今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2020年2月12日(水) 20:25

松村 優太(静岡学園高→鹿島)「1年目だからとか関係なく、開幕戦から試合に出るつもりでいます」【注目新人選手インタビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松村 優太(静岡学園高→鹿島)「1年目だからとか関係なく、開幕戦から試合に出るつもりでいます」【注目新人選手インタビュー】
まつむら・ゆうた/2001年4月13日生まれ、大阪府出身。力強いドリブル突破が持ち味のサイドアタッカー。今年度の全国高校サッカー選手権では静岡学園高のエースとして、母校を24年ぶりの優勝に導いた

――高校選手権での優勝の余韻に浸る間もなく、鹿島のキャンプに合流したそうですが、プロの活動をスタートさせた現在の心境はいかがですか?
「選手権が終わった次の日くらいに、鹿島のキャンプに合流したんですが、すぐに切り替えて、プロとしてやっていく気持ちになりました。プロでやる以上は試合に出ないと意味がないので、優勝の余韻に浸るよりも、チームに早く慣れることが大事だと思っていました」

――プロのレベルを体感してみて、どういったところに高校との違いを感じましたか?
「最初に感じたのはスピードとプレー強度ですね。そこが段違いだったので、最初は戸惑いましたし、これがプロの世界なんだなというのをひしひしと感じているところです」

――多くのクラブからオファーがあったそうですが、鹿島を選んだ一番の理由は?
「一番レベルが高いチームを選ぼうと思っていました。自分自身、妥協したくない性格ですし、厳しい環境で揉まれながら成長していくタイプだと思っているので。一番激しい競争が待っているところだと感じたので、鹿島を選びました」

――鹿島にはどういったイメージを持っていましたか?
「勝利に対するこだわりを持っていて、常に勝たなくてはいけないプレッシャーの中でも結果を出している。アジアでも優勝していますし、常に上を目指し、勝利にどん欲なクラブだと思っていました」

――実際に入ってみて、新たな発見はありましたか?
「練習に対する意識の高さですね。普段から、高校では感じられないような強度でやっていますし、驚くことは多いです。そのなかで、僕自身はまだまだ足りていないところばかりなんですけど、ここでやっていれば成長していけるという手応えも感じています」

――具体的にどのあたりを伸ばしたいと考えていますか?
「単純なパススピードだったり、一瞬の判断の速さだったりは何倍も違うので、そういったところをまず速くすることが大事だと思っています。あと僕は小柄だし、フィジカル面でも劣っているので、だからこそしつこくディフェンスするところだったり、激しさだったりをプロレベルにまで上げていかなければいけないと感じています」

――ザーゴ監督とは、すでにコミュニケーションをとりましたか?
「そうですね。具体的なアドバイスもしてくれますし、監督はポゼッションサッカーを目指しているので、そのやり方を早く理解して取り組んでいきたいと思います」

――チームの雰囲気はどうですか?
「若い選手も、ベテランの選手も優しい先輩ばかりなので助かっています。だからといって練習中は妥協を許さないですし、刺激したり、時には厳しい言葉もくださるので、すごく成長できる環境だと思います」

――具体的にどういったことを言われるのですか?
「内田(篤人)選手はサイドが一緒で、練習で組むこともあったので、ボールを受けた時の動きとかをアドバイスしてくれました」

――まだ活動して間もないですが、プロになったなと感じた瞬間はありますか?
「声をかけられる回数は段違いに増えましたね。歩いているだけで声をかけられますし、サインも書く機会も増えました。最初は恥ずかしさもありましたけど、徐々に慣れてきたところです」

――同じタイミングでプロになる同年代の選手に対する意識はありますか?
「日本のこの年代のトップは久保 建英選手だと思っています。ただ、いつまでも負けていられないと思っていますし、自分も将来的にヨーロッパで戦いたいという気持ちもあります。いずれそこで戦って、日本代表として同じ舞台に立ちたい。早く追いつけるように成長していきたいです。もちろん久保選手だけではなく、セレッソに行く西川 潤だったり、同じチームの染野 唯月だったり、同学年には注目選手がたくさんいるので、そのなかでも何か秀でたものを見出して、そこを武器にして負けないように頑張りたいと思います」

――自身の武器はなんですか?
「やっぱりドリブルですね。スピードに乗ったドリブルは誰にも負けない自信があります。ただドリブルだけで終わらせることなく、クロスも武器にしているので、アシストもそうですし、自分でシュートを打って得点につながる仕事をしたいです」

――高校選手権では勝負強さも注目されましたね。
「そこは周りから言われたことなので、特別意識はしてないですけど、そういった部分もプロでは大事になってくると思うので、そこも強みにしていきたいです」

――今季の目標を聞かせてください。
「1年目だからとか関係なく、開幕戦から試合に出るつもりでいます。もちろんそのためにはまだまだ足りない部分も多いので、開幕までにしっかりと準備していきたい。攻撃の選手である以上、得点、アシストと結果の部分が求められる。しっかりと結果を出してタイトル獲得に貢献したいと思っています」

――将来の目標は何ですか?
「ヨーロッパで戦いたいです。目指しているのはチャンピオンズリーグで優勝すること。日本代表ももちろん目指しています。サッカー選手である以上ワールドカップは夢の舞台なので、そこで活躍することも大きな目標のひとつです」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第30節
2020年11月28日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード