今日の試合速報

Jリーグオリジナルネックウォーマーを合計100名様にプレゼント!
Jリーグオリジナルネックウォーマーを合計100名様にプレゼント!

ニュース

一覧へ

2015年4月23日(木) 12:22

【プレビュー:明治安田J1 1st 第7節】先に失点したくない山形の守備、FC東京はその突破を狙う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【プレビュー:明治安田J1 1st 第7節】先に失点したくない山形の守備、FC東京はその突破を狙う。
FC東京U-15時代の同期であるFC東京の武藤(左)と山形の高木(右)

ホーム連戦となる山形はここまで1勝1分け4敗。第3節・川崎F戦の勝利で一時的に14位まで上げたものの、その後は再び降格圏内に戻り、再脱出の機会を伺っている状況だ。守備ではここまで6失点。1試合平均1点と安定しているが、最大の課題はここまで2点の得点力。シュート数が10本を下回ったのは、第2節・浦和戦のみ。前節・松本戦も0-0ながら10本のシュート数を記録し、さらにサイドからクロスを上げるシーンも多かったが、結果的に無得点に終わっている。

決定的な仕事ができるストライカーは不在だ。それだけに、チーム全員のオーガナイズで「得点力不足」の現状と向き合い、乗り越えなければならない。最大の問 題はクロスの精度。今シーズンは右ウィングバックに負傷者が相次いだこともあり、人が定着しない影響も大きい。ただし、FC東京U-15深川出身の高木利弥が左ウィングバックでの先発が濃厚。アグレッシブなプレーで現在急成長中のルーキーだ。日本代表に入り、さらに海外ビッグクラブからもオファーを受けるなど前を行く武藤嘉紀とはFC東京U-15時代の同期であり、負けられない気持ちは強い。

プレビューの続きはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第32節
2019年11月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード