今日の試合速報

2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝 チケットはClub J.Leagueで最速先行抽選販売!!
2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝 チケットはClub J.Leagueで最速先行抽選販売!!

ニュース

一覧へ

2016年11月19日(土) 18:30

土居 聖真が語るチームの“一体感” スタッフやコーチ含め一丸で挑む【鹿島練習レポート:明治安田CS】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土居 聖真が語るチームの“一体感” スタッフやコーチ含め一丸で挑む【鹿島練習レポート:明治安田CS】
雨のなか、スタッフ・コーチ陣が少しでもピッチ状態をよくしようと奮闘。チームの一体感がより強固なものに

選手が練習を始める前、ピッチのあちこちにできた水たまりをなくそうと、スタッフやコーチ陣がトンボを使って水をかき出していた。振りつづける雨。縦に押されれば横に逃げ、分断されたかと思えばすぐに元の大きさに戻る変幻自在の敵。水たまりは一向に消えなかった。

一般的に「水は低きに流れ、人の心もまた低きに流れる」と言われている。しかし、練習が始まったあとも、隙があればトンボを握るスタッフの姿が見られた。監督が選手を集めて意図を伝え、確認している間は練習の進行が止まる。そのわずかな合間を見計らい、トンボで水をピッチの外に押し出し、水たまりを少しでも小さくしようと格闘する。いつの間にか雨脚はさらに強くなっていた。それでも、スタッフ・コーチ陣の動きは止まらなかった。

その行為に、どれだけの効果があったのかはわからない。しかし、その思いは感じられた。監督には監督の、選手には選手の役目があるなか、スタッフやコーチ陣も同じ目的で動いている。

チャンピオンシップまであと4日。監督から、選手の気持ちを鼓舞するような言葉は発せられていないという。しかし、選手はひしひしと感じていた。

「遠回しに『もう始まる』という声掛けは出てる。それはぼくら選手も感じていますし、スタッフも伝えてくれていると思います。そういうところでは一体感が出てきていると思います」

鹿島が一番の武器にしてきた“一体感”。それが練習のなかでも出てきたと、土居 聖真ははっきり口にしていた。

(取材・文・写真/田中 滋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第33節
2021年10月24日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード