今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

プレスリリース

一覧へ

2016/11/19 17:00

「2016 Jリーグ インターナショナルユースカップ」開催が決定 ~今年はJクラブ、海外クラブ 計8クラブが参加~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグは、「2016 Jリーグ インターナショナルユースカップ」の開催を決定しました。
本大会は、Jリーグが魅力的なフットボールの展開推進の一環として選手育成に取り組む中で、ユース年代の国際経験を高め、競技力をさらに強化することを目的に開催するものであり、Jリーグと公益財団法人 日本サッカー協会(以下JFA)が協働で行っているJFA・Jリーグ協働プログラム(以下JJP)の取り組みの一環として開催されます。
2年目を迎える今年は、参加チームが8チームへと拡大、4チームによるグループステージ後、順位決定戦を行います。
本大会へは、Jクラブを代表して「2016Jユースカップ 第24回Jリーグユース選手権大会」で優勝したFC東京U-18、準優勝したサンフレッチェ広島F.Cユース、また3位となった松本山雅FC U-18、京都サンガF.C.U-18が出場し、海外からは釜山アイパーク(韓国)、エストゥディアンテス(アルゼンチン)、フィゲレンセ(ブラジル)、パースグローリー(豪州)が出場いたします。大会概要、日程は以下のとおりです。

【2016 Jリーグ インターナショナルユースカップ 大会概要】

■大会名:
2016 Jリーグ インターナショナルユースカップ

■主催者:
公益財団法人 日本サッカー協会、公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

■協力:
一般社団法人長野県サッカー協会、株式会社 長野パルセイロ・アスレチッククラブ

■後援(予定):
長野県、長野県教育委員会、長野市、長野市教育委員会

■日程:
12月21日(水)、12月22日(木)、12月24日(土)、12月25日(日)

■会場:
南長野運動公園総合球技場(〒388-8002 長野県長野市篠ノ井東福寺320)
長野市営陸上競技場(〒381-0038 長野県長野市大字東和田632)

■参加チーム:
FC東京U-18(2016Jユースカップ第24回Jリーグユース選手権大会優勝)
サンフレッチェ広島F.Cユース(2016Jユースカップ第24回Jリーグユース選手権大会準優勝)
松本山雅FC U-18(2016Jユースカップ 第24回Jリーグユース選手権大会 3位)
京都サンガF.C.U-18(2016Jユースカップ 第24回Jリーグユース選手権大会 3位)
釜山アイパーク(2016KリーグU-18チャンピオン)
エストゥディアンテス(アルゼンチン)
フィゲレンセ(ブラジル)
パースグローリー(豪州)

■大会方式:
8チームを4チームずつの2グループに分け、1回戦総当たりのグループステージ後に、同順位同士による順位決定戦にて最終順位を決定
グループステージ:各試合80分(40分ハーフ)、延長・PKなし
順位決定戦:各試合80分(40分ハーフ)、80分で勝敗が決しない場合は、PK方式にて勝敗を決定

■対戦カード:
12月上旬に発表予定

■順位決定方法:
勝点(勝利3点、引き分け1点、敗戦0点)の合計が多いチームを上位とし、順位を決定する。
ただし、勝点が同一の場合は、次の各号の順序により順位を決定する。
1.得失点差
2.総得点数
3.当該チーム間の対戦成績(イ.勝点、ロ.得失点差、ハ.総得点数)
4.抽選

■表彰:
優勝・・・優勝メダルおよび優勝カップ
準優勝・・・準優勝メダル
3位・・・3位メダル
得点王・・・記念品
MVP・・・記念品

■海外チーム紹介
●釜山アイパーク(韓国)
韓国・釜山において1983年のKリーグ創設時より活動しているクラブ。トップチームは現在Kリーグチャレンジ(2部)に所属するが、90年代に韓国を代表したキム・ジュソン(Kリーグ唯一の永久欠番(16番))が所属したクラブとしても有名。韓国国内でもテクニカルな選手が多く、パスサッカーを中心とする攻撃力が特徴的。今夏行われたKリーグU-18チャンピオンシップで初優勝を果たした。

●パースグローリー(オーストラリア)
1996年創設。トップチームは、2005年Aリーグ発足以前にナショナルチャンピオンを2回経験している古豪。2012年には永井龍選手(現、長崎)も所属。近年育成年代への投資に積極的。今回、JリーグはAリーグと2016年5月に戦略的連携協定を締結しており、Aリーグの推薦により大会に参加する。

●エストゥディアンテス(アルゼンチン)
首都ブエノスアイレスに本拠を置く強豪チーム。2009年のFIFAクラブワールドカップでは準優勝。当時のキャプテンで、クラブ生え抜きのフアン・セバスティアン・ベロン氏が現会長に就任。ベロン氏はじめ、多くのアルゼンチン代表選手を輩出しており、育成には定評があるチーム。

●フィゲレンセ(ブラジル)
ブラジル・サンタカタリーナ州の州都であるフロリアーノポリスに位置し、トップチームはブラジルセリエAに所属している。これまでにもブラジル国内において育成型のクラブとして多数の選手をトップチームやブラジル代表へ輩出してきた。個の特徴を活かしたスペクタクルなサッカーが期待される。

■過去の大会結果(参考)

年度 優勝 海外からの参加チーム
2015 浦和レッズユース AZアルクマール
(オランダ)
全南ドラゴンズ
(韓国)
- -

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ