レポート【東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ】試合前日各選手コメント(Jリーグ TEAM AS ONE):Jリーグ.jp">

今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

プレスリリース

一覧へ

2013/06/15 11:00

レポート【東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ】試合前日各選手コメント(Jリーグ TEAM AS ONE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前日練習後の「Jリーグ TEAM AS ONE」各選手のコメントは以下の通りです。

●柳沢 敦選手(仙台):
「こういうメンバーでやれることはなかなかないので自分たちも楽しみにしているし、みんなの想いが被災地の方々に届けばと思います。選手同士でも今どういった活動をしているかとか、もっとこうできるんじゃないかという話はしましたけど、できる限りの事は選手としてやっていきたいという思いはあります。
監督からは『真剣にやろう』という話がありました。個人としてはもう全力でやるだけですね。そういった動きとかゴールはお客さんを喜ばせることができると思うし、それで少しでも皆さんを笑顔にできればと思います」

●菅井 直樹選手(仙台):
「いろんな意味で期待してくださっている方々がたくさん見てくれると思うので、その中で勇気とパワーを伝えられたら、そういうプレーができたらいいなと思います。
(前日練習の感想は?)みんな上手いので、すぐフィーリングで崩せたりというような場面もあったので、明日はもっと良いプレーを見せられるようにがんばります」

●小笠原 満男選手(鹿島):
「まず、こういう試合を再びJリーグとして行なえるということが素晴らしいと思います。またその一員としてプレーできるということがうれしいです。
(先ほどたくさんの方が募金活動に参加されていました。この試合でまた支援の輪が広がるといいと思いますが)震災から2年ちょっと経って、どうしても報道が減っていく中で、こうやってJリーグとして震災を忘れないという意味でスペシャルマッチをやって、募金活動をしてと、こういう活動が被災された方やそれを支えていく方に、僕らの想いが届いて欲しいなと思います。
(ご自身も「東北人魂」の活動をされていますが、今回の試合で改めて想いを強くされたでしょうか)やはり多くの方に注目される中で、メッセージを込められるのがサッカーのチカラです。こういう試合が被災された方に届くと良いなと思います。現状、復興は目に見えては進んでいないです。まだまだ大変な想いをされている方も多いですし、復興を加速させるという意味でも何かの力になれたら良いと思います。
(今回、東京で開催される上で伝えたいことはありますか)僕らのホームタウンの鹿嶋でもまだまだ道路を直しているところがあります。東北地方でいえばまだまだ多くの方々が仮設住宅で暮らされています。漁業や農業、畜産といったところで風評被害に苦しんでいる方もいます。いろんな面で大変な想いをされている方々が、少しでも早く日常に戻れるよう、少しでも力になれたらうれしいなと思っています。
(来場されるみなさんへメッセージをお願いします)僕らはみなさんにサッカーって面白いんだな、また見に行きたいな、と思ってもらえるような試合をしたいと思っています。スタジアムやテレビでご覧になるみなさんに、僕らの想いが届くことを願いながら、明日はプレーしたいと思います」

●中田 浩二選手(鹿島):
「初めて会う人、久しぶりに会う人いっぱいいましたけど、いい雰囲気の中でできたと思います。予想以上にキツイ練習でしたけど(笑)。監督からは『やるからには真剣にやって勝とう』と言われました。手倉森監督も去年も言っていましたけど、僕らがそういう気持ちを持って戦わなくてはいけないと。そういう意味で去年いい試合をして勝てたので、今年もそうなるようにできればいいかなと思います。とにかくプレーで見ている方に勇気を与えられればと思っていますし、実際そうなるように頑張ります」

●岩政 大樹選手(鹿島):
「光栄にも僕は3年連続で出させてもらいます。僕たちはそれぞれが持っている持ち味があってこの場所に呼ばれているわけですから、その持ち味を発揮して一生懸命プレーしたいです。それによっていろんな方々の何かの想いに繋がればいいなと思います。1日だけの練習ではできないこともたくさんありますし、特にディフェンス面では連係も取りづらいですから、大きな問題点は修正しながら、DFとしては締まった試合をしたいと思っています。サポーターの方がそれを喜ぶかは分かりませんが、それで何かを感じてくださる方もいるかも知れませんし、自分の仕事に集中したいと思います」

●柴崎 岳選手(鹿島):
「いろんな想いが詰まった試合になります。チームとしてはやるからには勝ちたいし、僕ら茨城・仙台の中心になっている選手がいるので被災地に向けてのメッセージにもなると思います。募金活動などもあるので、そちらもしっかりとやれれば良いかなと思います。
(前日練習の感想は?)上手いですね、みんな。選ばれている選手たちですし海外組の選手もいますので、短い時間でしたけれど感覚は掴めたんじゃないと思います」

●加賀 健一選手(F東京):
「出場している時間ではしっかりプレーして、そして試合に勝って、東北のみんなに喜んでもらえるようがんばりたいです。
(前日練習の感想は?)今日はケガしないようにということでみんな抑えながらやっていたと思うんですが、集まってプレーする機会はそんなにないですし、短い時間ですが一緒に練習できて良かったです」

●高萩 洋次郎選手(広島):
「なかなか一緒にできる機会のない人たちばかりだし、今日もすごく楽しく練習もできましたし明日も楽しみです。震災からの2年半は早かったです。こういった試合も沢山こなしてきましたけど、最初はそんなサッカーができるような気持ちになれなかった中で、ここまで来れたことは進歩していると思いますけど、また更にここからよくなるように僕らが手助けしていければと思います」

●松井 大輔選手(スラヴィア ソフィア/ブルガリア):
「(久々のJリーグの選手たちとのプレーになりますが、前日練習をしてみての感想は?)前日練習ということで軽くやるのかなと思いつつも、しっかりと汗を流せたので僕としては良かったです。Jリーグでプレーしている選手はシーズン中なので、すごくやってるな、という感じでした。
(ピリッとした緊張感のある練習に見えましたが)勝ちたいという気持ちが強く出ていたんだと思います。
(TEAM AS ONEとしての出場となりますが)サッカー選手としてピッチに立つからにはそれなりのプレーを求められると思います。しっかり、楽しく、やりたいと思います。
(来場されるみなさんへメッセージをお願いします)久しぶりに日本でやれるので、おもしろいプレーができたらなと思います」

●大津 祐樹選手(VVVフェンロ/オランダ):
「試合で良いプレーをして、みんなに元気を与えられるようにがんばりたいと思っています。僕自身はオフで体はそんなにバシバシとは作ってはいなかったので、そういう意味で今日の練習はハードでした。でも楽しかったです」

東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ コーナーはこちら >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ