今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第18節 F東京 vs 清水】マッシモフィッカデンティ監督(F東京)記者会見コメント(14.08.02)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●マッシモフィッカデンティ監督(F東京):
「前半を考えれば、前回の仙台戦と同じほぼ完璧な内容だった。選手たちは相手にペースをほとんど与えなかったし、非常にアグレッシブにコンパクトになりながらこの暑さの中でもプレッシングがしっかりとできたと思います。また、ゴールのチャンスでもクオリティの高いプレーをして、しっかりと3得点できたことも非常に良かった。後半、4点目を取った後、2回ほど危険なカウンターと、遠くからのシュートを打たれた場面もありました。今回も最終的には自分たちの守備ができたと思っています。選手たちは勇気を持って、自信を持ってプレーしているので、彼らに対して非常に満足している。この調子で続けていってほしいと思います」

Q:中断明けから好調を続けていますが、その要因は?
「中断前の浦和戦、大宮戦、ほかには徳島戦など、結果が伴っていなかった試合はありましたが、結果が出ないときも内容は良かったと思っていますし、選手たちのプレー内容には満足していました。最終的には、G大阪戦に勝って中断期間に入ったわけですが、チームは常に成長し続けている。具体的には、前半戦苦しんでいたのは、ゴール前の決定率にあった。現在の確率は50%ほどに上がってきている。その結果として現在のチームの状態があるのではないかと思います」

Q:ボールを奪った後、FWが裏を突いてそこにパスが出る攻撃が目立ちました。それはチームとして目指している攻撃なのか、それともこの試合のための攻撃だったのか?
「清水戦に対して、しっかりと準備ができたと言えるでしょう。なぜならば、ほかの試合でも、センターバックの2人がよく1対1になる状況が見られていた。そこが狙えると思いました。今回の狙いでした。それによって清水を苦しい状況に追い込めた。もちろん相手の監督が変わって何をしてくるかは分からなかったが、選手の特長は同じなので。3日、4日で何か新しい提案をすることは難しいと思ったので、選手の特長に絞って対策を練りました」

Q:良い攻撃から良い守備、良い守備から良い攻撃というサイクルを夏場に続けていくために必要なことは
「すべてです。一言で言えば、すべてだと言えるでしょう。今日はFWに関しては縦のパスで背後を狙っていく指示を与えていたので、いつもよりも守備の貢献度は少なかった。ただ根本的な考えは同じです。守るときは全員で守って、攻撃するときは全員で攻める。FW、中盤、最終ラインがコンパクトになり、チーム単位で動くことで熱い中でエネルギーの無駄な消費をなくせる。日本は、サッカーの特長として相手チームは試合終盤に、どんどん前線に送り込んでくる。数的不利な状況をつくらないように、献身的な動きが不可欠になってくると思っています」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 13:58 J初心者必見!あの人が2019シーズンの明治安田J1リーグの見どころを紹介!今シーズンはどこが優勝するのか?!