今日の試合速報

Jリーグは5月30日(土)以降開催予定の試合の延期を決定しました

コメントをする

ニュース

一覧へ

2020年2月21日(金) 17:00

1年でのJ1復帰を目指す磐田はホームに山形を迎え撃つ。昇格チームの北九州はいきなり“福岡ダービー”に挑む【プレビュー:明治安田J2 第1節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1年でのJ1復帰を目指す磐田はホームに山形を迎え撃つ。昇格チームの北九州はいきなり“福岡ダービー”に挑む【プレビュー:明治安田J2 第1節】
昨季のJ1リーグで最下位となり、今季よりJ2で戦う磐田は、ホームに山形を迎える

明治安田生命J2リーグが23日に幕を開ける。42試合に渡る長丁場の戦いの最初の一戦で勝利を収め、J1昇格に向けて好スタートを切るのは、果たしてのどのチームか。

昨季のJ1リーグで最下位となり、今季よりJ2で戦う磐田は、ホームに山形を迎える。アダイウトンが移籍した一方で、大森 晃太郎、大武 峻ら実力者を獲得。水戸から復帰した小川 航基にも大きな期待がかかる。山形は石丸 清隆新監督のもとで、リスタートを切る。中村 充孝、渡邊 凌磨ら前線の補強に成功しており、プレーオフ進出を果たした昨季以上の躍進を目指す。

同じく降格組の松本は愛媛の本拠地に乗り込む。布 啓一郎監督を迎えたチームは、戦力も大幅に入れ替わり、転換のシーズンとなる。ジャエル、アウグスト、アルヴァロ ロドリゲスと高い能力を備える新外国籍選手の出来がカギを握りそうだ。愛媛は神谷 優太ら昨季の主軸が抜けたものの、森谷 賢太郎、横谷 繁ら実力者を補い、戦力維持に成功。川井 健太監督が求めるパスサッカーの精度向上が、躍進のキーファクターとなりそうだ。

一方、昇格チームの北九州はいきなり福岡とのダービーマッチを迎える。堅守と組織的な攻撃を軸に、同県のライバルチームに挑む。福岡は長谷部 茂利監督が就任。フアンマ デルガド、エミル サロモンソンら質の高いタレントを獲得し、戦力アップに成功した印象だ。この戦力をいかに機能させるのか。新監督の手腕にかかる期待は大きい。

同じく昇格チームの群馬は、ホームで新潟と対戦。奥野 僚右新監督が指揮を執るチームには、大前 元紀、岩上 祐三、宮阪 政樹ら経験豊富な選手たちが加わった。新戦力が額面通りの活躍を見せてくれれば、躍進の可能性は決して小さくない。対する新潟は、スペイン出身のアルベルト プッチ オルトネダ監督が就任。攻撃スタイルを標榜する新監督のもと、チームが大きく生まれ変わることが予想される。

昨季はともに上位争いを演じた水戸と大宮の一戦も注目カードとなる。水戸は今季より秋葉 忠宏監督が指揮を執る。中山 仁斗、山口 一真、山田 康太らJ1クラブから新戦力を迎え入れ、昨季以上の戦力を手にしたと言えるだろう。大宮は昨季、あと一歩のところで昇格を逃しており、「今季こそ」の想いを胸に新シーズンに臨む。高木 琢也監督の戦術はすでに浸透するなか、ネルミン ハスキッチら新戦力のパフォーマンスがカギを握る。

尹 晶煥監督を招聘した千葉は田口 泰士と川又 堅碁が加入し、戦力アップに成功。ハードワークと堅い守りを軸とする新監督のスタイルが浸透すれば、J1復帰も見えてくるはずだ
尹 晶煥監督を招聘した千葉は田口 泰士と川又 堅碁が加入し、戦力アップに成功。ハードワークと堅い守りを軸とする新監督のスタイルが浸透すれば、J1復帰も見えてくるはずだ

尹 晶煥監督を招聘した千葉も注目チームとなる。田口 泰士と川又 堅碁が加入し、戦力アップに成功。ハードワークと堅い守りを軸とする新監督のスタイルが浸透すれば、J1復帰も見えてくるはずだ。対戦相手の琉球は阿部 拓馬、沼田 圭悟らを獲得。小野 伸二の存在も心強く、昨季、旋風を巻き起こした攻撃スタイルで2年目のJ2に挑む。

町田はホームに甲府を迎える。ランコ ポポヴィッチ監督が就任し、ポゼッションスタイルへと舵を切る。ともにセルビア出身のステファン、マソビッチの2人の新外国籍選手にかかる期待は大きい。甲府はエースのピーター ウタカが京都に移籍したものの、元大宮のラファエルをはじめ、泉澤 仁、松田 力ら前線のタレントを獲得し、攻撃力アップに期待が持てそう。プレーオフで敗れた昨季の悔しさを晴らせるか。

岡山はホームで金沢と対戦。上門 知樹、白井 永地ら質の高いアタッカーを補強し、ボランチには実力者のパウリーニョも迎え入れた。昨季以上の陣容を手にし、今季も昇格戦線に絡んできそうだ。金沢は最終ラインの補強に成功し、安定感が高まりそうな印象。プレーオフ進出を視野に入れ、新シーズンに挑む。

山口は大幅にメンバーを入れ替えて、今季に臨む。攻撃力に定評のあるチームに菊地 光将、安在 和樹らが加わり、課題の守備の安定感も図られそうだ。京都は實好 礼忠新監督のもとで、新たなシーズンをスタートさせる。ピーター ウタカ、李 忠成、森脇 良太ら経験豊富なベテランを各ポジションに補い、J1復帰へ向けて、十分な陣容を手にしている。

徳島はホームで東京Vと対戦。プレーオフの決定戦まで進んだ昨季のチームから、多くの主力が移籍したものの、リカルド ロドリゲス監督のスタイルを体現しうる的確な補強を実現。ドゥシャン、上福元 直人、垣田 裕暉ら新たな戦力が、J1昇格へのキーパーソンとなる。東京Vは永井 秀樹監督が求める攻撃スタイルの精度向上がポイントとなる。新戦力の目玉は大久保 嘉人。この稀代のストライカーが、東京Vの躍進のカギを握る。

長崎はホームに栃木を迎える。昨季は守備面の課題を露呈し、1年でのJ1復帰はならず。フレイレ、二見 宏志と守備陣の補強を行ったことで、安定した戦いが実現できそうだ。栃木は課題の攻撃面にエスクデロ 競飛王エスクデロ 競飛王、矢野 貴章と実績十分のベテランを補強。守備の安定感はあるだけに、新鮮力が機能すれば、残留争いを強いられた昨季の二の舞を演じることはないはずだ。

■各試合の見どころをチェック
北九州vs福岡
水戸vs大宮
群馬vs新潟
千葉vs琉球
町田vs甲府
磐田vs山形
岡山vs金沢
山口vs京都
徳島vs東京V
長崎vs栃木
愛媛vs松本

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード