今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!
Jリーグ公式アプリ「Club J.League」リリース1周年記念キャンペーン エントリーすると、200万ポイント山分け!ポイント10倍!

ニュース

一覧へ

2018年8月10日(金) 18:15

松本と町田はともに5連勝を狙う。監督交代の新潟は復調のきっかけを見出せるか【プレビュー:明治安田J2 第28節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松本と町田はともに5連勝を狙う。監督交代の新潟は復調のきっかけを見出せるか【プレビュー:明治安田J2 第28節】
ともに5連勝を狙う首位松本と2位町田。松本はアウェイで讃岐と町田はホームで千葉と激突する!

明治安田生命J2リーグは、今週末にシーズンの3分の2にあたる28節を消化する。優勝・昇格争いがさらに本格化するなか、終盤の戦いに向けて勢いを加速させられるのは、果たしてどのチームか。

軽快に首位を走る松本は、アウェイで讃岐と対戦。8試合負けなしで、現在は4連勝中と盤石な戦いを続けている。堅守が光るも、前節は千葉との打ち合いを制するなど、攻撃陣も勢いを増している。今節もアグレッシブなサッカーを展開していきそうだ。対する讃岐は前節、岡山に敗れ連勝が2でストップ。3失点を喫した守備の修正がポイントとなりそうだ。

松本を追う2位の町田はホームで千葉と激突。こちらも4連勝と絶好調で、前節は横浜FCとの上位対決を制している。戦いに自信を深めるなか、ホームで確実に勝点3を手にし、松本にプレッシャーをかけたい。千葉は前節、松本に競り負け連勝が2で止まった。再び上位陣との対戦となるが、リーグ最多タイの得点力を誇る攻撃スタイルで、上位撃破を狙う。

3位の大分は2連勝と、復調してきた。今節はホームに岡山を迎える。ここ2試合で6得点と攻撃陣が好調で、その勢いを今節にもつなげたいところ。岡山は前節、讃岐に快勝を収め、悪い流れを払しょくしている。千葉と並んでリーグ最多得点の大分に対し、岡山はリーグ最少となる22失点の堅守が売り。どちらのストロングポイントが勝るのか。実に興味深い一戦となる。

リーグ最多得点の大分に対し、岡山はリーグ最少となる22失点の堅守が売り。どちらのストロングポイントが勝るのか。実に興味深い一戦となる
リーグ最多得点の大分に対し、岡山はリーグ最少となる22失点の堅守が売り。どちらのストロングポイントが勝るのか。実に興味深い一戦となる

4位の東京Vは山形の本拠地に乗り込む。現在3連勝中と好調で、前節は大宮との大一番を制して、勢いを加速させている。アラン ピニェイロとドウグラス ヴィエイラが調子を上げており、今節も2人のストライカーの出来がカギを握るだろう。対する山形はここ5試合でわずか1勝と調子を落としている。得点力不足に陥っているだけに、攻撃陣の奮起が求められるだろう。

5位の福岡はホームに水戸を迎える。前節は甲府に競り勝ち、3試合ぶりの勝利を手にした。2ゴールを奪った松田 力が今節も注目選手となる。水戸は前節、徳島に敗れ、8試合ぶりの黒星を喫した。上位争いに名乗りを上げるためにも、連敗は避けたいところ。守備の安定感はあるだけに、ゴール前での質の向上がテーマとなる。

6位の横浜FCはアウェイで熊本と対戦。前節は町田との上位対決に敗れ、8試合ぶりの敗戦となった。参入プレーオフ圏内に留まるためにも、ここが踏ん張りどころ。3失点を喫した守備を上手く立て直したい。一方の熊本は、12試合勝利がなく21位に低迷する。降格圏から抜け出すためにも、勝利という結果が求められる。課題の守備を修正し、高さのある2トップを生かす戦いを実現したい。

山口vs徳島も注目の一戦となる。山口は7試合勝利がなく、7位に転落。再浮上を実現するためにも、目に見える結果が求められる。一方の徳島は3連勝で上昇気流に乗る。状態は対照的だが、ともに攻撃面に特長があるだけに、多くのゴールが生まれるエキサイティングな戦いが期待できそうだ。

金沢は3戦負けなしで13位に浮上。この間1失点と堅守が光るものの、得点もわずかに2と攻撃面には課題を抱える。粘り強い守備を保ち、限られたチャンスをいかにモノするかがテーマとなるだろう。対する甲府は3連敗。1年でのJ1復帰を実現するためには、これ以上の取りこぼしは許されない。リンスの移籍で攻撃の迫力を失いつつあるだけに、他の攻撃陣の奮起が求められるところだ。

愛媛はここ6試合で5勝と完全復調。残留争いから大きく抜け出し、さらなる浮上も視野に入れる。安定した守備組織を保っているだけに、大崩れすることはないだろう。大宮は前節、東京Vに敗れ、再び苦しい状況に陥っている。参入プレーオフ進出圏の6位以内を狙うためにも、なにより結果が必要だ。失点が増えつつあるだけに、守備の修正を図りたい。

19位に沈む新潟は鈴木 政一監督との契約を解除し、今節は片渕 浩一郎ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。3連敗中と苦しい戦いが続いており、この間10失点と守備が崩壊。ここをいかに修正できるかが、復調のテーマとなる。対する栃木は6戦負けなしと好調を保つ。攻撃に課題を抱えていたものの、前節は岐阜から4ゴールを奪って快勝を収めた。その試合で2得点を決めた大黒 将志のパフォーマンスが、今節もカギを握りそうだ。

最下位に沈む京都は、アウェイで岐阜と対戦。前節は山形に競り勝ち、9試合ぶりの勝利を手にした。復調のきっかけを見出すなか、連勝を実現し浮上を図りたいところ。対する岐阜も4連敗と苦しむ。4試合で12失点の守備を修正できないようだと、今節も苦戦は免れないだろう。

■各試合の見どころをチェック
山形vs東京V
岐阜vs京都
讃岐vs松本
福岡vs水戸
新潟vs栃木
金沢vs甲府
熊本vs横浜FC
大分vs岡山
町田vs千葉
山口vs徳島
愛媛vs大宮

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田J1 第22節
2018年8月15日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード