今日の試合速報

明治安田生命J1リーグ 第9節 4/28 神戸ve川崎F_left
明治安田生命J1リーグ 第9節 4/28 神戸ve川崎F_right

ホームタウン活動

一覧へ
oita

2007/11/11

九州石油サッカー教室 IN 杵築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【開催日】2007年11月11日(日)午前10~12時
【開催場所】住吉浜リゾートパーク  多目的グラウンド
【参加人数】幼稚園児(4,5,6才)~小学6年生の親子  55組/スクール生親子 35組     一般参加者 20組/コーチ 下小牧 正登、川端 正倫、黒田 達也、小笠原 祐太
【主催】主催:株式会社 大分フットボールクラブ/共催:九州石油株式会社

《 育成センター紹介 》
 Jリーグ・アカデミーはJクラブすべてに設置される育成センターが活動の拠点となり、プログラムに沿った一貫指導を行います。スポーツを通して身体を動かすことの楽しさを幼児期(プレゴールデンエイジ5歳)から経験させ、併せて集団でのルールの大切さを教えていくカリキュラムを整えています。その一貫として、育成センターでの幼児受け入れや、各地域の保育園・幼稚園へのスポーツ巡回教室などを実施しています。
 大分トリニータでは、幼稚園・小学校の巡回指導をはじめサマーキャンプや自然体験等のイベント活動も積極的に行っており、今回は幼稚園児~小学6年生までの親子2名1組で参加していただき、身体を動かすことの楽しさ・喜びを体験して親子の絆を深めてもらうことを目的としています。

《 活動の趣旨 》
「九州石油サッカー教室IN杵築」の活動の趣旨は下記の通りです。
[1]大分トリニータでは、九州石油株式会社様と協力し、地域の子どもたちへスポーツの場を提供することによりサッカーの楽しさと体験してもらう事を目的とした小学校、幼稚園児を対象としたサッカー教室スクールを開催することとなりました。
[2]両親が共働きの家族などで土日の休日に親子で身体を動かして遊ぶことが減少しているため、この機会に一緒にボールを使い運動していく中で親子の絆を深めてもらいたいと考えました。
[3]野球の人気が根強いこの杵築市では、小学校の校長先生などと話をしても「この地域は野球している人が多く人気があるからね」と言われることも多く、親子で実際にサッカーをしてもらい興味を持ってもらうことを目的としました。
[4]サッカー人口の増加、今年度から始まった大分トリニータサッカースクール杵築校の宣伝、スクール生増加。
[5]スクール生対象のイベントは大分市内であることが多く、参加することが難しいため杵築市でイベントを開催することによってスクール環境の向上を目的としました。

《 当日の様子 》
 秋晴れの中、約1時間半ウォーミングアップの鬼ごっこや、ボールを使った練習、親子対親子、子ども対親などの試合でからだを動かしました。幼稚園児、1,2年生、3,4,5,6年生の3つのカテゴリーに分けて最初は手つなぎ鬼、ボールレスリング、引越し鬼などをしてウォーミングアップをしましたが、子どもには負けられないと保護者の方々は必死になって頑張っていました。
 また、練習でも親子2名1組になり、止める、蹴るという練習を中心に行いました。普段体を動かすことの少ない保護者の方は体が重く感じると辛そうな顔をしながらも楽しそうに練習に励んでいました。 
 その後は、試合を中心に楽しみスライディングやファインセーブも飛び出し見所満載の試合が繰り広げられました。子ども対親の試合の時には、子どもも絶対負けられないと真剣な表情でプレーしていました。結果的には3~6年生でも保護者チームには勝てず、まだ勝てないと落ち込んでいる子もいました。このように親子一緒にサッカーなどのスポーツで体を動かすことによって、楽しさ・喜びを体験していただけてよい機会になったと思います。

《 主催者のコメント 》
 今回杵築市で大分トリニータの開催するイベントは初めてということで、サッカーに興味を持っている子ども、親がどれくらいいるのか不安でしたが、直接小学校・幼稚園に行き約1500枚のビラを配ることができ、55組の親子に集まっていただけました。サッカー教室中は体が言うことを利かずに辛そうな顔をしている親もいましたが、最後まで笑い声が飛び交っており、楽しそうだったので開催してよかったと思います。また、サッカー教室が終わった後も親子2人でボールを蹴って練習をしている姿がとても印象的でした。このように親子で一緒に運動をするきっかけになればいいと思いました。今回親子サッカーを担当するのは2回目で、前回悪かった点も改善することが出来よりよいものになったと思います。
(大分トリニータ ホームタウン普及部 コーチ  下小牧 正登)

《 参加者のコメント 》
親子サッカーお疲れ様でした。久しぶりのサッカーで体が思うように動かず、日頃の運動不足を痛感しましたが、子供達や保護者と、とても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。ありがとうございました。また、親子サッカーがあったら参加したいと思います。
(大分トリニータスクール生 父親 萱島 様)
親子サッカーお疲れ様でした。楽しかったです。久しぶりに体を動かせて、子どもと一緒にサッカーができ、成長をみることができたので良かったです。体がつづけばまたでたいと思います。幼稚園クラスにもたくさんの人が参加していたので、一緒にサッカーする子が増えるといいなと思いました。
(大分トリニータスクール生 父親 児玉 様)
親子サッカーお疲れ様でした。子供達の体力についていくのに必死でした。でも、とても楽しい時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。またの機会を楽しみにしています。
(大分トリニータスクール生 母親 吉松 様)

《 関係者のコメント 》
キッズクラスを担当しましたが、思いのほか幼稚園生とお父さんたちが対等に出来ていてビックリしました。お父さん方は運動不足のようでイメージは出来ていても体がついていかない・・・。といった場面が多々あり見ている人たちの笑いを誘っていました。
(大分トリニータ ホームタウン普及部 コーチ 川端 正倫)

《 その他 》
[改善点]
今回、親子サッカー教室のお知らせの手紙を公立・私立幼稚園と小学校に配らせていただきましたが、杵築市の中心の幼稚園6園、小学校5校とクラブチームで合計1500枚しか配ることができず杵築市全体に告知することができませんでした。今回の準備期間は約1ヵ月でしたが、次回はより時間をかけて杵築市全体に告知をしていくことでより多くの方に参加していただけるようにしたいと思いました。また、野球が根強い杵築市ですが、親子一緒にサッカーをして楽しさを理解していただき興味を持っていただきサッカー人口の増加を目指したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第9節
2019年4月27日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ