今日の試合速報

クラブJリーグ dポイント5000ptが600名様に当たる!
クラブJリーグ dポイント5000ptが600名様に当たる!

明治安田J1 第10節、第11節、第12節、第13節 代替開催日決定のお知らせ

ニュース

一覧へ

2018年5月2日(水) 14:30

首位の広島は昨季の監督が率いる清水と激突。好調の川崎Fは浦和を迎え撃つ【プレビュー:明治安田J1 第12節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首位の広島は昨季の監督が率いる清水と激突。好調の川崎Fは浦和を迎え撃つ【プレビュー:明治安田J1 第12節】
城福 浩監督(左)率いる広島はヤン ヨンソン監督(右)率いる清水と激突!ヤン ヨンソン監督にとっては昨季率いたチームとの一戦に

ハードスケジュールが続く明治安田生命J1リーグは、2日に第12節の9試合が開催される。

首位を走る広島は、ホームに清水を迎える。前節は長崎に快勝と、前々節に初黒星を喫したショックを感じさせない戦いを見せている。今節も堅守を軸としながら、パトリック、ティーラシンと好調のFW陣が重要な役割を担うだろう。対する清水も2連勝と好調を維持する。ここ2試合で5得点と攻撃面に勢いが生まれており、その良い流れを今節に持ち込みたい。ヤン ヨンソン監督にとっては昨季率いたチームとの一戦に。その因縁もこの試合の注目ポイントとなる。

2試合連続2ゴールと好調のディエゴ オリヴェイラ(FC東京)。今節も永井との強力2トップに注目だ
2試合連続2ゴールと好調のディエゴ オリヴェイラ(FC東京)。今節も永井との強力2トップに注目だ

3連勝で2位のFC東京は、アウェイで神戸と対戦。ディエゴ オリヴェイラ、永井 謙佑の2トップが好調で、2試合連続3得点と迫力の攻撃を実現している。今節もスピード豊かなアタックで、相手を押し込むサッカーを展開するはずだ。神戸は2試合勝利がないものの、ポゼッションで相手を上回るサッカーを体現できている。精度を高めるパスワークでFC東京のハイプレスをかいくぐれるかが、今節のポイントとなるだろう。

3連勝と調子を上げてきた川崎Fは、浦和との大一番を迎える。3試合で8得点と自慢の攻撃に迫力が生まれてきたのが好転の要因に。今節も持ち前の攻撃スタイルで、主導権を握る戦いを実現したい。対する浦和は、オズワルド オリヴェイラ監督就任後に2連敗。一時の良い流れが失われている。3試合連続無得点の攻撃面を修正できるかが大きなテーマとなる。

8試合負けなしの札幌は、アウェイで鳥栖と対戦。前節は終了間際の失点で勝ち切れなかっただけに、終盤の戦い方に注意を払いたい。対する鳥栖は6連敗と苦戦が続く。4試合連続無得点の攻撃陣の奮起が求められる。

その鳥栖に快勝を収めたG大阪は、ホームに仙台を迎える。倉田 秋のゴールなどで3得点を奪い、課題の守備陣も無失点と好パフォーマンスを披露。3連勝中のホームで再び結果を出し、上昇気流に乗っていきたい。仙台は4試合勝利がなく、徐々に順位を下げている。それでも前節は終了間際のゴールで札幌と引き分け、粘り強い戦いを見せている。得点は奪えているだけに、失点が続く守備の修正を実現したい。

前節、天野 純(#14)のスーパーゴールなどで鹿島に快勝を収めた横浜FM。今節はホームで磐田と対戦する
前節、天野 純(#14)のスーパーゴールなどで鹿島に快勝を収めた横浜FM。今節はホームで磐田と対戦する

横浜FMはホームで磐田と対戦。前節は鹿島に快勝を収め、6試合ぶりの勝利を手にした。攻撃スタイルが成果を生んでおり、今節もリスクを負ったアグレッシブなスタイルで、2連勝を狙う。磐田はリードを守り切れずにC大阪とドロー。中村 俊輔が不在のなか、いかに得点を奪っていくかが大きなテーマとなる。

2連勝の湘南は、ホームに柏を迎える。前節は石川 俊輝のゴールを守り抜き、浦和に勝利。2試合連続無失点と粘り強い守備を実現できており、今節もハードワークをベースとした戦いで3連勝の実現を目指す。柏は勝ち負けを繰り返す不安定な戦いが続く。課題の決定力不足の解消が浮上のためのポイントとなるだろう。

鹿島は3試合勝利がなく、15位に転落。得点力不足もさることながら、ここ3試合で8失点と守備面にも不安を抱える。この苦境をいかに打破していのか。選手起用も含め、大きなテコ入れが求められてきそうだ。対戦相手の長崎は前節、広島に0-2と完敗。首位チームに力の差を見せつけられた格好となったが、高木 琢也監督が求めるスタイルは浸透しているだけに、大崩れはないだろう。走力やインテンシティで相手を上回る長崎らしいサッカーで鹿島撃破を狙う。

8連敗と泥沼にはまる名古屋は、ホームにC大阪を迎える。8試合で21失点と守備の崩壊に歯止めがきかず、黒星を積み重ねている。攻撃スタイルを標榜するなか、リスクマネジメントの意識を高めることが苦境脱却のポイントとなるはずだ。C大阪は前節、磐田と引き分けたものの、ここ7試合で5勝と状態は悪くない。清武 弘嗣、杉本 健勇ら攻撃陣が好調なだけに、上手くはまればゴールラッシュも期待できる。

■各試合の見どころをチェック
鹿島vs長崎
川崎Fvs浦和
横浜FMvs磐田
湘南vs柏
名古屋vsC大阪
G大阪vs仙台
神戸vsFC東京
広島vs清水
鳥栖vs札幌

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第20節
2020年10月4日(日)17:00 Kick off

旬のキーワード