今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

オフィシャルニュース

一覧へ

【J2:第31節 水戸 vs 札幌】レポート:財前采配ズバリ!システム変更が奏功し、鮮やかな逆転勝利!水戸は主導権を握りながらも、悔しい敗戦。(13.08.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
J1昇格プレーオフ圏内「6位」を勝点3差で追う両チームの激突。両チームともに相手のよさを潰すのではなく、自分たちのよさを出そうとする、ポジティブな力のぶつかり合い。90分間目の離すことのできない、まさに激戦となった。

ペースを握ったのは水戸だった。前線の鈴木隆行が圧倒的な強さを見せて起点となり、そこに橋本晃司、小澤司が絡んでボールを展開。流れるようなパスワークからチャンスを作り出した。
11分には右サイドをえぐってペナルティエリア内に侵入した鈴木雄斗からの折り返しを橋本がフリーでシュート。しかし、力なくGKの正面に。35分に小澤からのスルーパスを受けた山村佑樹が放ったシュートはDFにブロックされるものの、それで得たCKから鈴木隆がヘディングシュート。これもGK正面に飛び、ゴールならず。
44分には札幌陣内で華麗なパスワークを見せて、抜け出した鈴木雄がペナルティエリア内で倒されたが、PKの判定はなし。水戸が再三チャンスを作りながらもゴールを奪うことができず、前半を終えることとなった。

後半に入っても水戸ペースは変わらず。札幌陣内でゲームは進んだ。そして62分、左サイドで西岡謙太がボールを奪取。左サイドに流れた橋本へ。橋本がドリブルして深い位置まで侵入。そして、マイナスの折り返し。走り込んだのは西岡。右足インサイドで正確にゴール右隅に流し込み、待望の先制ゴール。この日、先発出場したフィールドプレーヤーで唯一ゴールのなかった西岡に生まれたうれしい今季初ゴール。これで水戸が勢いに乗るかと思われた。

しかし、そこから光ったのは札幌・財前恵一監督の采配だった。64分に内村圭宏、69分に河合竜二を投入。システムを4-2-3-1から4-1-4-1に変更する。水戸の3-5-2のアキレス腱である3バック横のスペースと1ボランチ横のスペースで起点を作り、反撃を開始する。
躍動したのは前田俊介と内村のコンビだった。2人の息の合ったコンビネーションに水戸DFは対応しきれず、再三突破を許してしまう。そして76分、2人の連係で右サイドを打開。日高拓磨が上げたクロスは本間幸司がはじくものの、こぼれを左サイドバックの上原慎也が頭で合わせて同点に追いつく。

札幌の勢いは止まらなかった。85分には再び内村と前田のコンビで右サイドを攻略。前田の正確なクロスをフェホが頭でねじ込み、逆転に成功してみせた。
その後、水戸は三島康平を投入し、パワープレーで攻め手を見出そうとしたが、札幌の粘り強い守備を打開することはできず。終了間際にはパワープレーを跳ね返されてからのカウンターで失点。まさかの逆転負けを喫すこととなった。

「押し込まれる状態が続く、難しい試合だった」と財前監督が語るように、序盤からホームチームのアグレッシブなサッカーに対して後手に回る展開を強いられてしまった。しかし、それでも選手交代とシステム変更によって流れを手繰り寄せ、勝利を手にしたところに、チームの勝負強さが感じられた。河合などけが人も徐々に戻りつつあり、フェホやレ・コン・ビンといった新加入選手もチームにフィットしてきた。戦力の充実が逆転勝利の要因と言えるだろう。シーズン終盤、上位へと駆け上がっていく予感を漂わせる鮮やかな逆転勝利であった。

先制点まで主導権を握り続けた水戸にとっては悔やまれる敗戦である。「決めるところで決めておかないと」(橋本)と選手たちが口にしたように、前半の再三の決定機を生かせなかったことが響いた。また、相手のシステム変更に対応できなかったことも敗因。「もっとコミュニケーションを取って自分たちで対応できるようにならないと」と冨田大介は険しい表情を見せた。
ただ、試合ごとにチームが成長を見せていることは間違いない。この日も先制点までの流れは決して悪くなかった。「勝ち続けることが理想だけど、それは無理。負けた後にどうするか」と橋本はすでに今後に向けて気持ちを切り替えていた。4試合ぶりの敗戦。ここからどう立て直していくか。水戸のチーム力が問われている。

以上

2013.08.26 Reported by 佐藤拓也
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/18(月) 12:58 J.LEAGUE開幕【明治安田生命Jリーグ】