今日の試合速報

【Jリーグオリジナル】ハンディファン(扇風機)プレゼントキャンペーン
【Jリーグオリジナル】ハンディファン(扇風機)プレゼントキャンペーン

ニュース

一覧へ

2021年4月30日(金) 14:20

攻撃力を示す富山が首位に浮上。無敗の岩手が2ポイント差で追走【マンスリーレポート(4月):明治安田J3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
攻撃力を示す富山が首位に浮上。無敗の岩手が2ポイント差で追走【マンスリーレポート(4月):明治安田J3】
富山はここまでリーグ最多の10得点を記録する攻撃力を示し、まずは昇格レースの先頭に躍り出た

明治安田生命J3リーグは4月に第4節から6節までが開催された。

首位に立つのは富山だ。4節の福島戦で引き分けたものの、5節から2連勝。石﨑 信弘新監督のもと、ここまでリーグ最多の10得点を記録する攻撃力を示し、まずは昇格レースの先頭に躍り出た。

秋田 豊監督率いる岩手も、好調を維持する。ここまで5試合を戦って無敗をキープ。守備力に定評があったものの、4節、5節はともに3得点を奪って連勝を達成。6節の福島戦が中止となり消化試合数がひとつ少ないものの、富山に2ポイント差で2位につけている。

新型コロナウイルス感染症の影響で活動休止となった岐阜は、4月に2試合を消化するにとどまった。鳥取には勝利したが富山に敗れ、今季初黒星を喫した。それでもこの試合で浦和から加入した柏木 陽介がデビュー。この実力者がフィットすれば、安間 貴義監督が目指す攻撃スタイルはさらに進化していくはずだ。

昇格チームの宮崎も健闘を見せる。4月は熊本、鳥取を撃破し2連勝を達成。梅田 魁人と藤岡 浩介を中心に攻撃的な戦いを見せている。その宮崎の連勝を止めた鹿児島も徐々に調子を上げてきた。アーサー パパス新監督のもとで、ボールを支配するサッカーを体現。決定力に課題を残すが、このポイントを修正できれば、上位陣を脅かす存在となるだろう。

熊本は失点の多さが気がかりながら、持ち前の攻撃力を示し、5位と上位を保っている。長野は堅守が際立つものの攻撃面に課題を抱え、勝ち切れない戦いが続く。

福島は新型コロナウイルス感染症の影響で、6節の岩手戦が中止に。4月の2試合では結果を出せなかったが、復帰後の巻き返しに期待したい。

早くも監督が交代した讃岐は、開幕5連敗と苦しい戦いが続く。5節より指揮を執るゼムノビッチ ズドラブコ新監督の下で、この苦境から脱することができるか。まずは早い段階で初勝利を掴みたい。

明治安田生命J3リーグ結果(4月)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第18節
2021年6月19日(土)18:00 Kick off

旬のキーワード