ニュース

一覧へ

2019年7月19日(金) 16:00

史上14人目となるJ1通算100得点を達成した小林 悠(川崎F)が、最も多く得点を奪ったチームは?【Jリーグ】

史上14人目となるJ1通算100得点を達成した小林 悠(川崎F)が、最も多く得点を奪ったチームは?【Jリーグ】
史上14人目となるJ1通算100得点を達成した小林 悠。2017年には得点王にも輝いた川崎Fのエースが、Jリーグ史に残る偉業を成し遂げた

7月14日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のFC東京戦で、川崎Fの小林 悠が史上14人目となるJ1通算100得点を達成した。初ゴールは2011年5月3日の磐田戦。2017年には得点王にも輝いた川崎Fのエースが、Jリーグ史に残る偉業を成し遂げている。

31歳9ヶ月21日での100ゴール達成は、史上6番目の年少記録。大卒出身者に限れば中山 雅史、藤田 俊哉に次ぐ3人目で、そのなかでは最年少達成者となった。また90分換算では、ウェズレイ、中山に次いで3番目に高い数値となった。

 

100ゴールの内訳を部位別で見ていくと、利き足である右足で、半数以上の56得点を記録。左足と頭は22得点で同数となった。

 

対戦相手別の内訳で見ると、これまでに全23チームからゴールを記録しており、今季のJ1チームに限れば、大分、松本を除く15チームからゴールを奪っている。まだゴールのない大分とは第20節、松本とは第21節に対戦を控えているだけに、“初ゴール”が生まれるかに、注目が集まる。

小林が“お得意様”としているのは大宮で、これまでに最多となる8ゴールを記録。今季のJ1勢に限れば、仙台、清水、神戸からそれぞれ7得点ずつを奪っている。

90分あたりで見ていくと、札幌戦では出場424分で5ゴールをマーク。1.061点と高い得点率を誇る。同じく長崎、徳島相手にも高い数値を示した。

逆に苦手とするのは浦和とG大阪だ。浦和には16試合で3得点。90分換算では0.263点となった。G大阪には12試合で1得点。90分換算では0.098点となっている。

今季第4節のG大阪との対戦では出場機会はなかったが、10月に行われる第29節では、果たしてゴールを決めることができるか。苦手克服を実現すれば、通算得点数はさらに伸びていくはずだ。

 

データ提供:データスタジアム

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUE TOP PARTNERS

TOP

clubJリーグ 2周年記念キャンペーン! 閉じる