早坂 良太

    途中出場が多かったものの、2列目だけでなくFWもこなすマルチなスタイルは、指揮官の采配を大いに助けた。

    投票期間は終了しました

  • 金 民友 -  KIM Min Woo
    鳥栖金 民友

    10番を背負い、キャプテンも務める鳥栖の顔。兵役のため7年間過ごしたチームを今季限りで退団。

    投票期間は終了しました

  • 福田 晃斗 -  Akito FUKUTA
    鳥栖福田 晃斗

    2年目の今季飛躍を遂げたフィッカデンティ監督の秘蔵っ子。豊富な運動量とボール奪取能力をいかんなく発揮し、2ndステージの躍進に貢献。

    投票期間は終了しました

  • 鎌田 大地 -  Daichi KAMADA
    鳥栖鎌田 大地

    高卒2年目ながら鳥栖の攻撃に欠かせないタレントに成長。鋭いスルーパスに加え、得点力にも磨きがかかる。

    投票期間は終了しました

今シーズンのMVPだと思う選手を1人選んで投票してください

  • ウイルソン -  WILSON
    仙台ウイルソン

    怪我に苦しみながらも、シーズン終盤はピッチに立てず。5年間所属した仙台を今季限りで去ることに。

    投票期間は終了しました

  • 赤﨑 秀平 -  Shuhei AKASAKI
    鹿島赤﨑 秀平

    1stステージはレギュラーも、2ndステージはベンチを温める機会が増加。優勝したチームにおいて、自身は悔しいシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 鈴木 優磨 -  Yuma SUZUKI
    鹿島鈴木 優磨

    20歳とは思えない堂々としたプレーを示し、優勝に貢献。途中出場が多かったもののチームでは金崎に次ぐ8ゴールを記録した。

    投票期間は終了しました

  • 李 忠成 -  Tadanari LEE
    浦和李 忠成

    大事な場面で結果を残す勝負強さは健在。2ndステージは途中出場が増えたが、限られた時間の中でも十分な仕事をこなした。

    投票期間は終了しました

  • 興梠 慎三 -  Shinzo KOROKI
    浦和興梠 慎三

    浦和の攻撃のカギを握るCF。力強いポストプレーで起点を担い、スペースを突いてゴールを陥れる。オーバーエイジとしてリオ五輪に参戦した。

    投票期間は終了しました

  • 武藤 雄樹 -  Yuki MUTO
    浦和武藤 雄樹

    攻撃の軸として全試合に出場。フィニッシュ、チャンスメイク共に優れ、多くの得点シーンを生み出した。

    投票期間は終了しました

  • ズラタン -  ZLATAN
    浦和ズラタン

    途中出場が大半だったが、限られた時間で結果を残した。高さと強さに加え、献身的なプレーも厭わない。

    投票期間は終了しました

  • ドラガン ムルジャ -  DRAGAN MRDJA
    大宮ドラガン ムルジャ

    得点数こそ物足りなかったものの、最前線で献身的にプレー。裏に抜け出すスピードは相手の脅威に。

    投票期間は終了しました

  • 大津 祐樹 -  Yuki OTSU
    大津 祐樹

    エースとして期待されるもなかなか調子が上がらず、ポジションを奪えなかった。得点もわずかにひとつに終わった。

    投票期間は終了しました

  • 田中 順也 -  Junya TANAKA
    田中 順也

    スポルティングから復帰し活躍が期待されたが、レギュラーに定着できず。シーズン終盤に得点を重ね意地を見せた。

    投票期間は終了しました

  • クリスティアーノ -  CRISTIANO
    クリスティアーノ

    今季途中に甲府から柏に移籍。そのパワーはもはや世界規格で、弾丸シュートは一見の価値あり。

    投票期間は終了しました

  • 伊東 純也 -  Junya ITO
    伊東 純也

    細かいタッチで相手を翻弄するドリブルはリーグ屈指の破壊力を秘める。移籍1年目の柏で躍動した。

    投票期間は終了しました

  • ディエゴ オリヴェイラ -  DIEGO OLIVEIRA
    ディエゴ オリヴェイラ

    川崎Fを相手にハットトリックを達成するなど特大のインパクトを放つ。打点の高いヘッドと足技の高さを生かし最前線に君臨。

    投票期間は終了しました

  • 前田 遼一 -  Ryoichi MAEDA
    FC東京前田 遼一

    スタメン落ちの機会も少なくなく、今季はわずかに6ゴール。かつての得点王も、衰えを隠せなかった。

    投票期間は終了しました

  • ムリキ -  MURIQUI
    FC東京ムリキ

    当初はU-23チームでのプレーを強いられるなど苦しむも、次第に本領を発揮。しかし夏場以降に負傷離脱した。

    投票期間は終了しました

  • 大久保 嘉人 -  Yoshito OKUBO
    川崎F大久保 嘉人

    4年連続得点王こそならなかったものの、高いゴール奪取能力に衰えは見られず、J1通算得点数を歴代トップの171に伸ばした。

    投票期間は終了しました

  • 小林 悠 -  Yu KOBAYASHI
    川崎F小林 悠

    キャリアハイとなる15ゴールを挙げ、日本代表にも選出された。シーズン終盤の負傷離脱が悔やまれる。

    投票期間は終了しました

  • 伊藤 翔 -  Sho ITO
    横浜FM伊藤 翔

    アーセン・ベンゲル監督がほれ込んだ才能もすでに28歳。ダイナミックなフィニッシュワークで横浜FMの攻撃をけん引。

    投票期間は終了しました

  • 富樫 敬真 -  Cayman TOGASHI
    横浜FM富樫 敬真

    圧巻のフィジカルとゴールへの積極性を示し無頼句の予感を漂わせたが、シーズンを通してコンスタントに活躍できなかった。

    投票期間は終了しました

  • カイケ -  KAYKE
    横浜FMカイケ

    大きな期待を背負って横浜FMに加入も、その能力を発揮できず。規律違反で練習参加を禁止させることも。

    投票期間は終了しました

  • 端戸 仁 -  Jin HANATO
    湘南端戸 仁

    1stステージ終盤に3試合連続ゴールを記録するなど勢いに乗った時期もあったが、8月13日の広島戦で負傷し、長期離脱を強いられた。

    投票期間は終了しました

  • 高山 薫 -  Kaoru TAKAYAMA
    湘南高山 薫

    驚異のスプリントで一気にスペースを突く湘南の“槍”。シャドー、サイドと戦況に応じて複数の役割をこなした。

    投票期間は終了しました

  • 大槻 周平 -  Shuhei OTSUKI
    湘南大槻 周平

    CF、シャドーと前線のキーパーソンを担うもゴールは遠く。守備では貢献も本来の役割を示せなかった。

    投票期間は終了しました

  • 河本 明人 -  Akito KAWAMOTO
    甲府河本 明人

    栃木から復帰し、シーズン前半はスタメンの座を確保。次第に出番は減ったが、成長した姿を示す1年に。

    投票期間は終了しました

  • 田中 達也 -  Tatsuya TANAKA
    新潟田中 達也

    往年の突破力には陰りが見えるが、献身的なプレーで攻守に奮闘。とりわけ1stステージではその存在感が際立った。

    投票期間は終了しました

  • 山崎 亮平 -  Ryohei YAMAZAKI
    新潟山崎 亮平

    鋭いドリブル突破と高いシュートセンスを備えるアタッカー。シーズンを通して主軸としてプレーも得点数は物足りず。

    投票期間は終了しました

  • 指宿 洋史 -  Hiroshi IBUSUKI
    新潟指宿 洋史

    身長195センチの大型ストライカー。昨季はブレイクの予感を漂わせたが、今季は結果を残せなかった。

    投票期間は終了しました

  • ラファエル シルバ -  RAFAEL SILVA
    新潟ラファエル シルバ

    シーズン終盤にゴールを量産し、新潟のJ1残留に貢献。能力に疑いはないが怪我の多さが玉に瑕。

    投票期間は終了しました

  • ジェイ -  JAY
    磐田ジェイ

    元イングランド代表の長身ストライカー。今季は稼働率は低かったが、チーム最多14得点をマークした。

    投票期間は終了しました

  • 齊藤 和樹 -  Kazuki SAITO
    磐田齊藤 和樹

    熊本から完全移籍で加入。その決定力に期待がかかったが、ノーゴールに終わり不本意なシーズンに。

    投票期間は終了しました

  • 矢野 貴章 -  Kisho YANO
    名古屋矢野 貴章

    右サイドバックとしてシーズンを通して稼働。持ち味の攻撃参加に加え、課題の守備も安定性を高めた。

    投票期間は終了しました

  • 川又 堅碁 -  Kengo KAWAMATA
    名古屋川又 堅碁

    高い決定力を誇るストライカーだが、途中出場が多く、結果を残せず。シーズン終了後に磐田への移籍が決定。

    投票期間は終了しました

  • 永井 謙佑 -  Kensuke NAGAI
    名古屋永井 謙佑

    50メートルを5.8秒で走る日本屈指の高速アタッカー。10月1日の福岡戦でハットトリックを達成。

    投票期間は終了しました

  • シモビッチ -  SIMOVIC
    名古屋シモビッチ

    199センチの長身を生かした空中戦でインパクトを残す。序盤戦は活躍もチームとともに次第にトーンダウンした。

    投票期間は終了しました

  • 長沢 駿 -  Shun NAGASAWA
    G大阪長沢 駿

    圧倒的な高さを誇る本格派ストライカー。4試合で4ゴールを奪った8月は見事に月間MVPに輝いた。

    投票期間は終了しました

  • パトリック -  PATRIC
    G大阪パトリック

    過去2シーズンG大阪の攻撃をけん引してきたストライカーも、今季は不振を極め、わずか2得点に終わった。

    投票期間は終了しました

  • アデミウソン -  ADEMILSON
    G大阪アデミウソン

    移籍1年目のG大阪でブレイク。重心の低いドリブルと、精度の高いフィニッシュワークでチームに貢献。

    投票期間は終了しました

  • 渡邉 千真 -  Kazuma WATANABE
    神戸渡邉 千真

    2列目の位置で強力2トップをサポートしつつ、バイタルエリアに侵入し、自らも豪快なゴールを連発した。

    投票期間は終了しました

  • レアンドロ -  LEANDRO
    神戸レアンドロ

    初来日から11年。数々のクラブを渡り歩いたブラジル人ストライカーが、今季ついに得点王の栄誉を手にした。

    投票期間は終了しました

  • ペドロ ジュニオール -  PEDRO JUNIOR
    神戸ペドロ ジュニオール

    2ndステージの神戸の躍進を導いたスピード豊かなアタッカー。レアンドロとの2トップは脅威に。

    投票期間は終了しました

  • 石津 大介 -  Daisuke ISHIZU
    神戸石津 大介

    強力2トップの陰に隠れ決して目立った活躍はできなかったが、積極果敢なプレーで勢いをもたらした。

    投票期間は終了しました

  • 佐藤 寿人 -  Hisato SATO
    広島佐藤 寿人

    J1通算得点記録を更新した広島のレジェンドも、今季が出場機会が減少し、シーズン後に名古屋への移籍が決定。

    投票期間は終了しました

  • ピーター ウタカ -  PETER UTAKA
    広島ピーター ウタカ

    驚異的なフィジカルと正確な足技を兼ね備え、広島の1トップに君臨。19ゴールを挙げて得点王に。

    投票期間は終了しました

  • 皆川 佑介 -  Yusuke MINAGAWA
    広島皆川 佑介

    高さが魅力のCF。主にリードした試合で途中からピッチに立ち、前線からの守備で逃げ切りを演出する。

    投票期間は終了しました

  • 坂田 大輔 -  Daisuke SAKATA
    福岡坂田 大輔

    かつての切れ味は失われてきたが、培ってきた経験を活かし、途中交代で試合の流れを変える役割を担った。

    投票期間は終了しました

  • 城後 寿 -  Hisashi JOGO
    福岡城後 寿

    在籍12年目のミスター福岡。攻撃的なポジションならどこでもこなし、ダイナミックなプレーでゴールに迫る。

    投票期間は終了しました

  • 平井 将生 -  Shoki HIRAI
    福岡平井 将生

    途中出場がほとんどだったが、スタメンとしてピッチに立った9月17日の湘南戦で豪快なミドルを突き刺す。

    投票期間は終了しました

  • 金森 健志 -  Takeshi KANAMORI
    福岡金森 健志

    初のJ1の舞台でもその攻撃センスは際立った。チームは降格したが、自身は十分なインパクトを残した。

    投票期間は終了しました

  • ウェリントン -  WELLINGTON
    福岡ウェリントン

    驚異的なフィジカルを備えたストロングヘッダー。昨季は昇格に貢献も今季はJ1の壁に苦しんだ。

    投票期間は終了しました

  • 邦本 宜裕 -  Takahiro KUNIMOTO
    福岡邦本 宜裕

    特大のポテンシャルを秘めた19歳のストライカー。5月21日の柏戦で、嬉しいプロ初ゴールをマークした。

    投票期間は終了しました

  • 豊田 陽平 -  Yohei TOYODA
    鳥栖豊田 陽平

    強靭なフィジカルと高さを武器に今季も鳥栖の最前線に君臨。ゴール数こそ減少したが、その存在感は絶大だった。

    投票期間は終了しました

  • 富山 貴光 -  Takamitsu TOMIYAMA
    鳥栖富山 貴光

    大宮から加入し、チーム2位の5得点をマーク。シーズン終盤はスタメン起用が増え、来季につながる活躍を示した。

    投票期間は終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加