今日の試合速報

【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_left
【JリーグID対象】オリジナルスマホバッテリープレゼントキャンペーン_right

JリーグIDに関するお問い合わせに関して

ニュース

一覧へ

2019年3月29日(金) 18:15

首位の琉球はホームに山口を迎え撃つ。前節初黒星の柏は東京Vとの重要な一戦に臨む【プレビュー:明治安田J2 第6節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首位の琉球はホームに山口を迎え撃つ。前節初黒星の柏は東京Vとの重要な一戦に臨む【プレビュー:明治安田J2 第6節】
今節から中3日での3連戦がスタート。このハードスケジュールを乗り越え、リーグ戦で優位に立つのは、果たしてどのチームか

明治安田生命J2リーグは前節、琉球が引き分け、柏が敗れたことで全勝チームがなくなった。今節からは中3日での3連戦がスタートする。このハードスケジュールを乗り越え、リーグ戦で優位に立つのは、果たしてどのチームか。

首位の琉球はホームに山口を迎える。前節は終了間際に追いつかれ、山形と引き分けた。それでも勝点1を確保し、無敗をキープする。攻撃が機能し、エースの鈴木 孝司も好調を維持する。圧倒的な強さを誇るホームゲームで、勢いをさらに加速できるか。対する山口は2連敗で21位に沈む。リーグ最多失点を喫する守備の修正が復調へのカギを握る。

前節初黒星を喫した柏は、東京Vの本拠地に乗り込む。押し込みながらも得点を奪いきれない試合が続いているだけに、フィニッシュワークの精度向上が求められる。代表帰りの中村 航輔のパフォーマンスにも注目が集まる。東京Vは2試合勝利がない。今季はいまだ無失点試合がないだけに、粘り強い守備を保ち、勝機を高めたいところだ。

3位の甲府はアウェイで岡山と対戦。前節は終了間際の一撃で、金沢と引き分けた。粘り強い戦いで勝点を積み重ねており、今節も最後まで走り切る戦いを徹底するはずだ。岡山は柏を撃破し、勢いに乗る。ここまで3得点のイ ヨンジェが重要な役割を担うだろう。

4位の水戸も無敗を維持する。ただし、ここ2試合はともに引き分けと、勝ち切れていない。前節はリードを守り切れずに大宮と引き分けただけに、試合の終わらせ方に細心の注意を払いたい。今節の対戦相手である鹿児島は開幕戦に勝った後、4試合勝利がない。嫌な流れを断ち切るためにも、目に見える結果を手にしたいところ。3試合得点がない攻撃面の修正がポイントと言えそうだ。

5位の山形も好調を維持する。前節は勝ち切れなかったとはいえ、琉球の勢いをストップさせた。安定した守備組織を保ち、ここ4試合は負けなしを続けている。今節はアウェイで栃木と対戦。こちらも2連勝中と状態を上げている。エースの大黒 将志にも当たりが生まれてきており、勢いをさらに加速させていきそうだ。好調同士の一戦だけに、質の高い戦いが期待できる。

7位の京都はアウェイで岐阜と対戦。ここ2試合は勝ちがないが、前節、小屋松 知哉に初ゴールが生まれたのは好材料。前線のタレントをうまく生かし、3試合ぶりの勝利を手にしたい。一方の岐阜も2試合勝利がない。ここ2試合得点がない前線の奮起が求められる。

町田はホームに愛媛を迎える。前節は鹿児島に競り勝ち、連敗を3で食い止めた。守備の修正を図り、無失点に抑えられたのは今後へ向けての自信となったはず。今節も堅守を築き、2連勝を狙う。対する愛媛は前節、長崎に惜敗。パススタイルは浸透しているだけに、最後の場面での精度向上が、浮上のためのカギとなるだろう。

金沢はホームで横浜FCと対戦。前節は終了間際の失点で甲府と引き分けた。逃げ切り策も含めた終盤の戦い方がポイントとなりそうだ。横浜FCは岐阜に快勝を収め、好転の兆しを見せている。2試合連続ゴール中の松浦 拓弥が今節もキープレーヤーとなるだろう。

ホームに新潟を迎える徳島は、3試合勝利がなく、状態はいいとは言えない。ボール支配で勝る試合は多いものの、崩しきれない場面も目立つ。その課題をいかに修正するのか。リカルド ロドリゲス監督の手腕が注目される。新潟は勝ち負けを繰り返し、なかなか波に乗り切れていない。持ち前のハードワークを徹底し、試合を通して安定した戦いを実現できるか。

長崎vs大宮も今節の注目カードのひとつ。1年でのJ1復帰を目指す長崎に対し、昨季までの監督が指揮を執る大宮が挑む構図に
長崎vs大宮も今節の注目カードのひとつ。1年でのJ1復帰を目指す長崎に対し、昨季までの監督が指揮を執る大宮が挑む構図に

長崎vs大宮は今節の注目カードのひとつだろう。1年でのJ1復帰を目指す長崎に対し、昨季までの監督が指揮を執る大宮が挑む構図に。長崎は前節、愛媛に競り勝ち、今季2勝目を挙げた。押し込まれながらも粘り強い守備でしのぎ、少ないチャンスをものにした。狙い通りの戦いで結果を手にしており、今節も同様の展開に持ち込みたい。大宮はここまでわずか1勝と元気がない。それでも前節は、途中出場の大前 元紀のゴールで追いつき、水戸と引き分けている。頼れるエースの復調を、好転のきっかけとしたい。

福岡vs千葉は下位に沈むチーム同士の一戦に。福岡は前節、新潟を下し、今季初勝利を挙げた。加入後2試合連続でゴールを決めているヤン ドンヒョンにかかる期待は大きい。最下位に沈む千葉は江尻新体制となった前節、京都と1-1で引き分けた。課題の守備面に修正が見られており、安定感が備わり始めている。新スタイルの精度を高め、今季初勝利を狙う。

■各試合の見どころをチェック
福岡vs千葉
栃木vs山形
東京Vvs柏
町田vs愛媛
金沢vs横浜FC
岡山vs甲府
徳島vs新潟
長崎vs大宮
水戸vs鹿児島
岐阜vs京都
琉球vs山口

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
2019年5月26日(日)14:00 Kick off

旬のキーワード