今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

ホームタウン活動

一覧へ
kawasakif

2015/10/29

算数ドリル実践授業に谷口彰悟選手と杉本健勇選手が参加しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年恒例となった川崎フロンターレ算数ドリル実践学習授業。
川崎フロンターレ算数ドリルは2009年に製作を始めて以降、川崎市内の全113公立小学校6年生及び特別支援学校3校に通う皆さんに配布され、算数授業の副教材として使用されています。

http://www.frontale.co.jp/diary/2015/1102.html

このドリルを通じて、川崎フロンターレと子どもたちがより触れあえる機会を!との思いから実施している実践学習の授業。
教室で机の上で計算式を解く、というイメージがある算数ですが、これを校庭で、外で実際に体を動かしながら計算することで、楽しみながら解くことができるので、毎年子どもたちも苦手な算数の授業でも非常に楽しそうなのが印象的です。

今年は川崎市幸区の下平間小学校にて実施。参加した選手は、DF5 谷口彰悟選手とFW9 杉本健勇選手!
それぞれのグループに分かれて、子どもたちと勉強しました。

★151029_1742
まず谷口彰悟選手は、「50m走をみんなで走り、選手と一緒にゴールするには、選手より何m前から走ればよいか」を計算で求めるグループ。
杉本健勇選手は「選手と自分のシュートの速度と動物の速度を比較しよう」というグループ。

★151029_0882

★151029_1503

子どもたちの前でパフォーマンスを見せたり、積極的に声をかけて一緒に問題を考えたり、普段あまりない機会に2人も「計算は少し難しかったけど、みんなと楽しく過ごすことができた」と話していました。

★151029_1009

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第26節
2022年8月21日(日)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ