今日の試合速報

Club J.LeagueランクSS以上特別キャンペーン 2018Jリーグアウォーズ「プレミアムシート」10組20名様ご招待
Club J.LeagueランクSS以上特別キャンペーン 2018Jリーグアウォーズ「プレミアムシート」10組20名様ご招待

ニュース

一覧へ

2018年6月29日(金) 12:50

0-1敗戦も「フェアプレーポイント」で上回り、2大会ぶり3度目の決勝T進出!【サマリー:2018FIFAワールドカップ ロシア GS 第3節 日本vsポーランド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0-1敗戦も「フェアプレーポイント」で上回り、2大会ぶり3度目の決勝T進出!【サマリー:2018FIFAワールドカップ ロシア GS 第3節 日本vsポーランド】
フェアプレーポイントでセネガルを上回り、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた

日本代表は現地時間28日、2018FIFAワールドカップ ロシア グループステージ 第3戦のポーランド戦に臨み、0-1で敗れるもセネガルとの2位争いをフェアプレーポイントで上回り、2大会ぶり3度目のベスト16進出を決めた。

すでに敗退が決まっているポーランドとのグループリーグ最終戦、引き分け以上の結果で自力でのベスト16進出が決定する日本は、第2戦のセネガル戦から先発6名を入れ替える大胆采配で運命の一戦に臨んだ。Jリーグからは槙野 智章(浦和)、山口 蛍(C大阪)が名を連ねた。

日本は12分に長友 佑都(ガラタサライSK/トルコ)のクロスに岡崎 慎司(レスター シティ/イングランド)がダイビングヘッドで合わせるが枠を捉え切れない。その後も13分に武藤 嘉紀(1.FSVマインツ05/ドイツ)、16分には酒井 高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がエリア手前からシュートを放つも、いずれもGKにセーブされた。チャンスをモノにできずにいると、32分に大きなピンチを迎える。右サイドを駆け上がってきたバルトシュ ベレシンスキが正確なクロスをあげると、ゴール前のカミル グロシツキが頭で合わせる。だが、ここはGK川島 永嗣(FCメス/フランス)がゴールライン上、右手1本でストップする好セーブを見せゴールを許さない。

試合が動いたのは後半に入った59分。ポーランドがエリア手前中央左寄りの位置でFKを得ると、キッカーのラファウ クルザワがゴール前へ入れたボールをヤン ベドナレクに叩き込まれ、ポーランドに先制を許す。

グループステージ突破のために1点が必要となった日本は65分、宇佐美 貴史(フォルトゥナ デュッセルドルフ/ドイツ)に代えて乾 貴士(レアル ベティス/スペイン)を投入したが、ポーランドの守備陣を前にチャンスを作ることができない。それでも同時刻開催のセネガル対コロンビアでコロンビアがリードを得たことで、0-1の敗戦でも日本がフェアプレーポイントの差でセネガルをリードし突破が決まる状況に。すると日本は武藤に代えて、長谷部 誠(アイントラハト フランクフルト/ドイツ)を投入。後方でパスを回し、無理に前線にボールを入れず、0‐1のまま試合をクローズしタイムアップを迎えた。

この結果、3試合を終え1勝1分け1敗の日本の勝ち点は4に。コロンビアがセネガルを下したことで、コロンビアが勝ち点を6として首位突破を決めた。敗れたセネガルは日本と同じく1勝1分け1敗で日本と勝ち点で並び、得失点、総得点、当該チーム同士の成績でも並んだため、イエローカードやレッドカードの数によって算出される「フェアプレーポイント」の差が順位を決めるカギに。警告数の少なかった日本が2位に入り、2002年、2010年に続き2大会ぶり3度目のベスト16進出を決めた。

日本の次戦は日本時間7月3日午前3時、グループGを1位で突破した強豪ベルギーと対戦する。

順位表はこちら

■試合データ
日本vsポーランド

2018FIFAワールドカップ ロシア 特集ページはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第33節
2018年11月24日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード