今日の試合速報

Club J.LeagueランクSS以上特別キャンペーン 2018Jリーグアウォーズ「プレミアムシート」10組20名様ご招待
Club J.LeagueランクSS以上特別キャンペーン 2018Jリーグアウォーズ「プレミアムシート」10組20名様ご招待

プレスリリース

一覧へ

2015/01/01 09:00

新年のご挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あけましておめでとうございます。
 旧年中は不慣れな新任チェアマンを1年間支えていただきまして、誠にありがとうございました。

 私がチェアマンに就任したのは、振り返ること11か月前の1月31日でした。就任時の記者会見で「今後のJリーグの方向性」を問われ、私は「3つのフェアプレー」という言葉を用いました。そうした発言もあり、リーグ戦開幕前に開催された第一回目の実行委員会、理事会では「差別撤廃への取り組み」を議案に上げました。

 開幕直前のキックオフカンファレンスでは、関係者・メディアの皆さまの前で「新たなお客様をスタジアムにお迎えしたい。」と伝え、翌日のFUJI XEROX SUPER CUPでは国立競技場に4万人を超える観衆を迎え鳥肌が立ったのを憶えています。

 甲府の大雪で始まり、新潟の大雪で終わる2014シーズンは実に様々な出来事がありました。

「Japanese Only」の横断幕は、多くのファン・サポーターを巻き込んで差別問題を考える契機となりました。シーズン終盤には浦和レッズの全ての関係者の努力によって素晴らしいスタジアムを取り戻してくれました。横浜F・マリノスもファン・サポーターと共に日本社会を良くしていくという方向で社会に貢献してくれています。

 FIFAワールドカップブラジル大会における日本代表の敗戦は衝撃でもあり、同時にJリーグを改革していくための号砲となりました。具体的には、リスタートに要する時間をワールドカップと比較することや、FIFAのデジタルトラッキングシステムやドイツの育成方法など数多くのことを学ぶ機会となり、「Jリーグが強くあるためにはどうあるべきか」、このテーマに関する多くの要素を2015シーズンの基本戦略に組み入れることにしました。

 また、Jリーグが強くなるということは、競技面だけではなく、経営面も強くなければならないという思いも合わせて強くしました。クラブへの配分金における配分比率の変更は、このタイミングから意思が固まってきたように思います。数多くの分科会を重ね、クラブ経営改革の第一歩を踏み出せたことは大きな前進だと考えています。

 そしてFIFAワールドカップブラジル大会の予選敗退よりも、私にとってはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での敗退のほうが強烈に私の姿勢を問い詰めるものでした。アジアで敗れていてワールドカップの勝利はあるのかと。全ての基軸をACL制覇に置き、スケジュール面の調整に奔走しました。今年は、出来る限り多くのアウェイゲームには帯同して応援するつもりです。リーグ、クラブ、ファン・サポーター全員の力で絶対にタイトルを奪回したい。そしてFIFAクラブワールドカップの場で世界の強豪と対等に渡り合うJクラブを世界に披露したいと思います。

 入場者については、2014シーズンJ1の平均入場者数はわずかではありますが、昨シーズンを上回りました。台風の直撃や降雪などの悪天候等を考えれば、Jリーグとして一定の成長をみることができたのではないでしょうか。今後もファン・サポーターの皆様に、よりエンタテインメント性の高いゲームを提供することで、数多くの方々にスタジアムに足を運んでいただくきっかけを創出していきます。その手始めに、シーズン開幕前の2月には各クラブの新戦力やキャンプの情報提供に力を入れるとともに、オフィシャルブロードキャスティングパートナーであるスカパー!さんの協力を仰いで、新たな取組みにもチャレンジします。

 そして2015シーズン、Jリーグは大きな変革に挑みます。リーグタイトルパートナーに明治安田生命保険相互会社様を迎えます。J1リーグ戦は2ステージ+チャンピオンシップ制の導入により、多くのファン・サポーターの皆さまにタイトル争いの興奮や緊張感を味わう場を提供したいと考えています。選手たちには、短期決戦の舞台で、よりアグレッシブに勝利に向けて戦うブレーを期待したいと思います。昨シーズン三冠を達成したガンバ大阪や、初めてJ1に参戦する松本山雅FCの戦いぶりも注目です。J2・J3においては、プレーオフ・入替え戦制度の定着により、より卓越した戦略の下にエキサイティングな戦いが展開されるはずです。

 今シーズンもファン・サポーターの皆さまとともに、よりフェアでアグレッシブかつエンタテインメント性の高いリーグ運営に取り組む所存でございますので、Jリーグの活動に対しご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Jリーグチェアマン 村井 満

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第33節
2018年11月24日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ