今日の試合速報

国立競技場に10,000名様無料ご招待 清水vs横浜FM 清水エスパルス30周年記念マッチ 明治安田生命J1リーグ 第19節 7.2[土] 19:00 Kickoff
国立競技場に10,000名様無料ご招待 清水vs横浜FM 清水エスパルス30周年記念マッチ 明治安田生命J1リーグ 第19節 7.2[土] 19:00 Kickoff

人材育成

一覧へ
hiroshima

2019/09/18

「メディア・トレーニング」実施(サンフレッチェ広島・ユース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日(火)、サンフレッチェ広島・ユース選手を対象に「メディア・トレーニング」を実施いたしました。

講師は、メディアトレーナー・片上千恵さん。多くのJクラブでメディア・トレーニングやコミュニケーション研修の講師をしていただいており、サンフレチェ広島では、ユース選手対象に今年2回目の コミュニケーション研修です。

まずは前回の復習から始まり、挨拶のマナー、対話の仕方、話すときの視線、立ち方、声の大きさなどを学びました。

次に、今回のテーマである「プレゼンテーション」について学びました。 実際にスピーチする際に重要なノンバーバルコミュニケーション(姿勢、目線、声のトーンや大きさ、ジェスチャー)を学んだ後、「パブリック・スピーチ」の実践として、スピーチの型にそって話を組み立て、「サッカーから学んだこと」というテーマでユース選手が1分間スピーチを行いました。その様子をビデオ撮影し、全員で確認・振り返りを行いました。「滑舌がいいね。堂々していて、ニコニコと爽やかなスピーチ」や「ジェスチャーは上げて止めよう」などの振り返り・アドバイスを片上先生から受けました。

また、自分の振る舞いを映像で確認することによって目線や声のトーンなども重要であると研修の冒頭で学んだことを実感することができました。

参加した選手からは、「物事を論理的に考えることはサッカーにもつながると思います。常日頃からサッカー以外でも色々なことを考えて行動していきたいです」「人に何かを伝えたいときに言葉を発するだけでは伝わらないということがわかった。内容や表現の仕方、態度、姿勢などが全て揃った時に伝えられるのだと思った」「物事を伝える時に、自分の経験談、具体的な数字や固有名詞を入れることで、もっと聞き手の気持ちをつかまえることが出来ると感じた」「大事なことや強調することを言う前には間をあけることが大切だとわかった。また、ジェスチャーをつけることで抑揚が出て、より相手に伝わりやすくなることがわかった」などの感想が寄せられました。

① ②

写真提供/サンフレッチェ広島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第16節
2022年5月29日(日)13:05 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新ニュース

一覧へ