今日の試合速報

ACL日程
ACL日程

ニュース

一覧へ

2015年12月5日(土) 22:40

【サマリー:明治安田CS 決勝 第2戦】広島が執念のドローで2年ぶりの年間王座を奪還

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【サマリー:明治安田CS 決勝 第2戦】広島が執念のドローで2年ぶりの年間王座を奪還
ここ4シーズンで3度目となる年間王者に輝いた広島。

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第2戦が5日に行われ、広島が1-1でG大阪と引き分けた。2戦合計4-3とした広島がG大阪を破って、年間王座に輝いた。

試合の均衡を破ったのは、第1戦で2-3とショッキングな逆転負けを喫し、年間優勝のためには2-0以上での勝利が必要となるG大阪。27分、右CKから今野 泰幸がチャンピオンシップ3試合連続となるゴールを決め、G大阪が幸先良く先制した。

追加点が必要なG大阪がさらに攻勢を強めるも、広島は粘り強く耐えてゴールを死守し、虎視眈々とチャンスをうかがう展開。

そんな中、広島に流れを引き寄せたのは、森保 一監督の交代策だった。57分に佐藤 寿人に代えて浅野 拓磨を、65分にミキッチに代えて柏 好文を送り出すと、この交代選手の2人が起用に応えた。

76分、右サイドでボールを受けた柏 好文が正確なクロスを入れると、中央の浅野 拓磨がヘディングシュート。この一撃がG大阪ゴールネットを揺らして同点に追い付いた。

試合はこのまま1-1で終了のホイッスルを迎え、広島が2年ぶりとなる年間王座に返り咲いた。

なお、この試合のMAN OF THE MATCHには広島の浅野 拓磨が、チャンピオンシップのMVPには青山 敏弘が選出された。

また、広島は10日19:45に横浜国際総合競技場にて開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015開幕戦で、開催国代表チームとしてオセアニア代表のオークランド・シティーFC(ニュージーランド)と対戦する。

明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ特集ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第19節
2021年6月23日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード