今日の試合速報

キングカズスタンプを手に入れよう!
キングカズスタンプを手に入れよう!

プレスリリース

一覧へ

2014/05/20 10:30

【2014Jリーグ J1リーグ戦】4月度の月間ベストゴール決定 ~李 忠成選手(浦和レッズ) 第6節 浦和レッズ vs ベガルタ仙台~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各月のリーグ戦において、最も優れたゴールを表彰する「月間ベストゴール」4月度の受賞ゴールが決定いたしました。
 Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー「スカパー!」の協力による、ファン・サポーターからの一般投票と、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によりノミネートされた18ゴールのうち、受賞したのは、第6節 浦和レッズvsベガルタ仙台の試合において、66分に李 忠成選手(浦和レッズ)が決めたゴールです。受賞した李選手のゴールは、年間で最も優れたゴールに与えられる「最優秀ゴール賞」のノミネートゴールとなります。「最優秀ゴール賞」はシーズン終了後に行われるJリーグアウォーズにて表彰される予定です。

2014Jリーグ J1リーグ戦 4月度月間ベストゴール 受賞ゴール

李 忠成 選手(浦和レッズ)66分の得点
J1リーグ戦 第6節 4月6日 浦和レッズ vs ベガルタ仙台 (埼玉スタジアム2002)

<Jリーグ選考委員会による総評>

●技術的な観点から
派手さはないが、点取り屋としての巧さと判断の早さが光ったゴール。一度ボールから離れる動きをした後に、ポストプレーで原口選手にパスを落とし、素早くリターンパスを受けるためにゴール正面に動く一連の流れは、相手ディフェンダー陣を混乱させるストライカーらしい動きであった。また、リターンパスを受けた後も、左右のディフェンダーだけでなく、正面から出てくるゴールキーパーの動きも視野に入れた上で、間髪入れずに利き足の左足でループシュートを選択している。相手に寄せられても動じない精神力と的確な判断力、そしてイメージどおりのシュートにつなげる技術はベストゴールにふさわしい。

※データ提供:データスタジアム(株)

●チーム戦術的な観点から
一連の攻撃は、柏木選手のカウンター気味のドリブルから始まり、李選手、原口選手の3本のパスによってゴールを陥れた。相手チームの中盤に空いたスペースを突く、スピーディーな攻撃である。相手ディフェンダーがカウンターへの対処のためにコースを切りながら守備をしているところを、その裏をつく動きとパスでボールをつなぎながら、最後のシュートにつなげている。柏木選手と原口選手は4月のアシスト数はともに3回と1位、李選手は3ゴールを挙げ、月間のゴール数では5位となっており、チームの好調を象徴するような得点といえる。前半を1-0で折り返し、66分にあげたこの追加点によりチームは波にのり4-0という結果をもたらしている。

<李選手 受賞コメント>
「これまで月間ベストゴールを受賞したことがなかったのでとても光栄です。あのループシュートを打った瞬間は時間が止まり、まだボールが浮いている時はス タジアム全体の空気すら止まっているかのようでした。このシュートを評価して いただいたことを嬉しく思います。これからもあのようなゴールを数多く決められるように日々のトレーニングから頑張っていきます。」

■4月度 その他のノミネートゴール一覧
選手名 所属 開催日 対戦 得点時間(分)
6 大久保 嘉人 川崎フロンターレ 4月6日 徳島 11
6 李 忠成 浦和レッズ 4月6日 仙台 66
6 鈴木 啓太 浦和レッズ 4月6日 仙台 80
7 フォルラン セレッソ大阪 4月12日 G大阪 21
7 阿部 浩之 ガンバ大阪 4月12日 C大阪 42
7 阿部 浩之 ガンバ大阪 4月12日 C大阪 53
7 フォルラン セレッソ大阪 4月12日 G大阪 62
7 豊田 陽平 サガン鳥栖 4月12日 甲府 46
8 大前 元紀 清水エスパルス 4月19日 徳島 90+2
8 チョン ウヨン ヴィッセル神戸 4月19日 鹿島 25
8 今野 泰幸 ガンバ大阪 4月19日 大宮 88
9 茨田 陽生 柏レイソル 4月26日 浦和 60
9 豊田 陽平 サガン鳥栖 4月26日 名古屋 28
9 フォルラン セレッソ大阪 4月26日 神戸 62
10 橋内 優也 徳島ヴォルティス 4月29日 甲府 73
10 李 忠成 浦和レッズ 4月29日 横浜FM 56
10 リンス ガンバ大阪 4月29日 13
10 田中 順也 柏レイソル 4月29日 G大阪 45+2

●ベストゴール以外で特筆すべきゴール
第9節のサガン鳥栖の豊田選手のゴール(vs名古屋/28分)は、得意のファーサイドへ逃げる動きをしながらの得点。ゴールから離れていくボールに対して、しっかりと腰をひねって逆サイドに決めるゴールは技術力の高さを表している。
第7節の大阪ダービーで21分に決めたフォルラン選手のゴールも特筆すべきゴール。ボールのコントロールをやや失いながらも、ゴールを決めるにはここしかないというコースを突くトーキックは、彼の技術の高さ、経験から生み出されている。ゴールを生むまでの相手ディフェンダーを崩す、チームとしてのコンビネーションもすばらしい。

■受賞選手の表彰について

月間ベストゴールを受賞した選手は、ホームゲームの試合会場にて表彰されます。表彰プレゼンターはスカパー!にて募集いたします。詳しくはスカパー!ホームページをご確認ください。(検索は「スカパー ベストゴール」)
※URL:https://my.skyperfectv.co.jp/enq/index/item/E005701/tmpno/0004

〔4月度月間ベストゴール表彰〕
7月19日(土)浦和×新潟戦(埼玉) 18:00キックオフ

■参考:2014Jリーグ J1リーグ戦 月間ベストゴール一覧

選手名 所属 開催日 対戦 得点時間(分)
3 2 佐藤 寿人 サンフレッチェ広島 3月8日 川崎フロンターレ 57
4 6 李 忠成 浦和レッズ 4月6日 ベガルタ仙台 66

■参考:2014Jリーグ J1リーグ戦 月間ベストゴール概要
昨年に引き続き、Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー「スカパー!」のご協力を得て、以下の概要で年間最優秀ゴール賞を决定いたします。

選考対象 2014Jリーグ ディビジョン1 第1節~第34節の全ゴール
(※2013年実績:879ゴール)
選考者 ファン・サポーター、スポーツ・サッカーメディア関係者、Jリーグ選考委員
選考方法 (1)ファン・サポーターによる一般投票(インターネット)
J1各試合終了時より、当該節の全ゴールを対象にファン・サポーターの一般投票(インターネット)によりノミネートゴール(各節上位3ゴール)を決定。結果は、
Jリーグ公式サイト、およびスカパー!Jリーグマッチデーハイライト番組にて発表。

(2)スポーツ・サッカーメディア関係者からのノミネートゴール推薦
毎月、J1全ゴールを対象にメディア関係者からの推薦によりノミネートゴールを决定。

(3)Jリーグ選考委員による選定
上記(1)(2)の全ノミネートゴールの中から、Jリーグ選考委員が月間ベストゴール(1ゴール)を決定。結果は、毎月理事会後に実施する記者会見で発表。
※選考委員:Jリーグ 中西 大介常務理事、宮本 恒靖特任理事

ノミネート 月間ベストゴールに選ばれたゴールは自動的に「最優秀ゴール賞」のノミネートゴールとなる。
「最優秀ゴール賞」はシーズン終了後に行われるJリーグアウォーズにて表彰される予定です。

■最優秀ゴール賞 -Goal of the Year- ≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第4節
2020年7月11日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ