今日の試合速報

先着30000名様に「金J限定 ベースボールユニ」をプレゼント!
シャウエッセン入りスープ45,000食無料提供! NMB48がハーフタイムライブに出演!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第6節 富山 vs 東京V】安間貴義監督(富山)記者会見コメント(14.04.05)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●安間貴義監督(富山):
「なかなか勝てないチームの(悪い)ところが出始めている。勝ちたい気持ちが先走って、1m、50cmのずれではあるが、少し前を急ぎ過ぎていつもはミスしないところでミスがでるようになっている。ボールを失わなくてよいところで失うので、体力も消耗するという連鎖がでてきていると感じる。そのへんを乗り越えていくしか道はない。6試合が終わってこの順位は偶然ではない。個人として、チームとしてこの状況を変えるんだと強く思ってやる必要がある。選手も、クラブに関わってくれている方も勝ちたいと思っている。それを表現できるようにやるしかない」

Q:先発の顔ぶれやポジションに少し手を加えた狙いは。
「第4節まで良い攻撃ができていた。後半追い付かれた時に力を発揮するジョーカーが1枚足りなかったので、今回は(ソ)ヨンドクを後から使おうとした。先発にハードワークのできる大西と國吉、高さのあるガオ(高)を起用して前半を無失点で折り返したかった。失点するまでは(先制点を挙げた)前田君もケアできていて前に出てこなかった。しかし、失点してしまうと(それまでの対応も)無駄になる。その場面を乗り越えられていたならば(その後の試合展開も)違っていたと思う。前線の3人は、白崎がパサーに専念してしまっていたので、抜群にシュートのうまい彼になるべく打たせる状況をつくろうとしてFWに上げた。今までのままでもよかったが、決定機があるのに得点につながっていなかったので少し配置を変えた。トップ下に入れた(中島)翔哉も2列目からドリブルで押し上げる場面をつくっていた」

Q:守れていたのにあっさり失点してしまった。どう感じたか?
「抑えるべき所をうまく抑えていただけに、それが入ってしまうのかという感じはする。ただし、ラインの押し上げや、(相手に対応して)スタートを切るタイミングで遅れているところがあるので修正すべきところはある」

Q:スタンドからブーイングが起こったが、どう受け止めている。
「悔し泣きしている選手もいた。カターレに関わる人すべてが勝ちたいという気持ちだと思う。その表れだと思う。開幕からの試合内容をみても(勝利への)期待が大きかったのだと思う。声援に変えられるように、1日1日を無駄にせず努力していくしかない。変えるには勝つしかない」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 18:02 ナイツがJリーグをネタに漫才を披露!イケメンJリーグ選手編【Jリーグ漫才】