2022年10月1日(土) 19:20

横浜FMが名古屋に4発大勝で首位快走!川崎Fは札幌との打ち合いに敗れて首位との勝点差が8に【サマリー:明治安田J1 第31節】

横浜FMが名古屋に4発大勝で首位快走!川崎Fは札幌との打ち合いに敗れて首位との勝点差が8に【サマリー:明治安田J1 第31節】
名古屋と対戦した横浜FMは、4-0と快勝を収めて2位川崎Fとの勝点差を8に広げた

明治安田生命J1リーグは1日に第31節の8試合が行われ、首位の横浜FMが勝利した一方、2位の川崎Fが敗れ、両者の勝点差は8に拡大した。

アウェイで名古屋と対戦した横浜FMは、16分に水沼 宏太のゴールで先制すると、46分にも再び水沼が決めて、2点のリードを奪った。さらに終了間際にもレオ セアラと藤田 譲瑠チマが立て続けにゴールを奪い、4-0と快勝を収めている。

札幌の本拠地に乗り込んだ川崎Fは30分に家長 昭博のゴールで先制するも、33分にルーカス フェルナンデス、41分には興梠 慎三に決められ、1-2と逆転を許した。ところが後半に入ると反攻を仕掛け、60分に知念 慶のゴールで追いつくと、69分には小林 悠のゴールで再逆転に成功。しかし83分にガブリエル シャビエルに同点ゴールを許すと、その直後には橘田 健人が退場となり、数的不利を強いられた。すると終了間際の90+12分に小柏 剛に勝ち越しゴールを許し、3-4と撃ち合いに屈している。

ホームに浦和を迎えた広島は、22分に森島 司のゴールで先制すると、62分には荒木 隼人が追加点を奪取。71分には満田 誠が3点目を奪取した。その後に1点を返されるも、83分に満田が豪快な直接FKを叩き込み、4-1と快勝を収めた。
 
ホームで湘南と対戦したC大阪は、終了間際の90+2分にジェアン パトリッキが先制ゴールを奪ったものの、90+6分にオウンゴールで失点し、1-1の引き分けに終わった。アウェイで鹿島と対戦したFC東京は、スコアレスで迎えた84分に安部 柊斗が決勝ゴールを奪取し、1-0で勝利を収めている。

神戸は21分に生まれた小林 祐希のゴールを守り抜き、1-0で福岡に勝利。3連勝で12位に浮上した。京都は17分の豊川 雄太のゴールが決勝点となり、1-0で鳥栖を撃破した。G大阪vs柏は、両者決め手を欠きスコアレスドローに終わっている。

なお予定されていた清水vs磐田は台風15号の豪雨災害の影響により中止となり、10月22日に代替開催される。

明治安田生命J1リーグ 順位表

■試合データ
C大阪vs湘南
福岡vs神戸
鹿島vsFC東京
広島vs浦和
鳥栖vs京都
札幌vs川崎F
名古屋vs横浜FM
G大阪vs柏

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集・大会

もっとみる

J.LEAGUE TITLE PARTNERS

J.LEAGUETM OFFICIAL BROADCASTING PARTNER

J.LEAGUE TOP PARTNERS

J.LEAGUETM SUPPORTING COMPANY

TOP