今日の試合速報

明治安田生命ワールドチェレンジ2019 ナツスタほーだいシート左
明治安田生命ワールドチェレンジ2019 ナツスタほーだいシート右

ホームタウン活動

一覧へ
oita

2016/02/23

福森直也選手と清本拓己選手が富士見が丘幼稚園の園児と交流しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月23日(火)「大分市 プロスポーツふれあい促進事業」の一環として、福森直也選手、清本拓己選手が富士見が丘幼稚園を訪問し、年中園児62名と交流しました。
幼稚園に到着するとニータンの塗り絵の飾りつけとトリニータのBGMを流してくださり、園児たちは歓迎ムードで選手をお出迎えしてくれました。当日はあいにくの雨模様のため、園内ホールでキク組とバラ組に分けてサッカー授業を行いました。

両選手は「フック選手、キヨ選手と呼んでね」と自己紹介をした後、キク組からサッカー授業がスタート。まずはじめに園児一人ずつボールを持ち、ボールフィーリングを行いました。ボールを使ってストレッチをし、体を慣らしていきます。選手の掛け声で大きな声を出し、体を動かしている姿に先生たちも自然と笑顔になっていました。

富士見が丘幼稚園1

 

 

 

 

 

ボールフィーリングの後は選手・コーチチーム対園児チームの試合を行いました。

富士見が丘幼稚園3

 

 

 

 

 

試合が終わると次はバラ組のサッカー授業がスタート。

バラ組の園児たちは横でキク組の授業を見ていたため「こうするんでしょ?できるよ!」と得意げに披露し選手とのサッカー授業を終始楽しんでいました。

富士見が丘幼稚園2

 

 

 

 

 

サッカー授業の後は、質問コーナーを行い、園児から選手への質問が飛び交いました。「どうしたらサッカーがうまくなりますか?」という質問には福森選手が「みんなみたいに小さいときからいっぱいボールに触って練習すればサッカーがうまくなります」と答えていました。

その他には「フック選手とキヨ選手は何歳ですか?」という質問も。選手は「何歳に見える?」と質問返しをして園児とのコミュニケーションを楽しんでいました。

富士見が丘幼稚園4

 

 

 

 

 

質問コーナーが終わると、終わりの会で園児たちから選手・コーチ・スタッフにプレゼントが渡され「今日は選手と一緒にサッカーができてとても楽しかったです、また来てね」と多くの園児が話しており、終始笑顔のまま富士見が丘幼稚園の交流が終わりました。

富士見が丘幼稚園5

 

 

 

 

 

 

富士見が丘幼稚園の皆さま、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第20節
2019年7月20日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ