ニュース

一覧へ

2018年12月12日(水) 17:04

2019Jリーグ公式試合球として『コネクト19(CONEXT19)』を使用 2019JリーグYBCルヴァンカップ 特別デザイン試合球を使用【Jリーグ】

2019Jリーグ公式試合球として『コネクト19(CONEXT19)』を使用 2019JリーグYBCルヴァンカップ 特別デザイン試合球を使用【Jリーグ】
2019Jリーグ公式試合球として、アディダスの『コネクト19(CONEXT19)』を使用することとなりました

2019Jリーグ公式試合球として、Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナーである株式会社モルテン(東京都墨田区 民秋 清史代表取締役社長 最高経営責任者)の提供を受け、アディダスの『コネクト19(CONEXT19)』を使用することとなりました。また2019JリーグYBCルヴァンカップでは、『コネクト19(CONEXT19)』の特別デザイン試合球を使用いたします。

【名称・デザインの由来】
「コネクト19」は、1998FIFAワールドカップフランス大会公式試合球トリコロールにインスピレーションを得ています。伝統的なフランスのシンボルである雄鶏と近代フランスのシンボルである高速列車とタービンを融合し、更にグリッチエフェクトによって現代の革新性を表現しています。コネクトは”CONNECTION” と “NEXT”での造語であり、スポーツを通じてすべての人種、世代、国々が団結する、世界中のつながりを表しています。

また、2019JリーグYBCルヴァンカップ特別デザイン試合球は、大会カラーである赤を基調とし、正面のパネルにはカップウィナーに贈られる「ルヴァンカップ」のシルエットをレイアウトしております。また、ボール表面には、ルヴァンプライムのクラッカーのデザインをあしらい、過去26大会の優勝クラブ名が刻印されております。

【ボールの特長】
熱接合技術により、縫い目の無い表皮構造を可能にし、どこを蹴っても同一の反発力が生じる「サーマルボンディング製法」を採用しました。その結果、正確なパスやシュートを実現することが可能となります。

また、他に類を見ないアディダス独自の新形状、6枚均一パネルのアーバンパネルシェイプにより高いボールバランスと飛行安定性を誇っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUE TOP PARTNERS

TOP

Jリーグオリジナルスマホバッテリーが100名様に当たる! 閉じる