今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2015年8月27日(木) 11:10

【レポート:ACL 準々決勝 第1戦】ゲームを支配されながらも粘り強く引き分けたG大阪 ホームでの第2戦に望みをつなげる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【レポート:ACL 準々決勝 第1戦】ゲームを支配されながらも粘り強く引き分けたG大阪 ホームでの第2戦に望みをつなげる
猛攻を耐え凌ぎ、G大阪は敵地で最低限の結果を得た

「明日の試合ということだけではなく180分を見据えた戦いができればと思います」
試合前、そう話していたのはDF丹羽 大輝だったが、その言葉から考えても0-0というスコアで第1戦を折り返せたことは、ベストではないものの悪くはない結果だったと言える。

直近の明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節の清水エスパルス戦では4-2-3-1の布陣を敷いて勝利したG大阪だったが、この日は従来の4-4-2でスタート。ただし相手の攻撃のキーマンである左MFレオナルドへの対応から、センターバックを本職とする丹羽を右サイドバックに据えるなど、守備意識をより強めた布陣でキックオフを迎えた。

レポートの続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

天皇杯 ラウンド16
2019年9月18日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード