今日の試合速報

Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」から応募するだけ!1等250万円分dpointプレゼント
Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」から応募するだけ!1等250万円分dpointプレゼント

ニュース

一覧へ

2018年2月9日(金) 16:55

杉本(C大阪)「多くの人が期待してくれているので、内容がどうこうではなく、しっかり勝ちたい」【前日コメント:FUJI XEROX SUPER CUP 2018】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
杉本(C大阪)「多くの人が期待してくれているので、内容がどうこうではなく、しっかり勝ちたい」【前日コメント:FUJI XEROX SUPER CUP 2018】
FUJI XEROX SUPER CUP 2018を翌日に控え、試合への意気込みを語りました

FUJI XEROX SUPER CUP 2018を翌日に控え、試合会場の埼玉スタジアム2002で、前日公式練習が行われました。

セレッソ大阪からは尹 晶煥監督と杉本 健勇選手と山口 蛍選手が試合への意気込みを語っています。

以下、監督・選手コメントです。

■尹 晶煥監督
――明日いよいよFUJI XEROX SUPER CUP 2018、今シーズン初の公式戦となりますが、今の心境を教えてください
最初の試合なので慎重にいかなければいけないと思っています。色んな選手を起用しながら今年1年のプランを立てていく、そんな試合にできればと思っています。

――今年のオフは短かったと思いますが、どんなチーム作りをしてきましたか?
短いオフ期間だったですが、昨年しっかりと土台を作ってきたので、それをしっかりと取り戻すということを重点的にやってきました。

――昨シーズンの改善点として、ポゼッションをもっと高めていきたいと仰っていたが、ポゼッションを高めるためにどういう意識・動きが必要になってくると思いますか?
サッカーの質を高めるためにはコミュニケーションが重要になってくると考えています。

――今シーズンも多くの新加入選手が入りました。特にヤン ドンヒョン選手や高木 俊幸選手は攻撃陣の中でどんな期待をされていますか?
短い期間でなじむ時間は少なかったのですが、それでもこのままなじんでくれればしっかりとした戦力になると思います。

――明日の相手は昨年のルヴァンカップで勝った川崎フロンターレ。改めて川崎Fの印象をお聞かせください
簡単な相手ではないと思います。ただ、昨年いい形で終えることができていますので、そういった部分を繋げていければと思いますし、選手も本当に意欲的に取り組んでくれているので、そこを試合で出せれば良いのではないかと思います。

――川崎Fには得点王になった小林選手だけでなく、大久保選手も復帰し攻撃陣の厚みが増したと思います。相手攻撃陣にはどういう対応をしようと考えていますか?
我々は11人でしっかり守備をするチームなので、11人がしっかりと仕事をすることができれば、良い流れで試合ができるのではないかと思います。

――今シーズンはACLもありますし、タフなシーズンになるかと思います。その最初の試合となるFUJI XEROX SUPER CUP 2018への意気込みをお聞かせください
FUJI XEROX SUPER CUPをいい形で終え、控えているACL・リーグ戦でも結果を残せるようにしたいと思います。


■杉本 健勇選手
――明日いよいよFUJI XEROX SUPER CUP、今シーズン初の公式戦となりますが、今の心境を教えてください
今シーズン初の公式戦なので、しっかり勝ちたいです。

――今年のオフは短く、かつ自身は手術もあったと思いますが、どういった意識で体づくりをしてきましたか?
今年はACLもあってとてもハードになると思いますが、選手として試合が多いというのは幸せなことです。自分自身は手術をして、その後は休めたので年明け以降はずっと体を動かしてきました。明日の試合を見据えてトレーニングをしていたので間に合って良かったです。

――尹監督2年目となりますが、今シーズンはどういったテーマでチーム作りをしてきましたか?
まず、全ての面において昨年を上回らないといけないですし、昨シーズン以上の力を出さないと結果は出ないと思います。それはチームがひとつになることであったり、チーム全員で戦うことだと思います。昨シーズン以上に日程がハードでチーム力が問われると思いますので、試合に出場した選手全員がモチベーション高くやることが今シーズンは大事になってくるのではないかと思います。

――杉本選手は昨シーズン22得点を挙げました。得点については今シーズンはどんな想いがありますか?
昨シーズン以上の得点を取りたいです。

――明日の相手は昨年のルヴァンカップで勝った川崎フロンターレ。改めて川崎Fの印象をお聞かせください
ルヴァンカップでは僕たちが勝ったので、リベンジという気持ちで試合に臨んでくると思います。僕たちもチャレンジャーの気持ちで試合に臨まないといけないですし、非常に手強い相手だと思うので、我慢するところは我慢してしっかりと勝利を掴み取りたいと思います。

――相手には昨シーズン得点王の小林選手がいますが、意識するところはありますか?
いえ、特に意識はしていません。ただ、前線の選手が多く得点を取ったチームが勝つと思いますので、(前線の選手は)僕だけではないですが、しっかりと得点を取りたいと思います。

――今シーズンACL・リーグ戦とタフなシーズンになるかと思います。その今シーズンを占う明日のFUJI XEROX SUPER CUPをどんな試合にしたいか教えてください。 
今シーズン最初の公式戦ということで多くの人が見てくれると思いますし、そして多くの人が期待してくれているので、内容がどうこうではなく、しっかり勝ちたいと思います。

■山口 蛍選手
――明日いよいよFUJI XEROX SUPER CUP、今シーズン初の公式戦となりますが、今の心境を教えてください
良いスタートを切れるように、良い結果を狙っていきたいです。

――今年のオフは短かったと思いますが、どういった意識で体づくりをしてきましたか?
僕は怪我をしていたので、まずはしっかり休むことを優先して、徐々に体を作っていきました。

――尹監督2年目となりますが、今シーズンはどういったテーマでチーム作りをしてきましたか?
チーム作りは昨年と変わらないと思います。ただ、新しい選手が入ったので、その選手をオフザピッチ含めてどうやってなじませるかというのが大事だと思います。今のところ、皆うまくなじめていると思います。

――昨シーズンを振り返って、ポゼッションをもっと高めていきたいという課題があったと思うのですが、今シーズンポゼッションを高めるためにどういう意識・動きが必要になってくると思いますか?
意識は特に変える必要はないと思います。皆、ポゼッションを高めたいという意識はありますし、その中で昨シーズンはより守備が強調されていて、忠実に実行していたのでポゼッションのところがうまくいきませんでした。今シーズンは時間がたてばうまくできると思っています。

――明日の相手は昨年のルヴァンカップで勝った川崎フロンターレ。改めて川崎Fの印象をお聞かせください
補強含めて昨シーズンよりもレベルアップしていると思います。昨年のルヴァンカップでは僕たちは勝ちましたが、あまりすっきりした勝ち方ではありませんでした。向こうも次は勝ちたいという気持ちがあると思うので、僕たちもそれに負けない気持ちでやらないといけないです。ルヴァンカップ決勝よりは良い試合ができればと思います。

――相手は前線含めて良い補強をしてきましたが、改めて注意すべき選手を教えてください
川崎フロンターレの選手は全員うまいので、全員注意しなければいけないと思います。

――今シーズンACL・リーグ戦とタフなシーズンになるかと思います。その今シーズンを占う明日のFUJI XEROX SUPER CUPでどんな結果を残したいか教えてください。
ACLに繋げていくために勝って良いスタートになればと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

代表親善試合
2018年5月30日(水)19:25 Kick off

旬のキーワード