2022年8月10日(水) 21:55

C大阪が劇的同点弾で川崎Fにアウェイゴール数で上回り準決勝進出!前回優勝の名古屋は浦和に敗れて敗退が決定【サマリー:ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦】

C大阪が劇的同点弾で川崎Fにアウェイゴール数で上回り準決勝進出!前回優勝の名古屋は浦和に敗れて敗退が決定【サマリー:ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦】
川崎Fと対戦したC大阪は、2点差で迎えた終了間際に2得点を奪い同点に追いつき、アウェイゴールで上回り準決勝進出を決めている

JリーグYBCルヴァンカップは10日に準々決勝の第2戦が行われ、広島、福岡、浦和、C大阪が準決勝進出を果たした。

ホームでの第1戦を3-1でモノにしていた広島は、アウェイで横浜FMと対戦。開始8分にナッシム ベン カリファのゴールで先制すると、22分に追いつかれるも、37分に野上 結貴が勝ち越しゴールを奪取。後半はスコアが動かず、2-1で逃げ切った。広島は2戦合計5-2でベスト4進出を決めている。

アウェイでの第1戦を2-1で勝利した福岡は、ホームで神戸と対戦。新型コロナウイルス感染症の影響でベンチメンバーがGK2人を含む3人しか入れない状況だったが、43分にルキアンが先制ゴールをマーク。この1点を守り抜き、1-0で勝利。2試合合計3-1で初の4強入りを果たした。

初戦を1-1で引き分けていた浦和はホームでの第2戦で強さを発揮。伊藤 敦樹の2ゴールで前半のうちに2点のリードを奪うと、終了間際の86分に江坂 任がダメを押し、3-0と快勝。2試合合計4-1で名古屋を撃破した。敗れた名古屋は連覇の夢が絶たれている。

川崎FvsC大阪が劇的な展開となった。第1戦を1-1で引き分けていた両者は川崎Fのホームで第2戦を迎えた。試合は40分にマルシーニョのゴールで川崎Fが先制すると、53分にも再びマルシーニョが決めて、2-0。そのまま川崎Fが逃げ切るかと思われたが、終了間際にドラマが待っていた。90分に加藤 陸次樹のゴールでC大阪が1点を返すと、90+6分に山田 寛人が値千金の同点ゴールをマーク。2戦合計で3-3となったものの、アウェイゴールで上回ったC大阪が準決勝進出を決めている。

■試合データ
浦和vs名古屋
川崎FvsC大阪
横浜FMvs広島
福岡vs神戸

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUETM OFFICIAL BROADCASTING PARTNER

J.LEAGUE TOP PARTNERS

J.LEAGUETM SUPPORTING COMPANY

TOP