今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

コメントをする

ニュース

一覧へ

2019年10月31日(木) 18:20

首位の鹿島はハードスケジュールを強いられる浦和を迎え撃つ。川崎Fvs広島は逆転優勝に望みをつなぐサバイバルマッチに【プレビュー:明治安田J1 第30節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首位の鹿島はハードスケジュールを強いられる浦和を迎え撃つ。川崎Fvs広島は逆転優勝に望みをつなぐサバイバルマッチに【プレビュー:明治安田J1 第30節】
首位の鹿島はハードスケジュールを強いられる浦和を迎え撃つ!

明治安田生命J1リーグは、今週末に第30節を迎える。今季も残り5試合となり、運命が決する瞬間が近づいている。

首位の鹿島は金曜日の夜に、浦和をホームに迎える。前節は松本と引き分け、これで8試合負けなしとした。しかし下位チーム相手にポイントを取りこぼした印象は否めず、2位のFC東京に勝点で並ばれている。立ち上がりの失点で試合を難しくしただけに、試合の入り方がポイントとなりそうだ。一方の浦和はACL決勝に進出したことで、ハードスケジュールを強いられている。火曜日に第31節の広島戦をアウェイで戦い、中2日で再びアウェイ戦に臨む。さらに中3日で川崎Fとの第32節が控えているだけに、ターンオーバーでこの試合に臨む可能性も考えられる。いかなるメンバー構成で臨むのか。大槻 毅監督の起用法に注目が集まる。

2位のFC東京はアウェイで大分と対戦。前々節に首位から陥落したものの、前節は神戸に快勝を収めて鹿島と勝点で並んだ。2トップが警戒されるなか、新たな攻撃パターンが機能しており、その良い流れを今節にも持ち込みたいところだ。対する大分は前節、終了間際の一撃で浦和に競り勝った。決勝点を奪った後藤 優介が今節も重要な役割を担いそうだ。

3位の横浜FMは鳥栖の本拠地に乗り込む。6試合負けがなく、前節は湘南に快勝。首位の鹿島に勝点1差に迫っている。前節負傷した仲川 輝人の状態は気がかりだが、リーグ最多得点を誇る攻撃力を示し、今節も相手を押し込む戦いを披露するだろう。一方の鳥栖は3戦負けなしで、降格圏から抜け出している。エースの金崎 夢生が出場停止となるなか、粘り強い守備を保ち、横浜FMの攻撃に対抗したい。

6位の川崎Fと4位の広島の一戦も、今節の注目カードとなる。逆転優勝をかけたサバイバルマッチとなるだろう。ルヴァンカップの優勝で勢い乗る川崎Fだが、今節は家長 昭博、車屋 紳太郎、谷口 彰悟と主軸3人が出場停止となる。攻守のキープレーヤーを欠くなかで、代わってピッチに立つ選手が意地を見せられるか。対する広島は火曜日に浦和と対戦し、1-1で引き分けた。チャンスを作りながらも勝ち切れなかっただけに、フィニッシュワークの精度が逆転優勝のカギを握るだろう。

5位のC大阪はホームに松本を迎える。柿谷 曜一朗が調子を上げているのは好材料で、このアタッカーの出来が勝敗を分けるポイントとなりそうだ
5位のC大阪はホームに松本を迎える。柿谷 曜一朗が調子を上げているのは好材料で、このアタッカーの出来が勝敗を分けるポイントとなりそうだ

5位のC大阪はホームに松本を迎える。前節は札幌に競り勝ち、ここ7試合で6勝目を挙げた。柿谷 曜一朗が調子を上げているのは好材料で、このアタッカーの出来が勝敗を分けるポイントとなりそうだ。一方の松本はここ3試合負けがなく、16位の湘南に2ポイント差に迫っている。今節勝てば自動降格圏から脱せる可能性もある。両チームともに守備力には定評があるだけに、1点を争う緊迫した展開となりそうだ。

札幌はホームに名古屋を迎える。先週のルヴァンカップ決勝では川崎Fに敗れたものの、素晴らしい戦いを見せた。もっともリーグ戦では4試合勝ちがなく8位に転落。2試合連続で完封負けを喫しているだけに、攻撃陣が意地を見せたいところだ。名古屋は監督交代後に勝ちがなく、前節も仙台に完敗を喫した。こちらも課題は攻撃面。前回対戦で4ゴールを奪った相手との一戦で、勢いを取り戻せるか。

神戸はホームで仙台と対戦。2連敗と調子を落としており、巻き返しの一戦となる。離脱中のアンドレス イニエスタの復帰が予想されており、久しぶりにダビド ビジャ、ルーカス ポドルスキとのビッグスターそろい踏みが期待される。仙台は前節、名古屋に快勝を収め12位に浮上。好調を維持するハモン ロペスがキープレーヤーとなるだろう。

湘南はホームでG大阪と対戦。7試合勝利がなく、現在は4連敗中。浮嶋 敏監督の初陣となった前節は1-3で横浜FMに敗れている。4試合で16失点と守備に不安を抱えており、復調のためにはこのポイントの修正が求められるだろう。対するG大阪はここ2戦負けなしと、好転のきっかけを見出している。2試合連続ゴール中の渡邉 千真が、今節も重要な役割を担いそうだ。

最下位に沈む磐田は、アウェイで清水との“静岡ダービー”に挑む
最下位に沈む磐田は、アウェイで清水との“静岡ダービー”に挑む

最下位に沈む磐田は、アウェイで清水との“静岡ダービー”に挑む。前節は終盤に追いつき鳥栖とドロー。勝点を積み上げたものの、残留圏の15位とは10ポイント差離れており、苦しい状況に追い込まれている。残留のためにも勝点3が求められるなか、同県のライバル相手に意地を見せられるか。一方の清水も2連敗と調子は下降気味。2試合連続で逆転負けを喫しており、リード時の戦い方がポイントとなるだろう。

■各試合の見どころをチェック
鹿島vs浦和
神戸vs仙台
札幌vs名古屋
清水vs磐田
鳥栖vs横浜FM
C大阪vs松本
川崎Fvs広島
大分vsFC東京
湘南vsG大阪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード