今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【第87回天皇杯4回戦 F東京 vs TDK SC】レポート:F東京が苦しい展開に追い込まれながらもセットプレーで2得点。5回戦に駒を進める(07.11.04)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月4日(日) 第87回天皇杯4回戦
F東京 2 - 1 TDK SC (13:00/味スタ/6,727人)
得点者:52' 平山相太(F東京)、53' 松田正俊(TDK SC)、82' 今野泰幸(F東京)
----------

風もほとんどなくおだやかな秋晴れの空の下、天皇杯4回戦、FC東京 vs TDK SCが、味の素スタジアムで開催された。5回戦へと駒を進めたのは2−1で勝利をおさめたF東京。
しかし、勝利したものの「自分たちで崩れてしまった」と振り返ったF東京の選手たち。

「自分たちで苦しい方向にいってしまった(今野)」。
それは特に前半の戦いを振り返っての言葉だったが、サポーターからの反応もその言葉同様で、前半終了後に選手たちはブーイングを浴びることとなってしまった。

前半立ち上がり早々、TDK SCにチャンスを作られシュートを放たれると、スタジアムのムードが少し変わり、時間が進むにつれサポーターの応援の声もまばらになってきた。と同時に、選手同士の大きな声が聞こえてくるようになる。指示を出し合っているところから、なかなか突破口が切り開けない状態に、次第に選手の苛立ちのようなものが伝わり始める。
「焦らなくてもいつかは点が取れると思っていたので、落ち着いてやれば大丈夫だと思っていたし、落ち着いてやればよかったと思う」と今野は振り返った。

一方のTDKはじわりじわりとゴール前に迫るF東京の攻撃に冷静に対応し、ゴール前で怒涛の攻撃をしかけられても、全員でゴールを死守。『もう一歩』というところに足が伸び、体が入り、気迫のこもったプレーを見せた。ゴール前でのF東京のラストパスはすべてTDKの選手に奪われ、最終ラインで跳ね返される。しかし、そのTDKにアクシデントが。左サイドで攻撃をしかけF東京を脅かせた存在だった池田が腰を痛めて、36分に交代を余儀なくされた。痛めてしばらくはプレーを続けたことに驚くほど、歩くのもやっとの状態でロッカールームへと引き上げた池田。勝ちたいという気持ちの強さを感じさせる瞬間だった。

より一層TDKの応援が響き渡るが、そのまま前半を0-0で終了。F東京サポーターからはブーイング、TDKサポーターからは拍手とコールが沸き、こちらも対照的。

後半に入り、心機一転、立ち上がりからF東京がリズムを戻し始め、ルーカスのシュートをはじめ、攻撃をしかける。後半7分、原監督が金沢に代えて栗澤を投入した矢先、鈴木の右CKを中央の茂庭が折り返し、平山のヘディングシュートが決まり、1−0。先制ゴールが決まり、一気にF東京サポーターの応援の声が響く。「さぁ、いくぞ!」というムードが漂った。しかし、その直後の8分にTDKが反撃。一番警戒した松田にゴールを決められ1−1。TDKの選手たちは、全員いっせいにゴール裏にむかって走り、応援してくれるサポーターとともにそのゴールを喜んだ。

攻撃を積極的にしかけるF東京に対し、TDKは堅い守備をみせ、じりじりと時間が経つ。

後半30分あたりから、F東京のゴール裏がいつもの応援のボリュームになり、「いくぞ!」というムードに包まれる。すると、後半37分、栗澤のFKから今野がヘディングシュート。「相手のマークが変わり、混乱していたので、いけると思った」と、冷静にゴール。これが決勝点となり2−1でF東京が勝利をおさめた。

試合を終えてみると、この試合でのF東京のシュートは26本、TDKの放ったシュートは9本。試合後、TDKの選手たちは「セットプレーからの2失点だったことが悔やまれる」と悔しさをあらわにした。その戦いぶりに、TDKサポーターの応援は最後までやまず、終了間際には「最後までがんばれー」というコールが味スタに響いた。
試合終了直後、座りこんだTDK松田のもとに、元チームメイトのF東京の選手が次々に声をかけに近寄る。そして、F東京サポーターからも松田コールが送られた。「まさかと思ったので」と、何度目かに気がつき、F東京ゴール裏に向かって大きく手を振った松田。「ありがたかった」と笑顔を見せた。

2−1で競り勝ち、5回戦へと駒を進めたF東京。「最後の最後まで戦いたい。個人としてもチームとしても悔しさの残るシーズンなので、残りのリーグ戦も含めて、いい形で上昇していきたい」という石川の言葉に、天皇杯での躍進を期待したい。

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/18(金) 15:00 スペシャルムービー~プロになるという夢を抱えた選手たちの想い~【Jリーグインターナショナルユースカップ】