今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ 左
Jリーグ公式アプリ 右

J’s GOALニュース

一覧へ

【第94回天皇杯 2回戦 浦和 vs 浦安】齋藤芳行監督(浦安)記者会見コメント(14.07.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●齋藤芳行監督(浦安):

「もちろん、点数の差が示す通り大きな敗戦です。一人一人の決定力、シュートの前までの余裕というものが我々とは大きく違うというのが実感です。これが個人の差であり、チームとしての差です。やはり浦和はJ1で首位を走っている日本一強いチームだと言えると思いました。
我々はそれなりの手数を繰り出し、それなりの攻めの形を披露することができましたが、やはり最後のところでのシュート力、決定力の差というのは非常に大きかったと思います。1対3で折り返して、後半に素晴らしいシュートを2本決められて1対5となってしまいました。最後まであきらめないというのが我々のコンセプトですので、4-3-3にして前からプレッシャーをかけて人数を増やして攻めたところ、カウンターを食らってしまい、大きな敗戦となってしまいました。
ただ、こういう素晴らしい相手に対して、こじんまりとしたスコアでの敗戦で終わるつもりはなかったので。まだシーズンの半ばで、後期リーグも来週から始まりますし、思いきり最後まで我々の力を出したいと思いました。それがこの結果につながってしまったのは監督の責任だと思っています」

Q:今日、浦和相手に通用したと思う部分は?
「彼らの試合を3試合ほど分析しましたが、中盤のボランチ、うちの村田翔と矢部雅明のところではボールを持てるなと思いました。前半の同点ゴールの場面では、真ん中でボールを持ってからサイドに展開してクロスを入れ、それに逆サイドで詰めて1点を入れることができました。真ん中でボールを持てるとは思っていたので、そこに相手のディフェンスを集めてサイドに展開するのが狙いでした。一方、ディフェンスはうちの強みなのですが、レッズさんはボールを持ってからポジションに散らばっていくのが速く、前からプレッシャーをかけて捕まえることができなかった。それでずるずると下がってしまい体力を消耗したため、後半の大量失点につながってしまったと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
12月12日(火)19:15 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2017/12/05(火) 10:40 仙頭 啓矢選手(京都)出演「Jの言葉」【朝日放送Jフットニスタ:12/4放送分】