今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第11節】横浜FC vs 京都:柱谷幸一監督(京都)記者会見コメント(05.05.07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月7日(土) 2005 J2リーグ戦 第11節
横浜FC 1 - 2 京都 (14:04/三ツ沢/3,347人)
得点者:'6 松田正俊(京都)、'40 松田正俊(京都)、'65 ジェフェルソン(横浜FC)
----------

●柱谷幸一監督(京都):

「このGW、3試合ということで、非常にタイトなスケジュールの中、選手たちは足を止めずに非常に良く頑張ってくれたと思う。今日のゲームに関しては、2点を取った後の3点目をうちが取るか相手が1点を取るかというところで、向こうが先に1点取ってしまったので、こういう展開になったのではないかと思う。しかし、これ以上強いチームを目指して行くのであれば、3点目を確実に取って、その後のゲームの流れを自分たちの方に持ってくるような展開を作っていかなければ、これ以上強いチームというのにはなっていかないのではないかと思う。だた、選手たちは苦しい中、最後まで本当に良くやってくれたと思う」

Q:第1クール終わって負けなしをどう捉えているか?

「今シーズン始まる前から、隙のないチームを作っていこうと、良い守備を作ってゼロの流れを持っていけるような展開をしていこうという目標があった。結果的には良い結果が出ているが、ここ5試合くらいの守備というのは良くなってきているので、それを続けて、第2・第3・第4クールと、そこに向けてしっかりとしたチーム作りをもう一度やっていきたいなと思う。守備は意識が高まってきたので、あとは攻撃の決定力をもう少し高めれば、もっと良いゲームが出来るのではと思う」

Q:田原選手の投入の意図は?

「松田がかなり疲れてきていたので、3点目を取りたかったこともあり、タイプ的には同じ選手になるが、フレッシュな選手を入れた」

Q:その田原選手は、監督の求めることをやってくれたか?

「『点を取ってくれ』と言って入れたので、点が取れていないので少し不満はあるが、チーム全体が守備にまわったというのもあった。彼に良いボールが入っていかなかったという部分はあるとは思うが・・・。前線のキープとか、守備に関してはチームのために良い仕事をしてくれたのではないかと思う」

Q:守備面での問題は?

「相手が放り込んでくるのは分かっていたので、競るところとセカンドボールの対応、あとはラインコントロール。かなりボックスの中に入り込んでいたので、ボールに対してプレッシャーを掛け、ボックスの中から出させる様なラインコントロール。ラインを上げないとセカンドボール作られて、スクランブルのボールが出てきてやられるという形だったと思うので、そのあたりが問題だったのではと思う」

Q:松田選手の評価は?

「山形で監督をやっているとき、レギュラーで使っていて点も取れている一番良い時にケガをして・・・。手術をして辛いリハビリを続けていた中で山形をアウトになって、手術して少しの間は膝がフィットしない状態でフィジカルが上がらないんだろうなと思っていた時に山形をクビになった。何人かいるポストプレーヤータイプの中で、僕は松田の一番良い時を知っていたので『彼だったら絶対やってくれるだろうな』と思い、彼を選択した。春からのキャンプでのトレーニングを通じて良いパフォーマンスを発揮してくれて、こうやって彼が結果を出してくれたことに関しては、僕も凄く嬉しいし、彼の努力というものを称えたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/18(金) 15:00 スペシャルムービー~プロになるという夢を抱えた選手たちの想い~【Jリーグインターナショナルユースカップ】