今日の試合速報

FNJ 4/19広島vsFC東京left
FNJ 4/19広島vsFC東京right

ニュース

一覧へ

2018年3月29日(木) 14:30

実は4年前にも! “キックの達人”宮阪(大分)の驚異のシュート力【Jリーグ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実は4年前にも! “キックの達人”宮阪(大分)の驚異のシュート力【Jリーグ】
達人の域に達する宮阪のロングキック。今後もどのようなゴールが生まれるか注目だ

25日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節で衝撃のゴールが生まれた。

カマタマーレ讃岐大分トリニータの一戦。32分、ハーフウェイラインやや手前で大分の選手がファウルを受ける。するとすぐさまリスタートした宮阪 政樹のキックは、そのまま讃岐ゴールへ向かってぐんぐんと伸びていき、前目に位置取っていた相手GK清水 健太の頭上を越えてネットに吸い込まれたのだった。

宮阪の素早い判断と、正確かつパワフルなキック力がもたらしたスーパーゴールは、チームに勝点3をもたらす価値ある一撃となった。

データスタジアム調べによると、このシュートの距離は58.4メートル。なかなか決めることのできない超ロング弾だが、実は宮阪は過去にも同じようなゴールを決めていた。

2014年9月28日に行われたJ2リーグ、山形vs讃岐。当時山形に所属していた宮阪は、同様にハーフウェイライン付近から直接FKを叩き込んでいる。その距離は58.9メートルで、今回のゴールを上回るものだった。

ちなみに、2008年以降のJリーグにおける最長シュートは92.9メートルで、村山智彦(松本)が山形を相手に決めたもの。2位は土井康平(盛岡)の66.3メートル、3位は岡崎 慎(F東23)の65.2メートル、4位は増谷幸祐(琉球)の64.8メートルで、J1での最長は2012年に生まれた青山敏弘(広島)の64.6メートルとなっている。今回の宮阪のゴールは11位に位置づけられている。

●Jリーグ ゴールまでの距離ランキング    

 ※2008年からのリーグ戦が対象(2018/3/25終了時点)
※2008年からのリーグ戦が対象(2018/3/25終了時点)


特筆すべきは宮阪のゴールの内訳だ。これまで決めたゴールは計23得点で、うち16が直接FKなのだが、前述した2本の50メートル超のゴール以外にも、40メートル弾が1本、30メートル超が4本と、数々のロングシュートを決めているのである。

●宮阪 政樹 ゴールまでの距離ランキング (全24ゴール)

(少数第2位以降も含めての順位です)
(少数第2位以降も含めての順位です)

達人の域に達する宮阪のロングキックは、今季のJ2リーグで注目したいポイントと言えるだろう。

データ協力:データスタジアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第8節
2019年4月20日(土)13:00 Kick off

旬のキーワード