今日の試合速報

J’s GOALニュース

一覧へ

【スルガ銀行チャンピオンシップ 2010 TOKYO F東京 vs リガ・デ・キト】エドガルド・バウサ監督(リガ・デ・キト)記者会見コメント(10.08.04)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月4日(水) スルガ銀行チャンピオンシップ 2010 TOKYO
F東京 2 - 2(PK 4 - 3)リガ・デ・キト (19:01/国立/19,423人)
得点者:29' エルナン・バルコス(リガ・デ・キト)、34' 平山相太(F東京)、63' パトリシオ・ウルティア(リガ・デ・キト)、90'+1 大黒将志(F東京)
■J'sGOALでは試合後のコメント・レポートなどをお届けする予定です。
----------

●エドガルド・バウサ監督(リガ・デ・キト):
「こんばんは。試合の総括としては互角の試合だったと思っています。最初の10-15分流れに慣れるのに、大変だったが、その後は動きがスムーズになって互角に戦えたと思います。両方のチームともとても良い動きをしていたと思います。ただ、こちらのチャンスを活かしきれなかった。後半、選手が疲れてきたので、いくつかの交代で流れを変えたかったが、その交代が遅きに失した感があります。それで後半ロスタイムで引き分けに持ち込まれて、その後のPK戦で負けてしまった。しかし試合としては互角に戦えたのではないかと思っています」

Q:ゴールから逆算した攻撃の仕方・技術でリガ・デ・キトとFC東京は違うと思いましたでしょうか?
「技術的にはそんなに大きな違いはないと思います。非常にボールの流れも良かったですし、双方ボールポゼッションもできていた。なかなかボールを長く持てなかったというのが私たちのチームのいけなかったところだと思います。最近のいくつかの試合より良くボールをつなげることができなかった。つなごうと思ってもすぐに切られてしまう場面がいくつもありました。それは、私たちが良い試合をできなかったということになる。しかしそれは負けたことの言い訳にはならないと思います。ただ技術的には両方とも互角だと思います」

Q:対戦相手の優れてると思った選手とその理由は?
「まず前半は3番の森重真人がいい動きをしたと思います。ディフェンスをしながら攻撃にも参加するという二重の役割をよくこなしていたと思います。また13番の平山相太選手。彼の身長の高さに手こてずりました。やはり彼がいるとなかなか自分達のコントロールが効かなくなり、彼には悩まされました。その他にもリカルジーニョ、引き分けになる直前に入った(重松健太郎)選手も良かったと思います」

Q:大黒の同点ゴールのシーンで見事にDFの裏を突かれてしまったことについては?
「13番の平山相太選手をはじめとする一連のシュートがありまして、その中で落ちたボールを大黒選手が決めたもので、それをゴールにつなげた彼の経験というものがあると思います。ただ一連のシュートの後でのチャンスを作らせるようなボールを生んでしまったのはこちらのミスでそのミスを上手くつかれた。いずれにしてもサッカーというのはこういうような場面があるものだなと思います」

Q:サッカー強豪国になるためのアドバイスをお願いします。
「日本のサッカーはこの10年大きく成長してきたと思います。それはここ数回のワールドカップを見ることができると思います。ただその結果だけをみるとそれは間違ったとりかたをしてしまうかもしれません。大切なのは日本のサッカーが本当に大きく進歩してきたことに着目することだと思います。それは日本サッカー協会、外国の方を含めた監督たちや選手たちの努力もあると思います。これからはもっと多くの外国人選手、それも有名な外国人選手を呼んでレベルアップを図ることが良いことだと思います。また世界と互角に戦っていくためには様々な試合を経験していかなくてはならないですし、その試合を通して進歩していくと思います。よりよい試合、より厳しい試合、よりよい監督・選手、この3つが揃って強くなっていくと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/07/20(土) 23:16 Inside J.League:上位対決となった多摩川クラシコの舞台裏!明治安田生命J1リーグ第19節 FC東京 0-3 川崎フロンターレ 2019年7月13日